【黒歴史】オナニー用のコンドーム買うところを姉に見られてた結果・・・・・・・・・

閲覧数: 9,637 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

姉とエッチな事しちゃった想い出の話。
自分はその時中一で姉は中三ぐらいの頃。

中学生になると下ネタな話題とかを男友達で話してるだけでもズボンの中ビンビンになって一人になれば一気に弄りまくって自室で抜きまくってた。

その当時学習塾に通ってたんだけど、帰る時に小さい薬局の傍にある自販機・・・
まぁコンドームなんだけど、エッチする時にこれ着けるとか着けたら気持ち良いとか聞いてたから授業の内容なんて頭に入らず終ったら外は暗くなってるから知ってるヤツにバレない様にさりげなく辺りを見回して遂にコンドームの自販機にお金押し込んで購入。

相手居ないけど性への興味が凄まじかったのでそういう寂しさは気になら無かった。
そんでもって初夏の蒸し暑い時期に冷や汗かいて帰宅。

ご飯食べて風呂入ったら着ける練習して、ゴムがあるからティッシュ気にせずにオナニーやりまくれる・・・そこから風呂上がった時に隣の部屋の姉ちゃんが何か言いたそうに待っていた。

それどころじゃないけど後ろめたい事ばっかりだから音立てない様にやらないとなって通り過ぎようとしたけど「塾帰る時にさぁ、コンドーム買ってたよね?」
誤算だった。

姉も同じ塾通ってて帰る時間帯も一緒だったのが災いしてて一番知られたらマズい相手にバレてしまって一気にテンぱる。

「え?あの・・・もうそういう相手居るの?」
仕方ないから興味本位で付けてみたくて・・・ってのをカミングアウトすると
「うわぁ・・・他のお友達に観られてたらまずかったねー。」
と笑われちゃったけど、何となく安心出来た。

「付けてみてどうするの?」って聞かれたから素直にそこからチンポ弄って違う感触を味わいたいって言う変態願望を白状すると
「誰にも言わないからさぁ・・・勃ってるの見せてよ」
と姉の部屋に引っ張られて行って辱めを受ける事に・・・

「って、オカズ無いのにこんなに勃起してるんだ・・・」
自分がスケベなのがバレたら何故か開き直れていて姉のオッパイとか薄いTシャツ一枚でノーブラ状態なのが妙にエロく感じちゃってて中身を拝まなくても雰囲気だけで勃起しちゃってた。

「姉ちゃんでも良いの?こういう事・・・」
買ったコンドームをチンポにクルクルと装着されると期待通りの感触で気持ち良い。
それで射精する程では無いんだけどオッパイ大きめの姉ちゃんも服脱ぎだしてエッチごっこと称して触り合ってみた。

「最後まではしないからね?」と釘を差されて姉ちゃんは自分の股を手で擦りながらゴム着けたオレのチンポをぎこちなく舐めて来る。

「剥けてるんだね・・・痛く無い?」
チュポ、チュポって薄皮一枚でフェラされると多分ナマで舐められたら痛いかもって感じつつ先っぽ舐められたり手コキされたりした。

うっすら汗の滲んだ姉ちゃんと抱き合ってそのまんま入れちゃいたいって思ったけど最後は姉ちゃんが自分で弄ってた女性器に擦りつけて(素股って言うのかな?)グイグイ動かしてく内にドバって一気にチンポの風船が先端を膨らませてた。

後から聞いたら姉ちゃんも男の子のそれに興味あったけど相手が居ないとかで俺と同じく悶々としてたらしくてそれからしばらくの間は入れるの無しで気持ち良い事をしまくった

成人してからはそう言う事しなくなって姉は結婚したけどあの時の複雑な気持ちで自分は未だに興奮してしまう。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
話題にも上らんのかな?


コメントを書く