哀れな非モテ童貞の後輩に妻のマンコを舐めさせてあげた結果・・・・・・・・

閲覧数: 4,444 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

最近の不景気で、私の会社も人員整理が行なわれている。
そんな中、1人の男が私の部署に配属されてきた。
まぁそんなに大きな会社ではないので、見た事はあったし、ちょっと有名な人物だった。
彼は、35歳でちょっとデブな不衛生な感じ。
しかも仕事も出来ないみたいで、いつも怒られていた。
実際、一緒に仕事したことも無かったので、噂話で聞く程度だった。

彼の名は、阿部。
阿部「今日から、こちらに配属なりました。阿部です。ヨロシクお願いします」
かなりスローテンポな話しっぷり。
課長「そんな訳だから、みんなヨロシク頼むよ。教育は佐藤さん(私)、ヨロシク!」
私「私ですか!え~」
課長「そんなこと言わず頼むよ」
阿部「佐藤さん、よろしくお願いします」

そんな訳で彼と一緒に仕事をする事となった。
初日早々、噂通りの人だった。
何と言っても、仕事が遅い!
普通10分で終わる仕事も30分は掛かる。

私「阿部君もっと早く出来ないか?」
阿部「あ、すいません、慣れないので・・・」
私「まぁ、頑張って」
急いで作業すると今度はミスが目立った。
なんて運動神経なんだか!

そんな日々が1週間過ぎた頃、職場の仲間からも、「最悪な奴が来た!」「先輩大変っすね」って慰められる様になった。
私は怒りもあったが、なぜか憎めない感じだった。
鈍くさい中にも一生懸命さが伝わってきたのだ。

ある日の休憩時間、私は彼に、休みは何してるのか聞いてみた。
私「阿部君は休日、何して過ごしているんだい?」
阿部「特に何もしていません。部屋から出る事もあまりないんです。いつもビデオ観賞ですかね」
私「ビデオってエッチな?」
阿部「まぁそれが多いですが、他にも色々見ますよ」

私「彼女とか居ないの?」
阿部「居る訳ないですよ。もう35年彼女居ないんです・・・恥ずかしい話です」
私「じゃ、セックス経験も無しの童貞?」
阿部「はい。悲しいですよね、この年で童貞です。先輩は奥さん居るんですか?」
私「もちろん居るよ」

阿部「いいですね。俺は一人暮らしだから会社以外は一人で、最近は虚しいんですよね」
私「食事は作るの?」
阿部「料理なんて作れないから、いつもコンビニ弁当なんです。だから太るんですかね。ダイエットした事もあったんですが、体壊して断念しました」
そんな会話をしている内に、私は彼に同情する様になっていた。

デブは体質もあるし、努力はしている様だが報われないタイプ。
彼を変えてあげれたら・・・なんて思った。
私「たまには手料理もいいぞ。今度俺んち来いよ。妻の料理で良ければ」
阿部「良いんですか?こんな俺がお邪魔しても」
私「いいよ。こうして話ししたのも、何かの縁だろう。今週末どうだ?」
阿部「はい!いつも暇ですから」

そんな訳で、週末彼と一緒に食事をする事になった。
私:39歳。
妻:(美佐)35歳、子供は無し。

<週末1>
ピーンポーン♪
妻「は~い」
阿部「あ、あの~、先輩居ますか?」
妻「どうぞ!中に入って」
私「お~、来たか!中入れよ。あ、俺の妻で美佐だ!」
阿部「初めまして、阿部と言います。今日は招いて頂き、ありがとうございます」

妻には全く目線を合わせれない感じの彼・・・。
妻「どうもはじめまして(ニコッ)」
阿部をリビングに入れ、下らない話をしながら食事を待った。
私がトイレ行き、戻って来ると彼の目線が気になった。
明らかに洗濯物を見ている。
そこには妻の下着も干していた。

彼はジッと見ていた。
俺が戻ると彼は目線をずらした。
阿部「あ、俺もトイレ借ります」
普通なら有り得ないが、彼は確かに妻の下着を見ていた。
私はちょっと興奮していた。

まぁ彼も独身で童貞なら妻の下着に興味はあるだろう。
そんな彼に同情もあったから・・・。
私は洗濯物をそのままにしておいた。
実を言うと、妻のパンツの手前にあったTシャツを退けて見やすくした。
彼が戻ると、やはり気になるのか、時おり下着に目線が行っていた。

夕飯の用意も出来て、私達はリビングで食事を始めた。
妻「阿部さんは、1人暮らしなの?」
阿部「えっ、あ、はい」
相変わらず目は会わせない。
私「彼、独身で童貞なんだ。可哀想だろ」
妻「そ~なんだ!女の人と付き合った事は?」
阿部「な、ないです」

妻「あれ、お幾つなんですか?」
阿部「35歳になりました」
妻「えっ、私と同じだね。同級生か~」
阿部「あ、そうなんですね!」
妻「さっきから・・・何で私を見ないの?怒ってる?」
阿部「いいえ!恥ずかしくて!綺麗だし・・・」

私「なんだよ阿部、妻がタイプなのか?」
阿部「え、え、え~、ど真ん中、ストレートです。綺麗です」
妻「ありがとう!ご飯もっと食べてー」
食事が終わると、彼は礼を言って帰っていった。
私は妻に彼が下着を見つめていた事を話した。

妻「嘘でしょ!片付けるの忘れちゃったね」
私「怒った?」
妻「ん~ん、何か真面目な感じだし、悪い人には見えないから・・・許すか」
妻は笑顔だった。
私「また彼を誘ってもいい?」
妻「もちろん。何か可哀想な感じもするし・・・」

私達は、数日中にまた彼と食事をする事となる。
会社で私は彼に聞いた。
私「昨日、妻の下着見ていた?」
阿部「すいません、本当にごめんなさい」
私「いいんだよ!男なら当たり前!妻の下着良かったか?」
阿部「えっ、最高です!」

私は興奮した。
私「今週末も来いよ。妻もいいって言ってる。どうだ?」
阿部「いいんですか?下着見てたのに・・・」
私「いいよ。待ってるから」
そうして、週末を迎える事になった。

<週末2>
私は妻に、「今日はスカートにして。上も胸元開いたのがいいな!」と要求してみた。
妻は、「どうして?」って言いながらも、「まぁいいよ」と着替えた。
私が望む以上にスカートは短く、胸元も谷間がばっちり見えている。
私「何だよ!ずいぶん露出してるな」
妻「あなたが、そうしろって言ったのよ?」

私はもう興奮で、息子もギンギンになっていた。
ピーンポーン♪
妻「は~い」
阿部「あ!」
妻「どうぞ!入って」
後ろから見ると阿部は顔を赤くして、目線は完全に胸元に行っていた。

私「お~、中入れよ」
阿部「あ、はい」
リビングに入ってからも、彼は妻の後ろ姿に見惚れていた。
私「なんだ!さっきから妻ばかり見て!」
阿部「あ、すいません!今日は一段と綺麗だったから」
私が妻に、「こっち来て一緒にお茶しよう!飯はその後で」と言うと、妻はリビング来てソファーに座った。

私と妻の向かいに阿部君が座っている。
阿部は俯き加減で、目線は妻の下半身だった。
(見えているのか?パンティが・・・)
私は興奮が収まらなかった。
(妻も気づいているはず・・・)
妻も時おり足を動かし、ワザと見える様にしている様だった。
その度に阿部君の目が開いていた。

妻がお茶を入れ替える為に阿部君の方に屈むと、今度は胸元をガン見していた。
彼の股間を見ると、もう全開に大きくなっていた。
妻もそれに気付いたのか、一瞬彼の股間を見た。
妻「そろそろ夕食の準備するね」
私「あ、そうだな!俺も手伝うよ!」
そう言って2人でキッチンへ向かった。

私「見たか!立っていたぞ。興奮してるんだな」
妻「え~、もう恥ずかしかった。ずっと見るんだもん彼!」
私「もっと楽しませようぜ!頼むよ!」
妻「いいの?あなたそれで・・・。何かあっても知らないよ」
私「こんなに興奮したの何年ぶりかな?お前が彼にやられたら・・・なんて」
妻「そんなこと言って、私もちょっと興奮しちゃうじゃない」

夕食の準備も終え、私達はご飯を食べた。
阿部「今日は、ごちそう様でした。じゃこの辺で失礼・・・」
私「まだ良いじゃないか?酒でも飲んで行けよ」
阿部「え~良いんですか?」
私「まだ一緒に飲んだ事ないし・・・今夜は阿部くんの歓迎会だ」
阿部「本当にすいません、色々と」

私達3人は酒を飲み、色々と話をした。
彼の話を聞けば聞くほど同情させられた。
妻もすっかり同情し(酒が弱いから相当酔っている)、股が緩くなり開きっぱなしだった。
彼はもう何を話しても妻の股間をガン見だった。
それから1時間もすると、妻は完全に酔って眠ってしまった。

私は妻を1人用のソファー(リクライニングするタイプ)に寝かせた。
私「ごめんね、弱いのにあんなに飲むから」
阿部「すいません。俺に付き会った為に・・・」
私「まぁ気にしないで飲もう」
妻を横にしたのはいいが、妻のスカートは擦り上がり、ちょっと屈むとパンティが丸見えだった。
阿部は私と話をしていても目線は妻の方だった。

私は、「トイレに行って来る」と立って、影から様子を見た。
私が居なくなると、すぐに阿部君は妻のスカートの中を覗いていた。
しかも顔を近づけ、匂いも嗅いでいた。
俺はもう興奮でいっぱいだった。
次の瞬間、妻が動いた為にさらにスカートが上がり、すっかりパンティは丸見え状態に。
上半身も動いた為、胸元のボタンが外れてブラも見えていた。

阿部は妻の体を舐め回す様に見ていた。
私が戻ると阿部君は・・・。
阿部「あ、奥さん動いたので・・・」
私「だらしないな!」
妻の姿勢をちょっと直した。
私「お前見てたろ!どうだ女の体」
阿部「凄い興奮します。ビデオとは違います」
私「匂い、嗅いでみるか?」
阿部「いいんですか?」
私「あ~いいよ。嗅いだ事ないんだろ」

阿部は必死に嗅いでいた。
私「マンコ、見た事あるか?」
阿部「モザイクが掛ってないのは見た事ないです」
私「じゃ・・・ちょっとだけ」
私は妻のパンティをずらした。
マンコが見える様になると阿部はもうガン見だった。

阿部「本当にいいんですか?気づいたら大変ですよ」
私「大丈夫!明日の朝まで起きないよ!妻は酒が弱いから記憶なんかぶっ飛んでいる」
私は妻のパンティを取るとM字に足を開き、阿部君に見せてあげた。
私「どうだ!これがマンコだ!」
阿部「良い匂いするんですね。美味しいのかな?」
私「舐めたいか?良い味するぞ」
阿部「もう我慢できません」

阿部はマンコを舐めた。
阿部「美味しい、凄く美味しい・・・先輩ありがとう」
私「まぁ入れるのは困るけど、見ながらそこで抜いていいぞ!俺は2階に行ってるから」
2階に上がるふりして見ていた。
彼は必死に舐めながら抜いていた。
2回も・・・。
真面目な性格だけに入れることはなかった。
俺は戻り、妻を寝室に運び、俺達も寝た。

その翌日。
妻「昨日はゴメン。寝ちゃったんだ、私」
私「いいよ、疲れたんだろう!彼も早朝に帰ったよ。また誘ってあげよう!」
妻「うん」
妻は全く気付いていない。
彼にお土産として、妻の下着を数枚プレゼントしたことも・・・。

それからは月1位で彼を招いて食事をしている。
もちろん妻は毎回、記憶を失うのだが・・・。
彼はその後、仕事も覚え一人前になった。
上司は、「お前、よくあそこまで育てたよ」と上機嫌だ。
女を知って自信を付けた彼は、今では誰にも負けないくらい仕事が出来る、頼れる仲間となった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
でもまだ童貞?


コメントを書く