【夜這い】友人数名と雑魚寝中にベッドに移動したら先客に犯されました・・・・・・・・

閲覧数: 7,142 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

これは三年前の夏、22歳のときの出来事です。
小学校時代の友人数名と宅飲みをしていました。
久しぶりにあったからかハメを外して無茶な飲み方をしていたこともあり、深夜になる頃には全員つぶれていました。

ふと私が目を覚ましたのは夜中の2時。
狭い部屋に男女関係なく転がっていました。
このまま床に寝ているのは嫌なので、私はベッドに潜り込みました。

ベッドにはすでに男の子が眠っていましたが、酔っ払って気が大きく私はかまわず、先客に体を密着させて寝入り始めました。

うとうとしていると、先客が勢いよく起き上がりました。
横で眠っている私に驚いたようです。
私の体をゆさゆさと揺らしてきますが、無視して目を閉じたままでいました。

私が起きないとわかると、驚くことに彼は私の胸に触れてきたんです。
まさか同級生の男の子がそんなことをしてくるとは信じがたく、酔っぱらっていたこともあり、私は拒否をするきっかけを逃してしまいました。

こうなってしまっては完全に目が覚めていましたが、今さら起きることもできずに狸寝入りをします。
彼は服の上から胸をゆっくりと揉んできます。
数分のあいだは揉んでいるだけでしたが、そのうちにブラウスをまくり、下着をずらして、私のEカップの胸に直に触れてきました。

最初は胸をぐにぐに揉んだり、眠って横に流れた肉をたぷたぷとしたりと遊んでいるようでした。
はやく飽きて止めてくれないかと願っていました。
が、行為はだんだんとエスカレートしていきました。

指が乳首に触れました。
声を出してしまいそうになりましたが、なんとか我慢をしました。
乳首を指ではじかれたりしているうちに、徐々に感じてきてしまいます。

「……んっ!」
今度は濡れたものが触れました。
不意打ちの快感に身をよじらせながら、どうにか声をおさえます。
目を閉じているから、感覚がいつもより鋭くなっているようでした。

舌が触れたようです。
唇で乳輪をくわえ、唾液をまとわせた舌が乳首を転がします。
その刺激に、つい体をくねらせてしまいます。
そもそも、こんないやらしい行為拒絶しなきゃいけないのに、いつのまにか私の体は次の快楽を期待してしまっていました。

手が、体を這いながら下に降りていきます。
それだけで私は感じまくってしまい、腰がくねくねと動きます。
スカートをたくしあげられ、熱い手が下着に触れました。
そのときにはもう、恥ずかしいくらいびちょびちょに濡れてしまっていました。

「ぁっ、んん……!」
濡れた下着の上からクリトリスを揉まれ、とうとう我慢することができずに、声を漏らしてしまいました。
もう取り繕わなくても、相手もきっと私が起きていることには気づいているでしょう。

「っ……はあ、あっんん!」
少ししか刺激をされていないのに、すぐにイってしまいました。
私が体をビクビクさせていると、手早く下着を脱がされてしまいます。
抵抗もできずされるがままになっていると、秘部に熱く硬いものが触れました。

ダメ……。
それを許してしまったらまるで私、淫乱女みたい……。
そうは思っても、体はソレを望んでいます。
その硬いモノを中に突き立てて私をかき乱してほしい……。
ただただそのチンポを私の中に入れて、気持ちよくして欲しい。
ぐちゃぐちゃに犯してほしい。
もはやそのことしか考えられません。

その願いが通じたのか勃起したものが中へ侵入してきました。
「ぁああんっ!」
もう声も抑えられません。
奥まで入れられると、愛液なのか潮なのかわからないものがぴしゃっと吹き出しました。

これまで感じたことの無い背徳感のせいか、興奮と快楽は鋭く私の体を襲い、ピストンされて奥を突かれるたびに絶頂を迎えていました。
「あっ、あん!ぁああ!気持ちイイ!もうずっとイっちゃってる!」
お尻に相手の体が打ち付けられます。
部屋に、パンパンと音が響いています。

チンポを出し入れされるたびに、ぐしゃぐしゃのアソコが粘着質な音をたてました。
「奥……!奥突いて……!」
懇願通りに、激しく奥を穿たれます。
絶頂の波が積み上がり、怖い程大きな絶頂がそこまで登ってきていることがわかりました。
相手も余裕がないようで、ピストンが激しさを増します。

「ぁあ、あっ、あん!んんっ!」
来る……!
凄い気持ちイイの来ちゃう……!
「っ……っ!!!!」
感電したかのようでした。

激しい絶頂が、今まで感じたこともないような大きな快感が私を襲いました。
気持ちよすぎて、もはや声も出ません。
同時に彼も果てたようで、私の上にのし掛かり息を荒げていました。

その後、快楽の余韻に揺られながら私は眠ってしまいました。
目覚めたときにはきちんと服を着ていました。
そして幸いなことに、あんなにうるさくしたのにもかかわらず、誰も真夜中の情事に気がついた様子はありませんでした。

それに、変な話ですが、あの時誰としたのか結局わからず終いでした。
もし名乗り出てくれたら……、なんて思わずにはいられません。

 

管理人の戯言(´・ω・`)


コメントを書く