【覗き】学校の怪談の真相を確かめようと音楽室に忍び込んだ結果・・・・・・・・・

閲覧数: 4,374 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

夏と言えば怪談ですが、俺の身近な怪談の真相にこんな事がありました。
俺が通っていた高校では、ある時期から突然こんな噂が立った。
『時々夜の音楽室から女性のうめき声が聞こえる』

俺は理系だから、その手の話を信じない。
真相を確かめてやろうと思い、一人で三夜連続で夜の音楽室に張り込んだ。
高価な楽器がある音楽室は放課後に施錠されるが、その前に部屋の物入れに隠れた。

それを3日続けた3日目の夜。
その晩はなかなか施錠されず、おかしいなと思っていると、気づけば部屋に誰か居る気配がした。俺は一瞬背筋が凍った。
まさか本当に霊が居るのか。

恐る恐る物入れのドアをスライドして覗くと、そこには男女が2人居た。
初めは薄暗くてよく見えなかったが、目が慣れてきた頃に気づく。
男性体育教師の武田と女性音楽教師の伊藤晴香先生だった。

武田は35歳ぐらいの既婚で、いかにも筋肉馬鹿といった感じの暑苦しい野郎でチョコボール向井似だった。
伊藤先生は今年新卒で赴任してきたばかりで、少し茶髪の色白で清楚なお嬢様育ちでワンピースの似合う感じだ。
体はスレンダーで胸は少し膨らみがあった。

そのまま見ていると、武田が伊藤先生のブラウスを脱がし始めた。
「あの2人がSEXしてたのか!!」
俺は驚いた。

「ちくしょーカメラ持ってくりゃ良かった。ま、いいか今度持ってきてやる」
武田の馬鹿と伊藤先生があっという間に裸になっていた。
2人はなにかを囁きあい、キスを始めた。

どうも伊藤先生は武田にメロメロといった様子だ。
武田は伊藤先生の胸を揉み、舐めながらマンコを触る。
そして伊藤先生は武田のペニスを優しくしごいていた。

「あんな清楚な感じでもやる事やるんだなあ。しかも学校で」
俺はそう思った。
その後、伊藤先生は跪いて武田のペニスを濃厚にフェラを始めていた。

武田は「そうそう、上手になってきたね。気持ちいいよ。晴香ちゃん、エッチだね」
どうやら武田は音楽室で伊藤先生に仕込んでいたのだ。
「あの男め!やりやがって」
俺はそう思った。

武田は言った。
「そろそろ挿入してもいいかい?」
伊藤先生は「うん、いいよ」と言った。

伊藤先生は床のマットに仰向けにされ、武田が覆いかぶさる。
武田は正常位で挿入する。
速さと挿入の浅い深いの抑揚をつけ、ピストンをピストンする。

武田は聞く。
「どうだ気持ちいいか」
伊藤先生は答える。
「うん、気持ちいいよ。あっん・・・ああぁぁ・・・」

そうか、この声が霊の正体か!!俺はそう思った。
武田は正常位のまま20分ぐらいピストンを続けて逝った。
2人が帰り支度をする頃には、なんだかんだ50分ぐらい経っていた。

疲れて体勢を変えようとした時、足がしびれていてバランスを崩して物入れの中でこけてしまった。
なぜか馬鹿な武田が怒鳴った。

「誰か居るのか!!こんな真似許さんぞ!!出てこい!!!」
俺は心の中で突っ込む。
「おめえがそんな事してんのがいけねんだろ。勝手なやつめ!!」

そして咄嗟にこう発言した。
「見たことは誰にも言いませんから出てってください。俺がここに居ることも見逃してください」
馬鹿な武田はこう言う。
「声で誰か分かる。お前だな。言ったら承知しねーぞ!!俺の体育を楽しみにしてろ!!」

俺は言う。
「じゃあ誰だか当ててみてください!!」
武田は返す。

「うるさい!!屁理屈を!!!生意気なやつめ!!!さあ行きましょう!伊藤先生!」
そう言って2人は去って行った。
俺は物入れから出て家路についた。

家に帰ってオナニーをしようと思ったが、あまりに衝撃的な出来事過ぎてオカズにできなかった。
後日、武田とすれ違ったが全く気づいていなかった。
やはり武田は馬鹿だ。
俺は伊藤先生の為に、今でもこの話は内緒にしている。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
武田おもろいw


コメントを書く