【レイプ】単位が足りず先生に補習お願いしたらいきなり手を縛られて・・・・・・・・

閲覧数: 7,696 PV

※このエロ話は約 6 分で読めます。

今週の月曜日、理科の先生に「単位が足りないからこのままじゃ留年だぞ」と言われ、「補習お願いします。単位下さい」と私は頼みました。
すると先生は私の制服のリボンを外し、そのリボンで手首を縛り始めました。

私「えっ?せ、先生・・・?いやっ!」
私を机に座らせ、ブラを外し、オッパイを鷲掴みにして揉まれました。
恥ずかしいことにオッパイを触られただけで身体がビクンって感じてしまいました。

先生は私の反応を見て、にやっと笑うと、片方の手で乳首をぷるぷる弾きながら、片方の乳首を舌で転がすように舐められました。
私はオナニーの時、いつも乳首を摘みながらクリトリスでイクので、乳首が凄く敏感なんです。

先生はそれを察したかのように、「気持ちいいか?こっちは?」と言うとスカート中に顔を入れ、パンティの上からオマンコに吸い付いて、匂いを嗅ぐようにクンクンしてきます。
「いい匂いだ」とパンツを横にずらしてクリトリスを吸い、「オマンコすごい濡れてるぞ!あぁ美味しい」と吸い付いて来ました。

私「あぁっ!ん、せ、先生いやっ!やめてくださいっ!」
先生は、「今日は運動部しか部活はないし、補習のヤツラももう帰っただろうから誰も助けに来ないぞ」と言うと、また乳首を吸われ指でクリを弄られました。
クリトリスと乳首を交互に吸われると、もうだめです。

私「いやぁっ、だめっ、だめぇ・・・うぁっ、い、イクっ、イッちゃうっ!イックぅっ!!」
私は簡単にイカされてしまいました。
すると先生は、イッたばかりのオマンコに硬くて大きくなったオチンチンを押し当てて来ました。


「嫌ぁ・・・ゴム付けてください・・・」と力なく言いましたが、「生のほうが気持ちいいんだぞ」と言って一気にオマンコに入れてきました。
今までで一番大きいオチンチンで、オマンコが裂けるかと思うくらい圧迫感があったのに、べちょべちょに濡れ過ぎて、ずるんって奥まで入っていきました。

最初は大きすぎて痛かったけど、いつの間にか、「あぁ、ああっん、い、いいっ!せんせぇ、気持ちいいっ!!」と喘ぎ、先生に合わせて自分から腰を振りながらイッてしまいました。
すると先生は、「俺はまだイッてないぞ」と、私を後ろに向かせバックから激しく突き上げ、「イクぞっ!」と言って中出しされました。

次の日も呼び出され補習がありました。
先生に連れられて理科室に行くと、先生はテレビを付けました。
「見ろ!これ誰かわかるか?」とニヤニヤ笑いながら言いました。
映っていたのは先生にオマンコを舐められ気持ちよさそうに喘いでいる私でした。

先生「あの時ビデオ撮っておいたんだ。これをばら撒かれたくなかったら言うことを聞け」
うまく編集したのか先生はほとんど映っていなくて、私が喘いでいるところや出し入れしているところだけでした。
先生が映っていれば反撃できたのに・・・。

先生はカーテンと鍵を閉めると、「服を脱げ!」と言い、私がためらっていると、「言うことが聞けないのか?ばら撒いていいんだな?」と脅してきます。
諦めて制服を脱ぎ全裸になると、「机の上で足を開いて座れ」と命令され、言われた通りにすると、「オナニーをしろ!」と言ってきました。

目の前にはビデオを置き、「早くやれよ!現役女子高生が学校でオナニーするとこをちゃんと撮ってやる」と私を見て笑っています。
諦めて左手で胸を弄り、右手をオマンコ弄りながら、中指でクリトリス刺激すると、「はぁっ!あんっ・・・」と声が出てしまいます。

自分でもびっくりするほど濡れてきて、アナルまで垂れ流れているのがわかります。
先生「くくっ、変態だな・・・。脅されてそんなにオマンコからいやらしい汁を垂れ流して!」
先生の意地悪な言葉に余計興奮してきてクリトリスを弄る中指がだんだん速く動き、クチュクチュいやらしい音が響いてきます。

先生「『私は変態女です。犯してください』って言え」
私「わ、私は変態ですっ。先生の好きにしてくださいっ。犯してくださいっ!」

汗だくになり、泣きそうになりながらお願いすると、「俺に何して欲しい?」と聞かれ、「私のべちょべちょのオマンコを、この前みたいに舐めてください」とお願いし、自分から両手でオマンコを拡げクリを剥き出しにしました。

先生は私にディープキスをし、顔中を舐め回してまた私の口に吸い付いてきます。
私に上を向かせ、「俺の唾液を飲み込んだら、好きなだけクリトリスを舐めやる・・・」と唾液を垂らします。
私は夢中で先生の口に近づき、飲み込みました。

すると私の頭を撫でて股間にしゃがみこむと、鼻先でクリを突きながら息を吹き掛け、足の付け根を舐めて剥き出しになったクリトリスを口に含み、転がすように舐めてくれました。
わけがわからないくらい気持ち良くて、オマンコを拡げてた手を離してしまい、先生の頭を足で挟み、顔を手で押しつけて狂ったように喘いでいると、先生は急にオマンコを舐めるのをやめてしまいました。

私「いやぁ、や、やめないでくださいっ」
先生「俺が舐めてるのをちゃんと見てるなら続けてやる」
「み、見ますっ。見てますから、だからっ、早くっ!」
お願いすると、先生はまた続けてくれました。

でも身体が言うことを聞かなくて、また先生の頭を足できつく挟み、オマンコに先生の顔を押し付けると先生は私を見ながらクリを吸い続けます。
自分のオマンコが舐められているいやらしい光景に感じてしまって、我慢できなくなりました。

私「先生っ、さ、先にイッてもいいですか?」
それに応えるように先生はさっきより速く舌を動かし、クリを軽く甘噛みしながら舌で転がすのを繰り返します。
足がガクガクしてきて、「イクッ、イッちゃう~、あぁっ、イクぅっ!」と叫びながらイッてしまいました。

先生は、「まだ終わってないぞ」と言って大きなオチンチンで私の顔をぺちぺちしてきました。
「クリだけで終わっていいのか?」と聞かれ、まだオマンコに指すら入れてないことに気付きました。
私「せんせい、イッたばかりだから・・・待って・・・身体が敏感になってるから・・・」
先生は私の言葉を無視して指をオマンコに入れてきました。

激しく掻き回しながら、もう片方の手でオッパイを強く揉み、「ここはどうして欲しい?指一本じゃ物足りないだろ?こんなに濡らして!」と、二本入れて激しく掻き回します。
初めはきつくて痛かったけどすぐに“クチュクチュ、ぐちゅぐちゅ”と音が変わり・・・。

私「おかしくなっちゃうっ!先生っ、ダメっ、いや~っ、オシッコ漏れちゃうっ。ま、またっ!イッちゃうっ!ああっ~!!!」
私は潮を吹き、気を失ってしまいました。
気が付くと先生は私の乳首を吸っていました。

私が気が付いた事に先生は気付いていなくて、美味しいそうにチュウチュウ音を立て吸い付いたり、反対の乳首を飴のように転がして舐めています。
先生のその姿を見て興奮し、オマンコがまた反応しました。
つい腰をクネクネ振っていると、「気が付いたか?」と、先生はオチンチンをクリトリスに押しつけてきました。

もう我慢ができなくって、「お願いですっ、いやらしい私のオマンコに先生のオチンチン入れてくださいっ!」とお願いすると、先生は横になり、「自分で入れろ」と。
私は先生に跨がり、オマンコに押しあて、ゆっくり奥まで入れました。

先生「どうだ?俺のチンポは?」
私「硬くて大きくて今までで一番大きいです。先生のオチンポ、すごく熱くてオマンコおかしくなりそぅ・・・」
先生「そうか。お前の体は綺麗だぞ、まだオマンコ綺麗だし、おっぱいも大きいのに垂れてないからな」
そう言って下からオッパイを鷲掴みにして突き上げてきました。

子宮に当たってるのが気持ち良くて、お腹を押さえると先生のオチンチンの動きが伝わります。
先生はオッパイから手を離し、「綺麗だよ」と言いながら下からビデオを撮っていました。
私「いやぁっ!やめてっ!撮らないで!」
先生「何で?スケベなとこいっぱい撮って一緒に見よう」

片手でビデオを持ち、もう片方は腰を抑えつけ、さっきより激しく突き上げてきます。
激しく突かれると、もうどうでも良くなってきました。
オッパイが揺れて苦しいから自分で抑えてたんですけど、ビデオに撮られてると思うと興奮し、自分で乳首を引っ張ったり揉んだり喘いでいると先生は起き上がって乳首を吸ってくれました。

私は先生の頭を抱え、もう片方は先生が吸い付いてない方の乳首を引っ張ったり揉んだりしながら夢中で腰を振り、また一人でイッてしまいました。
先生は私を四つん這いにさせるとオマンコを拡げ、ビデオを撮り続けます。

四つん這いの体勢から私は胸と顔を床に付け、手を後ろに回して自分のオマンコ拡げながら・・・。
私「先生、私のオマンコ気持ちいいですか?先生のオチンチン、私のオマンコじゃダメですか?」
先生は、「気持ちいいよ」と私が拡げたオマンコを舐め、穴に舌を入れ出し入れした後、一気にオチンチン入れて腰を振り立てます。

私は自分から、「先生のせーし、いっぱい中に出してっ!奥にっ、奥にくださいっ!」と言うと、「ああっ!イクぞ!出してやる」と言って、先生もイキました。
しばらく二人とも疲れて横になっていました。

気が付くと、もう夜7時をすぎていて、すると先生は、「明日は休みだし、うちに泊まるか?月曜日まで気持ちよくしてやる」と言い、私は先生の家について行きました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
抜き専用ですな・・・


コメントを書く