【痴漢】電車のボックス席の向かいで女子高生が寝だした結果・・・・・・・・

何の電車の何線とかはこの際伏せておこう。
ボックス席(2対2で座るアレね)に座った時の話である。
俺は電車を使って一人旅に出ていた。
2時間近くは座りっぱなしかな。

「すみません」
そう声を掛けられたので振り向くと、ちょっとふっくらとした、可愛げのある女子高生らしき顔。
「ここの席いいですか?」と聞いてきたので足を引いて向かいを譲る。
大きな荷物と小さな荷物を持っている。
どうやら目的は俺と同じらしい。

(なんで制服で?)と思ったけど、まあ色々あるんだろう。
実のところ、こんな会話にもならない話でも若い女の子に声を掛けられたのは何年かぶりで、ちょっとドキドキしていた。
情けない。

彼女は向かいの席に荷物を置き、俺の対角線上の席に座った。
30分ほど経ち、ふと斜めを見ると、なんと足を組んで寝ているではないか!
(こ・・・これは・・・)
思わず生唾を飲んだ。
女子高生の太ももなんてエロ画像でしか見たことない・・・。

とりあえず周りを見回してみた。
この子が乗ってから客も減ったのか、横のボックス席には誰もいないし、近くに立ってる人も見ない。
つまり大きな音でも立てない限り、ここで何をしてもバレない・・・。

ここで俺の思考は一つ先の領域に進む。
(どうしたらこの子のパンツを見られるだろう)
すぐに浮かんだ案は、手鏡であった。
手を潜り込ませ、角度を変えて観察する。

(おお!白い太ももが映し出されているではないか!)
しかし物足りない。
もっとしっかり、ガッツリと見たい!

次なる案。
それはこの子の向かいの席に頭を置いて横たわり、視線を太ももに合わせること!
正直、身も蓋もない。
しかし手鏡の時点で、起きたら言い訳できないことを考えると、もう後に引けない思いだったのだ。
バカである。

実行した。
(うおおおお!見える!太ももが!見える!)
絹のようにキメ細かく、初雪のように白く・・・。
もう例える言葉のないほど神がかり的な比率の太さの太もも!

こうなると、もう前に進むしかない。
見たい、影になって見えなくなっている、内ももと内ももの間にある未踏の地を・・・。

昔から俺は、勉強、スポーツ、恋愛、趣味、果ては遊びにさえも後ろ向きで、バイト先のオッサンからなじられた「冒険心のない若者」という言葉にも自嘲しながら無視するほどに自覚があったが、今の俺は違う。
(俺は・・・冒険者だ!)

ここでふと、ペンライトの存在に気づく。
内ももと内ももの間に光を照射する。
が・・・駄目っ!
ムチムチに、たわわに実ったもも肉が、未踏の地への扉を塞いでいる。
せっかく光源を手に入れ、暗闇の洞窟を突破したのに・・・。

最後、これだけ、この扉さえ開けば、辿り着くんだ・・・未開の地に!
その為には、彼女を起こさずに、足を組むのをやめさせる必要がある。
俺も足を組んで考える。
何があったら脚組みを解除するだろうか。

こんな風にしたら?・・・考える、考える、考える。
まるで俺の人生をすべて振り返り、一つの扉の暗号を解いているかのような、そんな気持ちになる。
導き出した答えは・・・至極単純。
乗せてる方の足に、俺の足を軽くぶつけることだった。

もしも俺だったら、足を組んで電車に乗っている時、乗せた足が誰かの足に当たればすぐさま組むのをやめる。
彼女もそうであるに違いない。
いや、そうあって欲しいと言った方が正しいか。

無論、強く当て過ぎて、起きてしまったらそこでお終いだ。
それどころか足を当てるだけで起きる可能性がある。
これは賭けだ。
そっと、足を彼女の足首に近付ける。
・・・トンッ。

「うぅ~ん」
彼女の足が動いた!
どうやら解除するらしい!
しかし、まだ安心はできない。
足を逆に組み替える、その可能性もある。
いや、その方が可能性として大きいくらいかもしれない。

数秒様子を見たが、どうやら組み替えないらしい!
俺はすぐさま横になった。
しかし・・・。
(くそ!足を閉じている!開け!開けぇ!)

昨今の女子高生らしく股を緩ませてくれたら、それでいいんだ!
頼む!神様!
そうだ!ペンライトなら閉じててもひょっとしたら見えるかも!
俺は必死になってペンライトを探す!
さっきまで持ってたのに、落としてしまったのか!?

そんな時だった。
『ギィィ・・・』
実際にはそんな音は聴こえるはずもない。
しかし、俺は確かに聴いた。
女の子の固く閉ざされていた扉が、開く音を。

そこには、だらしなく足を開いた女子高生の姿があった。
ここまで死力を尽くした俺への、神様からの贈り物?
あるいは既に何もかも気づかれていて、これは俺をひっ捕らえるための策略?
もう、そんなことはどうでもよかった。

半ば反射的に横になる。
見えた!
紺のスカートと影が作りだす黒い世界の中で、光り輝いてすら見える純白の世界を。
材質は綿・・・だろうか。
さしずめ3枚980円の安物といったところか。
およそ彼氏に見せる下着にも思えない、使い捨てのような代物。
しかし逆に、そのリアリティが俺を興奮させた。

この景色を、いったい何人が見ることができる?
この子がアバズレビッチでもなけりゃあ、彼氏一人くらいのもんだろう。
俺は、そういう景色を見ているんだ。
富士山の頂上から日の出を見るより圧倒的に感動的で快感だ。

ふと見ると、クロッチ部分が微妙に色が違う、そんな気がする。
分からない。
もっと、もっと近づかないと判別ができない。
しかしこれ以上は・・・。

女子高生の顔を見る。
ぐっすり寝ているように見える。
(行くべき・・・なのか・・・?)
俺はもう十分にお宝を得ることに成功した、と言っていい。

このまま深入りしなければ、この景色を永遠に記憶のメモリーに素晴らしい思い出として残して、普通の生活に戻ることができる。
だが、今回失敗したら・・・。
・・・いや、違う。
失敗したら、なんてない。

過去、未踏の地を発見した偉人たちに、失敗と隣り合わせじゃなかった試みなんてあったか?
いや、ない。
今日の俺も、成功と失敗のタイトロープの上で、常に成功してきた。
そして、まだチャンスが十分にある。

女子高生が開いた脚には、俺の顔一つ分、忍びこませるスペースがあった。
これをチャンスと言わずして何と言うか。
俺の表情から迷いは消えた。
失敗なんて恐れはしない。

鼻息でさえ気づかれる距離感。
自分の人生の中で、最も深く息を吸い込んだと思う。
そして、太ももに顔が触れないよう、顔を近づける。
もう、彼女の細かな仕草で起きるのを予測して逃げる、なんて一手も使えない。
何かの間違いで起きたり、足を動かすだけで俺は破滅する。

俺はギリギリまで近づけて、刮目する。
オマンコに沿った形で、分泌液が染みて、渇いて出来た薄黄色が目に入った。
俺は、俺はとうとう、とうとう辿り着いたんだ。
未踏の純白の新大陸にそびえ立つ、黄金郷(エルドラド)に!!!

ドピュッ・・・。
臭いを撒き散らすわけにもいかないので、俺は次の駅で逃げるように降りた。
幸い、すぐに着いてくれた。
見上げた青空は、行きの時に見上げた青空より遥かに澄んでいて、晴れやかで、綺麗に見えた。

この世の万物の色彩が全て、鮮やかになったように見えた。
この達成感は、俺を人間として一歩、前進させてくれたと言える。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
この成功体験こそが破滅(タイーホ)への第一歩だった・・・


コメントを書く