【ビッチ】微乳好きの年下イケメン君にお持ち帰りされた結果・・・・・・・

閲覧数: 4,513 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

去年の暮れのこと。
職場の友達何人かで飲みに行きました。
みんなお酒ダイスキーなんで、週の半分は飲んだくれております。

その日も仕事や内輪のバカ話で盛り上がり、盛り上がりすぎて閉店時間になり、飲み足りない私と友人T(♀)だけ、当然のように2軒目へ。
チャリ2ケツで夜の街を疾走です。

そこはテーブルがそれぞれ炬燵になってるお気に入りの居酒屋。
店長がかっこ良くて、それ目当てで通ってるってのもちょっとある。
とりあえず駆け付けビールで乾杯。何度目だ?

チャリが効いたのか、かなりおかしなテンションにw
とそこへ、たまたまTの友達の♂3人が登場。
Tはほぼ毎晩飲み歩いているので、飲みツレがやたら豊富です。

Tは遠距離恋愛、私は別れかけの彼氏がいて、お互い♂関係は(´・ω・`)ショボーン大半。
T「おー、何、今日も男ばっかでつるんでんの?」
♂「お前もやん、人のこといえねっつーの」

そこで初対面の私(C)が自己紹介。
何と♂3人は23歳とか24歳とか・・・年下ですか、そうですか。
私は27歳、Tは28歳。二人とも童顔でやせっぽちなんで、よく言えば若く見える、悪く言えばガキっぽい。

まあ年下のかわいいやんちゃ君達と、おねーさんが遊んであげようか、ってな気分でさらに乾杯。
だから何度目(ry


♂3人は結構ノリも良くて、よく笑いよく飲むいい子達で、特にRはふわふわ頭に眼鏡にヒゲでおまけに声が柔らかくて、正直モロ好みでした。
いい男がいるとお酒もおいしいもんです。

凄いペースでビール&焼酎&ビール。
もうね、おねーさん今日は酔っちゃうよ。
君ら無事に帰れないよ?
冗談はさておいて、そのうちにお酒&炬燵効果で、本気でふにゃふにゃになってきました。

この辺からあんまり記憶が定かじゃない。
隣に座ってたRがときどき頭をなでなで~、ほっぺたすりすり~
ってしてくれるのがとてもとても嬉しくて、甘えて寄りかかってたっぽい。

Tによれば、服の匂いをやたらかいでいたらしいw
男の子の匂いって、何かメチャメチャときめくんですよw(←変態?)
そのうちにどうやらちょっと眠っちゃったらしくて、気がついたら炬燵の中でRが、私の脚に手を乗せて優しくなでていました。
あ~、それもアリだな。と薄れゆく意識の中でウットリ。

↓こっから記憶ナシ。
そんで2時、閉店と同時にみんな解散したらしい。
Tはすっかりおネムモードで、私を置いてさっさとチャリに乗って逃亡したらしい。
もう勝手にやっとけー、ってな感じだったそうな。

♂二人も同様に逃亡。
残されたRは、私をおんぶして近所の彼のアパートまで連行。
実は連れ去られる途中でさすがに目が覚めたんですがw
意外とヘタレなんで、寝たふりしてました。

彼の部屋に着いて、とりあえずコートを脱がされ、ベッドに寝かされ、Rはキッチンに行って何かやってます。水を飲む音。私はまだ寝たふり。
ベッドサイドに戻ってきて座り込み、私の髪をなでます。

そしてその手がほっぺたに、耳に、くちびるに。
すっごいドキドキして、頭ががんがんします。
ふわっ、とキスされました。
さすがにもー限界!!!もームリ!ってんで「んー」今起きたふり。

「・・・あれR?皆は?ここどこ?」
わざとらしすぎですw
Rは頭をなでなでしながら
「Mねー俺にくっついたまま寝ちゃったからつれてきた。ここ俺んち。」
「ふいー・・・」
「はい、水」
「ありがと。」
「で、どうする?泊ってく?つか泊ってって。Cかわいすぎ。」
「・・・」

心臓ばくばくです。頭がんがんです。
久々にこんな雰囲気になったんで、何も言えません。
てかヘタレなんで。
書いてても恥ずかしい。。。

泥酔してても、一度覚醒すると、その後のことって結構しっかり覚えてるもんですね。
なんて言うか、頭は結構はっきりしてるのに、行動がコントロールできない感じw
私が何も言えないでいると、Rがまたキスをしてきました。

今度のもまたふわっていうキス。もいっかいキス。またキス。
おっきな手が首すじを撫でてます。首弱いんで声が出そうになりました。
Rが唇を噛んできたとき、やっと私の中の人が「ゴー(゜∀゜)」と言ってくれましたw

Rの首に両腕を回して引き寄せ、Rの舌を受け入れます。キスうま過ぎ。トロトロ。
えっちぃキスをしながらRは私のセーターの中に手を入れ、ブラの上から胸を触ってきました。

私「んー、おっぱいちっちゃいんだよぅ。。。」(65B←恥)
R「そんなことないよ、てか俺、微乳大好きw」
と言いながら背中に手を回してブラを外し、乳首を優しくつねるR。

「んっ」
声が出ちゃいます。
乳首も弱いんです。
バンザイして服を脱がされ、上半身裸に。酔ってるせいかちっとも寒くありません。
微乳好きwの彼は私の両腕を頭の上で押さえつけたまま、胸を撫でます。

もともと無い胸がさらにぺたん子になって私は恥ずかしいのに、Rはえらく気に入ったようで、やらしくなでなでしたり乳首をこりこりしたり。
顔を胸に近づけ、べろん、といきなり大きく舐め上げられて、
「んやっ」
大っきい声が出ちゃいました。

Rは「声がまんして」って言いながられろれろって乳首を弾くように舐めてきます。
甘噛みしたり、指でつねったり。
「んくっ・・・やぁ。あっ、あん、だって」
あご髭がざりざり当たるのが、くすぐったくて萌えでしたw

両手を押さえつけられてるのも、さらに萌えー。
わきの下を舐められて、「やんっ」てまた大っきめの声が出ちゃいました。
「我慢してって言ったやろ?」
Rはそういうと、乳首を強めにつねって引っ張りました。。

んで有無を言わさずジーパンを脱がされ、手際よく私の身体をひっくり返すと背中や首筋に軽く噛みついてきました。
「ひゃっ」
もうダメ、実は私けっこうMです。
このシチュは堪らんですw

さっきまでかわいくて優しい感じだったRが急に鬼畜モードに変わったので急激に濡れてくるのがわかりました。
もうされるがままw
酔ってたのもあって、えっちぃ声がとまりません。

背中やわき腹への愛撫が徐々に下に降りていったと思ったら、お尻を持ち上げられました。
いわゆるワンワンスタイル。
でもパンツはいたまま。
きっとシミできてるよー

私「やだー恥ずかしいよーお風呂入らせてよー」
R「じゃああとで風呂入ってもっかいしよw」
その態勢のまま、爪でツーッと背中のラインや脇をなぞられたり、ふくらはぎやかかと、足首をなでられたり、おっばいギュッて掴まれたりして遊ばれた。。

R「Cピクピクなっててかわいいwきもちいい?」
私「やだ・・・恥ずかし・・んっ。やっ。」
R「すっげ濡れてきたよ。透けそう」
私「もー。じろじろ見るなー。・・・ねえ」
R「何?」
私「そこ。。。いじって。」

R「どこ?」
私「もうー。んん・・・アソコ・・・」
R「wここ?」
で私のお尻を両手でつかんだかと思うと、いきなりパンツの上からアソコを舐められましたー!!

そっからははっきし言って、気持ち良すぎて、あんまり何されたか覚えてないんですよ。。
何かもう「飛んじゃった」って感じで。
なかなかパンツを脱がしてくれず、直接触って舐めて欲しくて駄々をこねたり。
やっと脱がしてもらったのにまたおっぱいや背中ばっかり愛撫されてじれたり。

泣きそになってたらやっと舐めてくれて、指いっぱいいれられながら言葉攻めされたり。
ヒザが震えてもーダメって感じでした。
きっと脚の方までベタベタだったはず。。
四つん這いの私に後ろからのし掛かって肩を抱え、大っきい手でアソコをぐっちゃぐちゃにされました。

何回かイっちゃって、クリがじんじん、アソコがビクン、ビクンってなるのがわかりました。
ハァハァが収まるころにやっと気づきました。
Rまだ全然服脱いでないー!!

そっからは私のご奉仕ですw
初めてなのでどこが感じるかわからなかったから、とりあえず持ってる知識と技を駆使して、いろいろしてみました。
アゴから始まって首筋や喉仏、乳首、肩、指などフェチ根性丸出しで舐めたり噛んだり。

彼のアレは大きさもなかなかなんだけど、形が凄くキレイだったので萌え。
やりがいがありましたw
チンコに愛すら覚えました。
熱中しちゃった。
かなり感じてくれたみたいで嬉しかった。

このままいかせてあげたいなーって思ってたのに、突然口からアレを抜くと、私の顔をのぞき込み、
「どーしよ、めっちゃ挿れたいんやけど、ゴム無い」
ここまで来て出来ないなんてヽ(`Д´)ノウワァァン!だったんで、
「ナカじゃなかったら無しでいいから。。」

するとRは私を持ち上げ、彼の上にまたがらせ、そのままIN。
プチュって音がするくらい濡れてた。。
そしてかなり激しく下から突き上げられました。
身体が浮いちゃうくらい。もうロデオ状態w
奥までガツガツ当たってて、頭真っ白になった。壊れるかと思った。

「やば、ダメ、やっあああああんっぃ、イっちゃうよっ」
「いいよ、イって、いけっ」
ぽーん、と吹っ飛びました。
身体に力が入らない。
揺れすぎて気持ち良すぎて酔いが回って逆に気持ち悪くなり、ヴーってなってたらRが身体を起こして、私を抱っこして対面座位に。

頭をなでなでしてくれて、まったりキスしながらゆっくり動いてくれた。
私ここで確実に恋に落ちましたw
R「俺もイっていい?」
勿論です。
最後は正常位でナカまでいっぱいに犯されてお互いいきました。
てか私のがまた先にイっちゃった。

おなかの上にたっぷり出たのを拭いてくれたあと、私の横にゴロンてして、
「すっげ良かった。惚れちゃいそう」って言ってくれた。
初めて身体を合わせたとは思えないくらい、メチャメチャ気持ちよかったです。

でラブい感じでイチャイチャしてたら、二人ともいつの間にか寝ちゃった。
次の日はえらい二日酔いでw
お互い仕事ずる休みして彼の部屋でダウンしてました。
もちろん数回いたしました。
若者万歳。

支援してくれた方々、ほんとにありがとうです!
あー緊張したー。

後日談
勿論、Rと付き合い始めましたとも。
Rは酔ったらエロエロ鬼畜モードになるのでもっぱら酒を飲ませてからしてますw

因にTはかっこいい店長を落とそうと今奮闘中ですw
ほな、また。(=゜ω゜)ノ

 

管理人の戯言(´・ω・`)
使い捨て性処理女子の匂いが・・・


コメントを書く