【浮気】自転車のパンク修理に来た美人だけど隙だらけな若妻と・・・・・・・・

閲覧数: 5,460 PV

※このエロ話は約 9 分で読めます。

私の家業は自転車屋です。
この前、美人な奥様がママチャリに乗ってきました。
「急に空気が抜けちゃってぇ~」と甘えたような声を出して。
パンクというより、フレンチバルブの辺りかな・・・と思った俺は何気なくサドルに手を置いてしゃがんで見てみた。

サドルがまだ暖かい。
(この美人のマンコが今の今までここに密着していたんだな・・・)
「ちょっと用事済まして来ていいですか?」
美人がそう言うので、「どうぞ、見ておきますから」と俺。
美人が店を出て行って即、サドルにそっと鼻を近づけた。

ふと顔をあげると美人がなぜか店に戻っていて、俺を見ていた。
やや気まずい空気が俺と美人の間を流れたが、どうも美人の様子がおかしい。
「あ、あのトイレ貸していただけないでしょうか・・・?」
そうか、トイレに行きたいのか。
俺はさっきのことが帳消しになるような気がした。

「ああ・・・どうぞ。こっちです」
店の奥、自宅に繋がる短い廊下を通って居間に上げて、トイレに案内した。
その間無言ではあったが、美人はかなり逼迫している様子だった。
こんな通りがかりの自転車屋で女性がトイレを借りるなんて、それだけでもエロ妄想できる事態だ。

美人がトイレのドアを閉めて中に入った後、俺は所在なさげにそのまま立っていた。
どこで待ってたらいいのか、ちょっと判断がつかないような・・・。
あんまり近くにいても美人は恥ずかしいだろうし、かと言って見知らぬ他人を家の中に入れたまま店の方に戻るのも不用心な気がした。


考えてみれば、トイレの中にいる美人には俺がどこにいるのか分かるはずもないので、俺はそのままトイレのドアのまん前に立っていた。
(美人が出てくる気配がしたら、少し離れよう・・・)
そして、中の音に耳をそば立てた。

トイレの水を流しながら用を足していたが、じゃーっとおしっこの音ははっきりと聞こえた。
長い長い音だった。
相当我慢していたのだろう。
中での水音はすっかり止んで、下着を穿くような衣擦れの音がしたので俺は素早くその場を離れ、居間の方に向かった。

しかし、美人は一向に出てくる気配はなく、何なんだ・・・?と心配になったが、きっとトイレに行ってスッキリしたら急に恥ずかしくなって出て来づらくなったのだろう・・・と思った。
少し経つと、ややゆっくりとした動作で美人が出てきた。
俺はさっきの事もあるし、なんて声を掛けていいかもわからず所在なさげにしていると・・・。

「あの・・・どうもすみませんでした。ありがとうございました・・・」
美人がはにかんだ様子で言った。
さっきバルブを見た時に自転車に貼られていた住所のシールで確認していたので、「ずいぶん遠くから来たんですね?」と言ってみた。
シールの住所A町はここから10km弱は離れていると思う。

「タイヤ見る時にシールの住所を見てたんですよ」
我ながらバレバレな言い訳だとは思ったが、ついそんな言葉が口から出てしまった。
サドルのマンコの匂いを嗅いでいたって絶対バレてるけど、何となく立場が優位に立ってると感じた俺は堂々と言ってみた。

「はい・・・◯◯(この辺りでは人気の店)に買い物に行く途中だったんです。トイレに行きたくなって、急いでたんですけど、自転車がパンクしちゃって、もう・・・どうしようかと・・・本当にスミマセン・・・」
よく見ると美人ではあるが、どこか緩そうな若妻だ。
何と言ったらいいか、ちょっとアホっぽいというか、男にとって扱いやすい部類の女だな・・・と直感した。

ママチャリに乗っていることだし、30歳前位の年格好の割にまだ学生っぽさが残っている。
世間ずれしてないタイプの若妻だ。
こういうタイプは得意だ。
俺は既婚者だが、今日女房は子供の習い事教室に行っていて、その後も仲間とランチ&お茶だそうで夕方まで帰らない。

夕べのカレーを温めて昼に食べてねと言われており、すぐそこのテーブルの上には真っ白い皿とスプーンだけが置かれている。
自営なんで女房と2歳の子供が傍らにいる毎日だ。
週1回のこの日だけは1人の時間だ。
加えて俺のような仕事では、女と知り合うのはおろか、見知らぬ女と近づくことも皆無と言っていい。

以前サラリーマン時代は満員電車ですぐ前後に女がいたのを当たり前に思って何も感じなかったが、今の生活から思えばもっと堪能しておくべきだったと本気で思う。
美人があまりにも恐縮している感じなので、ますます気が大きくなった俺は思い切って言ってみた。

「A町から自転車こいで来たなら疲れたでしょう。のど渇いてませんか?何か冷たいものでも・・・」
「あ・・・はい。すみません」
美人をダイニングの椅子に座らせようと思ったが、カレー皿とスプーンがあまりにも悲しくて、ソファーの方に、「どうぞ、ここに掛けてて下さい」と勧めた。

今思えば、ソファーに座らせたことが、成功のカギだった気がする。
冷たい飲み物を美人に渡して、俺もその隣りに座った。
ソファーは幅に余裕のある2人掛けではあるが、初対面の人と並んで座るにはややパーソナルスペースに問題がある感じだ。

飲み物を置くテーブルも無いので手に持ったままだ。
何か話でもしていないとかなりおかしな状況だったので・・・。
「◯◯(店の名前)には、よく来るの?いつも自転車で?」
「はい・・・子供の服なんか買いに。いつも自転車です」
俺はさっきのサドルの温もりを思い出した。
(10km近くもマンコを密着させてか・・・)

すると美人がこんなことを言ってきた。
「あの・・・さっき・・・私の自転車の住所を読んでたんですか?私、急に戻って来ちゃって、何してるんだろうって・・・ちょっと見てました」
俺は今まで立場が上だった気がしていたのに、急にまた落とされて変なドキドキになってきた。
美人がさっきの俺の行動を完全に見抜いてると知らされた途端、もう男としての行動に出て誤魔化すしか手は無いと思った。

俺は返す言葉も見つからず、やや紅潮した顔を美人の方に向け立ち上がった途端、飲み物のグラスが傾いてしまい(いや、傾けて)、飲み物が美人の膝辺りにこぼれてしまった(いや、わざとこぼした)。

「あらっ・・・!」
「ごめん・・・!」
タオルを持ってきて美人の前に跪く形になって腿の辺りを拭いた。
美人が自分で拭こうとしてタオルを手に取ろうとしたが、俺はタオルを離すことなく拭き続けた。
美人の反応を見ながら、恐る恐るパンツ(パンティーではないボトムの方)の上に直接手を置いてみた。

美人は黙っている。
グラスをぎゅっと両手で持ったまま、どうしたらよいのか分からない状況のようだ。
何か言ってないと間が持たないし、おかしい感じがして・・・。
「ズボン、濡らしちゃってごめん。脱いで乾かす?」
「えっ・・・脱ぐの?・・・でも」
美人が躊躇するのも無理はないよなぁ・・・。
初対面のこんな男とこんなシュチエーションで・・・。

そう思って顔を見ると、なんと美人は店の方を気にしている様子ではないか。
自転車店だからガラス張りで外の景色はよく見える状態だ。
外からはこの居間までは見えないが、店は営業中だし、いつ客が入ってくるかも分からないわけだ。
(脱ぐのは良いが、店が気になる・・・そうか・・・そうなのか?)

もう俺の気持ちは決まった。
こんなチャンスは滅多に無いし、相手にも隙がありまくり。
実はさっきから薄々感じていたが、美人が俺を見る目は明らかに好奇心いっぱい、別にいいわよ・・・風味なわけだ。
俺は店に行ってサッシのカギを掛けてブラインドを下ろした。

途端に店内が暗くなって居間に戻ると居間も薄暗くなっていた。
美人は足を投げ出すような感じでソファーに座っていた。
「じゃあ、乾かすから・・・いい?」
もーなんて言っていいかわかんねぇよ。
滑稽なのは百も承知でパンツボタンを外してファスナーを下ろし、一気にパンツを下げた。

「下着の方は濡れてない?」
濡れてないのは見れば分かるが、そんなことを聞いて美人の反応を確認する。
「えぇ・・・下着は・・・」
これは全然OKだと感じたので、下着も両手で一気に下げた。
自転車に長く跨っていたマンコの部分を確認。

濡れてはいないようだが薄っすら汚れている・・・ホントに密着してたんだな・・・という感じに。
俺はそれを見てもうギンギンになってしまった。
考えてみたらシャワーも風呂もなしに、こうしてエッチに突入なんて結婚してからは無いような気がする。

若い頃はそんなのばかりだったわけだが、脱ぎたての下着のクロッチの汚れとか濡れ具合を確認したり楽しんだりする余裕も無かったし、第一そんなものにはあまり興味も無かった。
自分の脱ぎたての下着を観察されているのを見た美人は、恥ずかしそうに、「いゃ・・・」と小さく漏らした。
下着を置いて今度は本物を観察する番だ。

美人の両足を大きく開くと顔を至近距離まで近づけてじっくりと見つめる。
指で花びらを広げてホールまで露出させる。
ピチャ・・・という音がして美人の奥まで全て開いた。
今度は指を少し上にずらしてクリの左右をぐっと押し広げる。
クリの中のピンク色の小さな玉のような部分も露出させて、そっと舌先で舐めてみた。

スイートスポットにもろに当たっているらしく、美人は声を漏らし始め、微かに腰を上下に動かし始めた。
しばらくクリを露出させてナメナメを続けて、美人の気持ちを固めてから「俺のズボンもお願い」と言ってみた。
美人はソファーに座ったまま、立っている(2つの意味で)俺のズボンを脱がせ、なんとトランクスまで下げた。

ソファーに座っている美人の顔のまん前に俺のギンギンがある。
俺は黙って美人の頭を俺の股間に近づけた。
特に躊躇することもなく、口を大きく開けたと思ったら喉の奥深くまで含んでくれた。
ちょっと八重歯なのか、当たる部分があったけど深く咥えてくれて、舌の付け根の辺りからも舐められて俺もいやらしい汁を出していたと思う。

自分だけ舐められているのが勿体無くて、美人をソファーに寝かせて俺も上から覆いかぶさり69の形になった。
再びクリを露出させて舌先で攻めると、アンアン言いながら腰を動かしてすごくいい感じ。
俺はここが自宅の居間ということも忘れて、69に没頭していた。
もう一度花びらを開いて中を覗き見る。

(ここに入れたい・・・!)
俺は美人の正面に向き直って、「ちょっと・・・ゴムを取ってくる」と言って二階の寝室に上がった。
いつも女房がゴムを仕舞っている引き出しを開けた。
一個くらいなら減っていても気付かないだろう・・・。
そう思って箱を取り出すと、なんとその箱は未開封でまだフィルムが張っている状態ではないか。
前回で、ちょうど使い終わった所だったのか・・・。
いくら何でも新品を開封してあったら女房も怪しむだろう。

俺は頭が真っ白になってしまったが、グズグズしている時間はない。
こういうのは勢いが肝心だと思ったので、男の決断で男らしくフィルムをビリリと破いて中から1個取り出して足早に階段を駆け降りた。
居間に戻ると美人は足を開脚したまま待っていた。
(いいぞいいぞ・・・)

俺は立ったままゴムを装着し、少し指マンしてから美人の中に挿入した。
美人の中はとても温かくて、ギンギンの俺も溶けてしまいそうだった。
最初はややゆっくりと動かしていたんだが、美人が俺より速いペースで腰を振り出したので俺もそのスピードに合わせて動かしていると、そのうち物凄いハイスピードで動かすことになって、二人の息はハアハアとまるでスポーツをしているような感じになっていった。

激しく腰を振りながらクリを押し付けてくるので、俺は指をクリに宛てがって動きは美人に任せることにした。
そうするとハアハアの息遣いが今度は、「あぁ~~!!」と悦びの叫びに変わって、「うぅ~あぁ~~!」と大きな声をあげたと思ったら身体を硬直させてガクッと脱力してしまった。

イッたんだな・・・そして俺も・・・。
窓を締め切った薄暗い部屋で俺たちは汗びっしょりになっていた。
美人はしばらくソファーの上でぐったりしていたが、のろのろと身体を起こすと、「スボン乾いたかな?」などと言いながら下着とズボンを穿き始めた。

俺もさっと服を着て、グラスを片付けて辺りを整えた。
「じゃあ、自転車見るから」
そう言って俺は店に。
美人が服を着るのを見計らってブラインドを上げた。
眩しい外の光が入り、ほどなく修理は終った。

美人も自転車の傍らに立っていて、どこから見ても普通の自転車店と修理のお客だ。
「あれー?パパ、カレーまだなの?」
ちょうど店の入り口とは別にある玄関から帰って来た女房が居間に立っていた。
俺はかなり驚いたが、「ああ・・・ちょっとお客さんだから」と適当に返事をした。

何より美人と女房のニアミスがきつかったし、美人の方も俺が所帯持ちだとは分っていただろうが、実際に目の前に現れて、しかもあんなことがあった直後に・・・。
俺たちは居た堪れないような感じになっていて、俺の方から、「じゃあ、これで大丈夫ですから」と言ってサッシを開けた。

正直、このまま別れるのはかなり未練があった。
だがこの状況ではどうしようもない。
いつもなら修理の客には、「また何かあったらどうぞ!」なんて言って送り出すわけだが、その日はそれもヤバくて言えない感じだった。

美人の方も足早に店を後に・・・また自転車に跨って去って行った。
あれから数ヶ月経つが、あの人妻はまだうちの自転車屋には来ていない。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
もったいないね・・・


コメントを書く