還暦過ぎても色気ムンムンな巨乳母にエロメールを送り続けた結果・・・・・・・・

閲覧数: 5,941 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

母に息子の俺が書いたエロメールをサブアドから送ってみたw
母は還暦を過ぎて63歳。
AVで言うと高齢熟女の部類だ。
県外で姉夫婦と同居している。

5年前に実家で母が私の娘を風呂に入れてる写真をアルバムから見つけた。
何ともきれいな巨乳のおっぱい。
ドキドキしながら他人のふりで母にメールを送った。
他愛のない内容で何度も何度も。

もちろん返事は返ってこない。
酔っている時にちょっと過激な内容でメールを送ったら、自分が興奮してしまって、返事もないのに、『母の体を(乳房だとか)触りたい』とか書いていた。

それが先日の夜中にメールの着信があり、見てみるとリプライでの返事で『こんなおばさんに興味があるの?あなたはいくつ?』と書いてあった。
なんかすごく興奮して、正直に自分の年齢を送った。
三日後に返事が来て『私の息子と同じ』とだけ書いてあった。

それからは勇気が出て、きっとこんな感じの人だと、母の容貌とかを知らんふりして書き送った。
自分の想像だとも書いた。
返事はすぐには返ってこないけど、過激な内容で書き送った時は返事が待ちきれなくなる。

『息子と同じ歳だから変な気持』って返事が来たので、『妖しい気持ちにしてあげようか?』と書いたら、『それって近親相姦のこと?』って返事が来たの。
バレたかと一瞬思ったが、冷静に考えればそんなわけない。
安心したけどやっぱりビックリした。


返事には近親相姦には触れずに、『女を意識するよう仕向けること』と送った。
その時は返事がすぐに返ってくることを心待ちにしたけど、来ない。
なんか自分の方が妖しい興奮を感じてたまらなくなってきた。

『どうなの?』と催促するように書き送ったが、返事は来ない。
母が、近親相姦という言葉を知っているのは当然だとして、それを文字にして書いたことにびっくりしてしまった。
そして、そのことが妖しい気持ちをこちらにも喚起させた。

先日、夕食の時に電話が鳴り、電話を取った妻が「あなたにお母さんから」と言う。
少し気が動転して電話に出ると、子供の誕生日にこっちへ来るという内容。
後ろめたい感情があるけど、母はメールを送ってるのが私だと全く知らないし、こっちが意識するようなことは何もない。

普段のように話す母が、あのメールに返事を寄こす母だと思うと、なんか二面性のようなものを感じて母の裏側をいたずらに知りたくなる。
刺激を与えるようなメールを送りたいけど、子供の誕生日の25日に来るらしいから躊躇してしまう。

姉夫婦が一昨日から義兄の実家へ行っていて、今、母は一人だから、ドキドキしながらメールを送りたくなる。
『あなたのような年齢の人と二人きりになり、悪いことを隠れてするような気持ちで過ごしたい』と書き送った。

二日ほど経った昨日の深夜にメール着信の音。
深夜にメールが来ることなどないので、妙な胸騒ぎを感じてトイレで着信を確認した。
『ドキドキして変な気持』
そう書いてあった着信は深夜1時55分。

恐らく誰でも経験があると思うけど、夜は気持ちを大胆にさせる。
母はきっと色んな想像をしたのだと思う。
母の頭の中で考えられた内容をものすごく知りたくなる。

『変な想像をした?』と、すぐにトイレからメールを送った。
30分くらいして再び着信があり、ただ一言だけだった。
『うん』と。
『あなたからもメールください』と書き送ってから、待ってるけど返事が来ない。
もうこんなことやっていたらダメだなって悩んでいる。

『何してるの?』
メールが昼頃到着。
『妹夫婦が遊びに来ている』(妹はいない。バレないためのウソ)と返事。
『今夜メールを送るね』と約束して、刺激的なメールを送ろうと思う。
そんなのをどこか期待しているような気がする。
益々エスカレートしてしまいそう。

母を騙すような悪いイタズラだけど、すごい刺激的だし、母を別の目で見るようで、客観的に眺めるととても変な感じがする。
本日廃品回収があり、当番に当たっていたのでしぶしぶ参加。
集まった廃品の中に『婦人画報』という雑誌があり、整理しながら眺めてたら母に似た容姿の女性の写真があった。

そこでふと思いつき、携帯のカメラで撮影した。
光が若干反射して上の方に光の帯が入ってしまった。
栗色の髪をアップにして灰色のセーターの胸が高い。
残念ながらスカートじゃなく紺色のスラックス。

『張り付けた写真のような女性が私の好みで、すごくムラムラしてしまう。ただスカートを穿いた女性の方が好み』というメールを画像付きで送った。
想像だけど今夜遅くに返事が来ると思う。
おおよその母の生活時間がわかってきた。

顔はさほど似てなかったけど、受ける印象は母とある面酷似しているので意識すると思う。
さっきのメールを送った後、少し気持ちが高ぶっていたのでさらにメールを送った。
『メールの写真のような女性と内緒で知らない町までドライブして、いけない時間を過ごしたい』
『いけない時間って?』とだけのメールがきた。

さっき一時過ぎ。
まだ起きているのかなと、『起きてますか?』とメール送ったが、まだ返事来ないので今夜はもう諦めて寝る。
明後日にはうちに来るので自然な態度を保てるかが心配。
明日職場から電話して予防線を張ろう。

昼間電話したけど普段と変わらず(当たり前だけど)安心した。
しばらく前に『いけない時間って?のことだけど、本当はどういう時間を過ごすことかわかってるんでしょ?そして、どんなことをされるか想像したでしょ?あなたの期待していること書いてあげる』と書き送った。

今日顔を合わすので気が引けてしまった。
しかし、今日のことを色々考えていた。
まず断っておきたいけど、近親相姦なんて絶対に無理だし考えられない。
母子家庭でもないし、家族を含めて母と一緒にいる時のこと考えると、どんなに気まずいか想像しただけでぞっとする。

けど現実にそんなことしている人いるのかな?
妄想ではあっても実際には考えられないんじゃないかと痛感した。
しかし精神的に母にイタズラをしていることは事実だし、実際妖しい刺激を感じて興奮する、これは真実。

うちの奥さんが昼過ぎに駅に母を迎えに行った。
仕事の合間に母への携帯メールを二通作成して保存しておいた。
帰宅すると玄関には母が迎えに来たので本当にびっくりした。
やはり後ろめたい気持ちがあるから仕方がない。

今まではあまりそんな目で見なかったけど、客観的に母を見ると、これは自慢してもいいけど、年上好きの男からみればムラムラするタイプだと思う。
息子としての目で見ると母をそんな風には考えられない。
顔が母ではないなら、その大きく突き出した乳房を揉んでみたい。
これは正直な気持ち。

夕食は家族四人で外食することになった。
和食レストランに到着して、順番待ちのサインをしに妻がクルマを出た時に、昼間作成して保存したメールを母にわからないようにこっそり送った。
母は娘と後部座席で話している。

着信音がして、母がメールを読んでいるようだ。
内容は、『今夜は一人です。あなたのこと考えていたらすごく硬くなってきました。あなたは何していますか?』というもの。
パタッていう携帯を閉じる音。
とにかく読んだことは確からしい。

妻が戻り、「中で待ってた方がいいよ」と言うので3人で店の中に入った。
母の様子を窺うと少し動揺しているようにも見える。
けど会話は普通。
食事の時に妻と母はワインを二人でハーフサイズ・ボトルを一本飲んだ。

帰宅してから妻は母にお風呂をすすめ、私の娘と一緒に入った。
そこで母の下着がたまらなく見たくなった。
(ひょっとして汚しているんじゃないか?)と想像すると興奮してきた。
母の脱ぎ捨てられたパンツを開いて、クロッチの部分にシミが付いているか見たい。

母のシミ付きパンティを想像すると物凄く興奮してくる。
でも、妻も近くにいるので脱衣所に行くのも不自然で、それは叶えられなかった。
こんな機会は滅多に無いのにと本当に悔やまれる。

最初は近親相姦なんて考えられなかったけど、エスカレートするうちに自分自身がよく分からなくなる。
自分の母のシミパンティで興奮する俺。
俺は一体どうしたいのか?

湯上りの母は若干酔っているようだったのでクルマで送ることになった。
娘もついて行くと言ったが、「時間が遅いからダメ」と妻に言われて拗ねていた。
で、これは予定外だったけど、私が母を送ることになってしまった。
往復で1時間40分くらいだからまあいいだろう。

世間話のような会話をしながら運転してると、酔いもあってか母がうつらうつらしている。
ふと思い出して、信号待ちの時にこっそりと、またもう一通の保存したメールを送った。
でも本当は躊躇した。
内容がちょっと過激すぎるから。

送信する時、少し指先が震えた。
『あなたの一番切なくなる部分を優しく愛撫してあげたい。そして僕の愛撫で硬くなった乳首を愛おしむように吸ってあげる。返事ください』
「携帯鳴ってるよ」と母の肩辺りをつついた。
変な話だけど肉付きの良い二の腕あたりの感触に驚いた。

バックから携帯を出してメールを確認している。
私の方がドキドキして鼓動が聞こえそうで、やや焦ってしまう。
「なんだった?」
少し上擦った声で聞くと、少し間を置いてから、「なおちゃん(姉)から、『何時に帰るの?』ってメール」だと言う。

それから母は目を覚ましていたが、私との間で会話はほとんど無かった。
時々横目で母の方を窺うと、目が潤んでいるようだし、モジモジと助手席で足を組んでいた。
きっと下半身に何らかの変化があってじっとしてられないのだと思った。
これには正直言ってムラムラした。

体より気持ちというか、心の中が興奮した。
正直言うと、帰る途中でクルマを停めて母から返事がないかと待っていたが、来そうもないので帰ることにした。
近親相姦はできないけど、母のことを想像すると自慰をしちゃいそう。
今もメール待ってるけど来ない。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
行為なしでここまで読ませるとは・・・


コメントを書く