小学校からオナニーしてた私でもレイプの恐怖は忘れられない・・・・・・・・

閲覧数: 6,122 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

わたしは、中学1年の時忘れられない経験をした。
わたしは性欲が強い方で小学校の時からオナニーをしていた。
好奇心がすごくて、オナニーも段々エスカレートしていた。

家の近くに大学があり、そのため家の近所はアパートだらけで、ゴミステーションにはよくエッチな本が束ねて捨ててあった。
小学校の頃はそこから何冊か抜き出し、こっそり家に持ち帰ってはオナニーしていた。
本からフェラチオやクンニなどの単語を覚え、出てくる女の人の真似をよくしていた。

縛られてる写真を見ては、縄跳びで自分を縛ったり、にんじんを削って擬似フェラチオもよくした。
オナニーも当然激しくなり、にんじんをアソコに入れてするのが日課となっていた。

そんなわたしも中学生になり、いっそう興味が強くはなっていたが、小学生の頃のようにエッチな本を持ち出すのは抵抗がありなかなか取れなかった。
学校帰りにそのゴミステーションを経由して、横目でエッチな本がないか確認しながら家に帰ってた。

あと1週間で夏休みとなった頃、いつものようにゴミステーション付近をうろうろしてると男に声をかけられた。
男は近所の製材所の場所を聞いてきた。
普通に歩いて5~6分。
近道を通れば2分も掛からない場所。

近道は用水路を渡ったり、民家の裏畑を通る必要があり、言葉ではうまく説明できなかった。
怪しいとも思わず、すごく困っているような顔を見て可愛そうに思いそこまで案内した。

製材所に着き、積まれた木材の間を歩いていると、いきなり男が抱きついてきた。
必死に抵抗した。でも大きい声は出せなかった。
殺されるという恐怖で必死だった。

抵抗している途中、男が何か言ってることに気付いた。
「ゴメン待って、落ち着いて、落ち着いて、何もしないからゴメン・ゴメン」
倒され、馬乗り状態で男はその言葉を繰り返してた。
少しだけ落ち着ついたわたしは、黙って男の声を聞いていた。

「絶対殺したり、殴ったりたりしないから・・・頼むから落ち着いて」
目が合った。
男は続けた。
「抵抗しなかったら、絶対殺したり、殴ったりしない・・・絶対」

わたしは、胸をもまれ、首や耳を舐められた。
その時やっとこれがレイプだと分かった。
なぜか『殺す目的ではないんだ・・・』みたいな安堵した気持ちになった。

そのうち、パンツを脱がされアソコを舐められた。
男は言った。
「コンドーム着けるから安心して、ゴメン本当ゴメン」

わたしは、「止めて下さい・殺さないで下さい」と言って泣いてた。
男は「たまらん・たまらん」と繰り返して「大丈夫・大丈夫」と答えた。

入ってくるのが分かった。
にんじんとは違う。
温かい感覚・・・濡れるんだ・・・
わたしは客観視していた。

男はすぐいった。
多分5回ピストンしたかどうか。
男はわたしの中からそれを抜き出し、コンドームを取りポケットに入れた。

そのあとすぐまた舐められ、胸をもまれ自分でしごき始めた。
男はわたしの体を舐め回すように見ながら果てた。

男は言った。
「ありがとう。ゴメンね怖い思いさせて。本当にごめんなさい」
何度も何度も土下座してた。
服を着ようと起き上がった時、男は2万円を置いて歩いて去っていった。

あれから15年・・・
わたしは幸せな日々を過ごしている。
でも、未だに1人で夜道は歩けない。
今でもオナニーしたり、激しくバックで突いて欲しいという願望はあるが、レイプとは違う。
レイプは本当に殺されるかもという恐怖と隣り合わせ。
もしレイプを考えるならそれは絶対に止めて欲しい。

心からそう思う。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
レイプは犯罪です。


コメントを書く