【棚ボタ】バイト先の店長と不倫してるJKの相談に乗ってあげてたら・・・・・・・

閲覧数: 5,367 PV

※このエロ話は約 6 分で読めます。

俺が若い時の話なんだけど当時バイト先にマユとチカって名前の高校生が二人いた。
マユは大人しい感じの子で、笑うと八重歯がかわいいスピードのhiroにちょっと似てる感じ。
チカは一生懸命大人になろうと背伸びしてる感じの子で、高校生の癖によく遊びにつれてけとか言っていた。
容姿はスレンダーな体系で矢田亜希子をちょいケバくしたような感じでエロい雰囲気を醸し出す子だった。

二人はそのとき同じ高校に通ってて、顔見知り程度の関係で、俺はそのうち仲良くなって、チカってほうに目をつけてよく遊びに誘っていた。
向こうも結構乗り気で二人で遊ぶうちにだんだんお互いのことを話すようになってきて、チカの悩みとかを聞いた。

そうしたら彼女はバイト先の30歳の店長(妻あり)と不倫関係をしていたw
でもやっぱり悩みはつきないらしく、話しやすいお兄さん的な俺と過ごす時間のほうが楽しくなってきたらしい。

そんなある夜、いつものように遊んだ帰り、俺の家に行きたいと言い出した。
「チャンス!!」そう思ったのだが、実はそれはなかなか難しい問題だった。
そのとき俺は実家に住んでて、親と同居していたので、夜中に連れ込むのはなかなか難しかった。
両親は夜遅く寝るほうだったので・・・。

でも俺の愚息は、もうチカの裸体を想像して、パンパンになってきたので何とかしようと思い、とりあえずタクシー拾って、家までつれていくことにした。

タクシーに乗っている間、チカはいい気分になってきたのか、俺になだれるように寄り添ってちょっと恥ずかしそうに、遠まわしに俺のことが好きだみたいなことをボソボソいいながら、手のひらを指でいじくったり、じっと目を見つめてきたりしていた。

服装は黒い彼女なりに大人っぽい格好のつもりだったのだと思うけど、俺にしてみればまだ子供っぽいところもあるチカにその格好はよけいエロく感じてたまらなかった。

とりあえず家についた俺は裏手にチカを待たしておいた。
一人で家に入ると案の定、親父が居間で酒を飲みながらテレビを見ていた。
適当に会話をして台所に回り、裏の勝手口を開け、ごみ袋を捨てる振りをしてチカを中に招き入れた。

「俺が親父と話している間に四つんばいでこっそり通り抜けて二階の俺の部屋いけ」、そうタクシーの中で話しておいた。
うまくチカは俺の部屋までなんとかたどりつき、俺も親父にもう寝るよとかいいながら二階にあがった。

チカは俺の部屋に前は昼間に来たことがあるので迷わなかったようだ。
布団の中にもぐりこみ、クスクス笑ってた。
「やばいよねー、大丈夫かなぁ?」とか言いながらチカは笑う。

俺も心臓バクバク言ってたのですんげー興奮していた。
部屋を暗くして、布団の中でしばらくクスクス笑いながら、チカを軽く抱きしめるような形で寄り添いあいながら話をしていた。

そのうちたまらなくなった俺は、チカの髪をそっと触ったり、頬をなでたりしていると、チカも気持ちよくなってきたのか、うっとりした表情をうかべはじめ、唇をそっと重ねてきた。

「ねぇ、俺君はアタシのこと好きなの?」
「好きじゃなかったらこんな危険冒して家つれてこねーよ」
「ん・・・・」

そしてチカの唇をねぶるようにキスを繰り返した。
そっとチカの体に触れる、おもったより細く、その肌触りに俺は爆発しそうだった。

「くすぐったいよ、あはは」
チカはそう笑っていたが、目がすでにトロンとしていて、エッチモードのスイッチがはいっていた。

キャミの上から胸を触るとピクッとチカは動き、「うんっ・・・」と小さな声をあげ、両手を俺の頭ごしに絡みつくように抱きしめてきた。

チカと頬と頬がくっつきあい、あつくなっているチカの体温を感じた。
俺はそっと布団の中でチカの服をたくしあげて、脱がした。
「恥ずかしいってばぁ」
まだチカはおどけようとする。
そんな態度がますます俺を興奮させていた。

俺の部屋は窓が結構おおきかったので月の光が結構とどいて電気は消していたが、ぼんやりそのうちチカの姿がよく見れるようになってきた。

「しろいなぁ・・・綺麗だなチカ。」
「・・・・・・・」

チカは恥ずかしそうにだまって俺の手をつかんでいる。
そっとブラをはずし、パンツにも手をかける。
その間も体を密着させキスを繰り返しながら。
ここで処女だったらまだもう少し時間かけて脱がすつもりだった。

だけど、まぁ不倫してるくらいだからエッチはしてるだろうと、対応の仕方を変更することに決定。
チカの全身をまずは舌先でそっと愛撫する。
「うぅん・・・」
チカは結構敏感なようだった。

やがて、その舌先を乳首の周りに移動し、くるくる回るように乳首の感触を舌先で味わう。
「はっ・・・はん」
チカはまたピクピクっと体を動かした。
チカの乳首に俺の唾液がツヤツヤ光ってるのを見て、馬鹿な俺はまた興奮したw

「チカ、けっこうエッチ?」と俺が聞くと、「しらないよー、でも気持ちいいの・・」ちょっと恥ずかしそうに笑いながらチカは俺の顔をみてくる。
だから俺はチカのアソコに手をのばすことにした。

「あ・・・やだぁ」と手で隠そうとする。
俺は無言でその手をそっとのぞき、チカのアソコをゆっくりとソフトになでると、ビクッと体が大きく動いた。

こいつ、やっぱり結構えろいなーそう思いながらチカのアソコをゆっくりと愛撫する。
肉と肉の間に指をそっとしのばせると少し濡れてきているようだった。

「チカ、濡れてきてるぞー」
「ううー、しらな・・・あんっ・・」

しゃべりたいらしいが俺が触ると声にならないようだ。
「あんま声出すと、親父か、お袋が気が付くぞ」
「だって・・だって・・・」

チカは一生懸命声を出さないように我慢してるようだ。でも俺が触るとまた声が出てしまう。「あ・・・はぁ・・・・あんっ・・」
どんどんチカの愛液が出てくるのを見て俺は無性にチカのアソコを舐めたくなった。

そこで布団の中をずりずり下がっていく。
「あ、、何するの? ああ・・だめぇっ」と言う頃には俺の舌先はチカのクリトリス周辺をとらえていた。

「うぅん!あ・ああっ」とチカはたまらないのか両手でアソコを庇うように持ってくる。
当然俺の頭が邪魔して、防げないのだが。
じゅるじゅる・・・くちゅくちゅ・・・いやらしい音が静かな部屋にただ流れて、その音が余計恥ずかしいらしい。

「やだぁ・・・はずかしい・・ああ・・あんっ」と声を出し始めるが、クンニされたことないかなぁ?そんなことないだろと、そう思いながらクンニを繰り返す。

クリの周辺から徐々にそして直接舐めたり・・・そのうち同時に指も入れてGスポットをゆっくり押したりしてみると「あ・・ああ・・・ねぇ・・・あああ・・・!」と急にチカがいつもより激しく動いた。

正直びっくりした。
俺は恥ずかしながらそれまで女を前戯でいかせたことが無かった。
しかもチカも初めていったらしくて、しばらく呆然としていたみたいだった。

「あ・・はぁ・・・・」
「大丈夫か?」
「うん・・・」
「なんかすごい気持ちよくて・・・」
「頭が白くなってきて・・・」

そんなチカを見た俺はたまらなくなって、入れたくてしかたなくなった。
「チカ、いくよ。」
「・・・・・・・・」

チカはさっき逝ったのがまだ効いているのか、すこしボーっとした顔で小さくうなずいた。グ・・・ググ・・・俺の愚息が小ぶりなアソコに埋もれていく。

すると俺の愚息がはいってきたので目がさめたのか「あああ・・あああん!!」とかなり大きい声を出した。
やばいよ~やばいよ~と出川みたいに動揺しつつ、一瞬動きを止めて、あたりの様子をうかがったが物音がしない。

再び動きだした俺はゆっくりチカのアソコを味わう。
「ねぇ・・・俺君・・・・あ・・・」
「あああはぁっ、んっあぁん!」

チカの声は止められないようだ。
そのうち俺もどうでもよくなってきた。
チカは俺にからみつくように両手を回し、何度も「好き」と繰り返した。

月明かりに照らされたチカを上から見ると、すんごいエロク感じてすぐに俺はいきそうになった。酔ってたせいもあるのかそれをとめることはできなかった。

「あ、、チカ、、いくよ・・・」
「んっ!んっ!んんんっ!」

チカは返事にならない声をあげて俺を見つめる。
・・・・そして俺は果てた。びくびくっと彼女の中にはいっているコンドームにそのまま放出した。

その後、コンドームを抜き取って果てた俺の顔を見てチカはちょっとはずかしそうな顔をして抱きついてきた。

「ねぇ、好き。つきあってよ。ねぇ」
「ああ、そのつもりだったよ、最初から」

そしてまたキスをして、チカとしばらく裸でおしゃべりした。
そのうちチカはスースー寝息を立てだした。
うーん、なんか本気になりそうな気がしてきたな・・・そう思いながらも俺も眠気に勝てず、そのまま寝て翌朝になった。

そして、親父たちがいなくなるまで布団の中にチカを隠して、自宅にあった車でチカを送った。
後日、親父に聞いた話では、俺が女を連れこんでるのはバレバレだったらしいw

 

管理人の戯言(´・ω・`)
もう一人のJK、関係なかった件・・・


コメントを書く