出会い系で「処女を捨てたい」というJKに会った結果・・・・・・・・

閲覧数: 8,515 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

今から15年以上前、遊びで出会い系サイトを使って色々と会っていたりしていた時の話。
自分は大学生(身長が175。体型は普通。顔面偏差値もそれなり。セックス経験もそれなり)
相手はJK3(ここではユウとする)。

最初はメールだけで他愛もない内容だけだったが、彼氏とか下ネタの話になったら、彼氏は今までにいた事がなく処女が判明。
キスもした事がないと。
そこから、なんとかJKの処女とヤッてみたい!という思いが強くなり、めっちゃメールしまくった(笑)

そしたら、ウチのアパートに遊びに来たい!しかも、泊まりたい!という展開に。
そして、約束の日(土曜日)に駅まで迎えに行った。
今と違って、会うまで顔はわからない。
身長とか体型は聞いてたが少し心配してた。

彼氏が今までいないならめっちゃブスの可能性もあるから、そしたら用事でも作って帰ろうかなとも少し思っていた
会ってみたら、普通の女の子。

この時は私服姿。
どこにでもいそうな純朴な女子高生っての感じ。
逆に、こんな普通の女子高生が初めて会う人に処女をあげるのか、と思うと興奮が止まらなかった!

アパートに着いてからもユウは少し緊張していたが、話していくウチに自然体になっていった。
夕方になってから、事前の約束でお酒を飲んでみたいと話していたから買っていたカクテルをお互いに飲んでいった。
ユウも少し酔ってきて下ネタにも乗ってきた。

「思いきってチューしちゃう?」って振ったら、「してみたい!」って言われたからキスした。「舌も入れてみる?」って言ったら、頷いたから、舌を入れた。
舌を絡ませたらビクッと反応して、ちょっと感じてた(笑)
舌の感触に驚いたらしい。

処女らしい反応だと思って、この時点でかなりギンギン状態。
そして、ユウには制服を持ってこさせていたから、着替えさせた。
今思うとバカ(笑)

制服姿になると普通な女の子も可愛くなるなと思った。
ここからは制服プレー(笑)
また、ディープキスをめっちゃして、ユウのビクビクする反応を楽しんでから、制服の上からおっぱいを触った。
大きめのおっぱい。Cカップだと教えてくれた。

その時に、「本当に初めてだから、優しくしてください。」って言われたから、興奮しまくり。
制服のYシャツを脱がし、ブラジャーを上げておっぱいを揉んだり、乳首を舐めたりした。
ユウは恥ずかしがっていたが、舐められたりしたら息が荒くなってきた。
乳首は少し陥没気味だったが、たくさん触ったり、舐めたりして立たせた

次に、オレが横になってフェラさせた。
チンチンを見るのは父以外で初めてらしく。
見たり触る事で照れてたがフェラの仕方を教えた

最初はチンチンの先を舐めるだけだったが、少し手を使ってシゴいたりさせた。
吸わせてエロい音を出して舐めたり出来るようになった。
そこから、玉袋を舐めさせたりアナル近くまで舐めさせた。
かなり疲れたみたいだったが、オレのチンチン付近はユウが舐めた事でデロデロの状態。

次はオレがユウのマンコを責めた。
制服のスカートはそのままでパンツだけ脱がした。
脱がした瞬間にユウは手でマンコを隠したが振りほどいて見てやった。
かなり恥ずかしがっていた。
毛はそれなりにあった。

目の前に処女のマンコ。
太もも付近から少しずつ舐め始めた。
ユウは「イヤ!イヤ!恥ずかしい!」って言ってたが、舐め続けた
そして、マンコを舐めた。

そしたら、ユウが「あっ!!」って大きい声で反応したから、もっと舐めてやろうと思ってめっちゃ舐め続けた。
「ダメ!あっ!そこは!」と連発。
処女のクセになかなかエロい言葉づかいだなと思ってMAX状態。

「そろそろ入れてみる?」
「うん。」
「ゴムする?」
「え?初めてだから、わからない。◯◯君に任せる」
「じゃ、ゴムしないでやるよ!」

ユウと荒い息づかいの中で話した。
そして、正常位でゴム しないでユウの処女のマンコに入れた。
「痛くしないでね…」
そう言ったユウの顔が少し歪んだ。

オレのチンチンの半分も入らない位に狭い。
少しずつ奥に入れていった。
「痛い?」
「少しだけ。」
それを繰り返していて、ゆっくり腰を前後に動かしていた。

「◯◯君ゴメンね。もっと動かしたいよね?」
「大丈夫だよ!」
ディープキスしながらゆっくりやっていった。
そしたら、「痛くなくなってきた!」
ユウが言ってきたから、
「じゃ、今から激しくしちゃうよ!」
「ダメ!約束が違う!!」

ユウは本当に焦っていた。
そんなやり取りがあった後はチンチンをもっと奥まで入れた。
ユウは今までより大きい声で喘いだ。
それから激しく突いていたら、ユウが両手でシーツを強めに掴みながら、「イヤ??!」とエロい声で反応した。

ユウはイッた!
処女でイッた!
「ヤバイ!頭が真っ白になった!」と話してくれた。
「これがイクって状態だよ。」と教えた。
「次はオレがイクよ!」
「え?どういう事?」
「じゃ、教えてあげる」

ユウがまた喘ぎ始めて、激しく突きまくって射精した。
中に出そうか迷ったが精子を教えてやろうと思い、おっぱいに出した。
おっぱいとかユウの首の辺りに沢山飛び出た。
制服にかからなくて良かった(笑)

「何?この白いの??」
「これが精子だよ。マンコにこれが入ると子供が出来るんだよ!」とティッシュで拭きながら教えてあげた。
「ユウ。キレイに舐めて?」
フェラさせた。

油断した。
なんと2回目の射精をユウの口の中にしてしまった。
「んんん??!!」
って、ユウはかなりビックリしてた。
吐き出さなかったが、口の中にオレの精子。

「それ、飲めるよ!」
「んん??」
歪んだ顔のまま、飲んでくれた。
「美味しくない。」
ユウの反応だったが、処女のJKに飲ませた優越感はヤバかった。

まだギンギンのチンチンだつわたから、ユウのマンコにまた入れた
突きまくって射精。
次は太ももに出した。
スカートに少しかかってしまった。

やはり、処女のマンコは気持ち良かった。
遅漏のオレが3回もイカせてもらった。
女子高生の処女とタダでヤれたし、それからかなりの間はヤりまくった。

オレが気持ち良くなるフェラとか覚えたから、かなり口だけでもイカせてもらった。
マンコもかなり気持ち良かった。
中には出さなかったが、かなり楽しませてもらった。
相手に彼氏が出来た事で会うことは無かったが、彼氏もあのフェラにはやられていると思うな(笑)

 

管理人の戯言(´・ω・`)
女はなぜ急いで処女を捨てたがるのか・・・


コメントを書く