【衝撃】身持ちが堅い妻が痴漢達の性欲処理に使われていた・・・・・・・

閲覧数: 10,967 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

半年前、妻の綾(34歳)が仕事を始めました。
息子も中学生になり手が掛らなくなった事が一番の理由だったと思います。

高校卒業後、数年OLをしていた妻でしたが、結婚・出産で仕事を辞めて専業主婦をしている妻。
今さら仕事が出来るんだろうか?
すぐに音を上げるだろうと思っていました。

自宅近くの駅から4駅先に私の会社はあります。
妻が働き始めた会社は更に2つ先だと聞いていました。
出勤は私が先に出掛けるので、妻が乗るのはたぶんその数本後。
帰りも妻は定時で上がるので、会う事はありませんでした。

その日は珍しく上司が定時で帰宅するらしく、「打ち合わせ資料は明日でいいや」と言い残し帰って行きました。
私も他の仕事は全て終わっており、打ち合わせ資料も8割程出来ていたので、たまには早く上がるかと思い、帰宅準備を始めたんです。

会社を出て駅に向かうと帰宅ラッシュ!
いつもより2時間以上も早い帰宅は久々で、「こんなに混んでたっけ・・・」なんてブツブツ言いながら混み合う電車に乗り込みました。

朝と同様、押される様に奥に進み、反対側のドア近くの手摺りに掴まる事が出来たんです。
電車に揺られる中、私は少し先に居たOL風の女性に目が行きました。

彼女は後ろ姿で、反対側のドアに身を寄せていましたが、なぜか俯き加減です。
スマホでも見ているんだと思いましたが、時おりビクッと動くんです。

電車がカーブに差し掛かり、人の動きと同時に彼女の下半身が一瞬見えたんですが、明らかに痴漢されている感じで、誰かの手がスカートを捲り上げて中に入っているのが確認出来ました。

女性には悪いんですが、今までも何度か痴漢されるシーンを見た事があり、いつもそれを見て興奮していた私は(ラッキー!)とばかりに彼女の姿に興奮してしまいました。

どさくさに紛れて彼女に近づき、弄ばれる姿を見ていたんです。
痴漢していると思われる男性はお腹ポッコリの中年で、良くて中間職って感じでした。
澄ました表情で、指を巧みに動かし女性の性器を弄っている様です。

痴漢をする為なのか、リュックタイプのカバンを背負って両手を使えるようにしています。
やがて痴漢がスカートの裾を更に捲り上げると、女性は既にストッキングとパンティを太腿半分位まで下ろされていた様でした。

(もう穴の中にまで指を入れられているんだ!凄ぇ~)
正直私の股間もギンギンに大きくなっていたんです。
怖さからなのか、女性は何の抵抗も見せません。

痴漢はそれを良いことに彼女のブラウスの下の方のボタンを数個外し、中に手を入れ胸を揉み始めていたんです。
(痴漢されて感じているんだろうか?)
なんとなく女性の方も痴漢される事を望んでいる様にも見えます。

綺麗なストレートヘアー(ちょっと茶髪)に色白の肌。
太腿の肉付きから見て20代後半~30代前半だろうか?
後ろ髪美人?淫乱妻?
色々な妄想が頭を過り、心臓はバクバクして興奮が収まりません。

恐らく辺りにいる男性達も彼女が痴漢されている事を知っていると思われ、私同様、彼女の弄ばれる姿に興奮し股間を熱くさせているようです。
そんな事を思っていると、彼女のお尻に触れる2本目の手が・・・。

痴漢男性は片手は胸に、そしてもう片方はスカートの中です。
明らかに他の誰かが彼女の姿に我慢出来ず、手を伸ばしたんでしょう。
(2本の手でアソコを弄られている・・・いや・・・アナルにまで指が入っているんじゃないのか?ここまでされて何の抵抗もしないんだから、きっと痴漢されて感じまくっているんだろう!)
そう思うと、どんな女性なのか気になり始めたんです。

美人なのか?
案外、後ろ姿美人のブス?
彼氏や旦那は居るんだろうか?
だとしたら男はどう思うんだろう?
馬鹿な想像で股間はMAX状態!

ガタン!!!!
突然電車が揺れ、彼女の顔が一瞬窓越しに映りました。
(えっ、他人の空似?)
毎日毎日その顔を見ている・・・妻でした!

自分の妻が目の前で痴漢されている。
そんな場面なのに、怒りや嫉妬ではなく、異常な興奮が私を襲い、股間は覚めるどころか熱くなる一方でした。

Dカップを汚らしい中年に揉まれ、白い肌、綺麗な筋マンが男性2人の指で犯されている。
私も試したことのないアナルにまで指が入り、犯されている(想像!)。
そう思った瞬間、妻のタイトスカートが捲り上がり、白い桃の様なお尻がお披露目されたのです。

1本の指が明らかにアナルに入って出し入れされていました。
(想像ではない!現実に犯されていた!)
ここまでほんの数分だったと思います。
しかし私には長い長い時間にも感じられました。

電車が自宅のある駅に近付くと、痴漢は妻が降りる駅を知っているかの様に指を抜き、スカートを戻すと同時にブラウスのボタンを閉めたんです。
ドアが開くと、妻は急ぎ足で駅のトイレに向かいました。

(妻は毎日痴漢に・・・)
直感でそう思いました。
電車は走り去り、駅のトイレから出てくる妻に偶然を装って近づき、「一緒の電車だったんだな」と声を掛けました。

妻「あっ・・・ビックリ!珍しく早かったのね?」
私「まぁね。一緒に帰宅なんて初めてかなぁ?」
妻「そ、そうね・・・」
先程まで痴漢されていた妻!
今すぐにでも襲い掛かりたい気分でした。

そして夜、シャワーを浴びた妻が寝室に入って来たところに襲い掛かりました。
妻「どうしたの?もう」
私「いいだろう!俺・・・我慢出来ない」
妻「ちょっと待って・・・ねぇ・・・」

ベッドに押し倒して服を脱がせると、中年男性に揉まれていた白いマシュマロみたいなおっぱいを口に含み強く吸いました。
(俺はこの女の胸を揉むだけではなく、舐める事だって、吸う事だって出来るんだ!)
興奮状態でそんなことを考えていました。

男2人に指で犯されたマンコは既に汁が溢れテカテカと光っている。
(ここも犯されたんだ!)
そして後ろにヒクヒクするアナル!
(ここまで指を入れやがって・・・)
私は妻に無許可でアナルに指を指し込みました。

妻「あなた・・・どうしたの?ヤダ・・・そこは・・」
そう言いながらも妻は手を振りほどくこともなく、ハァハァと息を荒らし、マンコからは更に汁を溢れさせていました。
(やっぱり妻はアナルも感じるんだ!痴漢されて悦んでいたんだ!)

その時、私は確信しました。
妻は私と付き合う前に数人の男性経験を持っている。
そうは言っても結婚後は身持ちも堅く、他の男性との関係はないと思っていました。

身長160cm、体重52kg、Dカップ、色白な肌にちょっとムチッとしたお尻。
まあどこにでもいる30代の人妻ですが、裏の顔は・・・。

帰宅はいつも今日の電車だと聞きました。
また、仕事を早く切り上げて、あの電車のあの車両に乗ろうと考えています。
そして、妻に痴漢の事を聞き出しながら、痴漢プレーを楽しもうと思っています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
気付くの遅くね?w


コメントを書く