【マジキチ】自慢の巨乳妻を悪友二人にキャンプでレイプさせた結果・・・・・・・・

閲覧数: 8,559 PV

※このエロ話は約 7 分で読めます。

私は30歳になる寝取られ願望のある男性です。
妻(26歳)とは2年前に結婚し、まだ子供はありません。
妻は芸能人の西野カナさんに似ていると言われ、スタイルはちょっとぽっちゃり系。
Fカップの持ち主でMっ気がある可愛らしい女性です。

夜もいい声で鳴きますし、道具もOK!
激しい時は1晩に3回はイキます。
しかも手を縛ったり、目隠ししながらするプレーでは特に感じてくれるんです。
そんな妻を見ている内に、他人に抱かれる姿を見てみたいという願望がふつふつと湧き上がってきていました。

ある日、私は学生時代からの友人3人で飲みながら妻の寝取られ願望を打ち明けると、「いいのか!あんな可愛い奥さん寝取られても」と言いながら友人達は股間を熱くさせ、私の話に夢中になっていました。

「まぁ、何となく分かる気もするけど・・・」
「だろう!あいつが他人にヒィヒィ鳴く姿を想像しただけで勃起するよ」
「昔と何も変わっていないな」

じつは私は学生時代にも彼女を寝取られさせた経験があるんです。
酒で酔った彼女を友人が強引に犯しちゃったんですが、私公認でした。
凄く興奮し、彼女が犯されるところを見ながら射精しちゃったんですよ。
その頃から寝取られ願望が強かったんです・・・。

「なぁ、今度奥さんのエッチな姿見せてやろうか?」
「どうする?」
「キャンプってどうだ?」
「キャンプって言ってもテントとか高いんだろ?」
「バンガロー借りれば安価に出来るでしょ!友達からキャンプ用品借りて来るよ」
「そうだな!行ってみるか」


今年は10月に入っても暑い日が続き、ちょっと遅いキャンプだったが問題は無かった。
妻にもそれとなく聞いてみると、「キャンプ?楽しそうだね」と良い返事だった。
キャンプ当日、私は妻と一緒に車でキャンプ場に向かいました。

時期外れもあり他の客の姿はありません。
友人の太一と圭介は既に到着し、荷物を運んでいました。
「おっ!来た来た。荷物運ぶの手伝って」
「悪い悪い!ちょっと遅くなった」

山の斜面に点々と建てられたバンガローは20個位はあっただろうか?
木々が生い茂り、隣のバンガロー以外は案外見えない設計だった。
細い道をくねくねと登ると、目的地のバンガローがあって私自身も迷う感じでした。
2回往復し荷物全て運び終えると、既に15時を回っていました。

「早速、夕食の準備始めようか?暗くなると大変だから」
「そうだな!」
そう言いながら火を起し、鉄板に切った野菜や肉・魚介類を乗せ、焼き始めたんです。
火を起して1時間程経った頃にはいい感じに食べ物が焼け、テーブルに着いた私達はビール片手に夕食を食べ始めたんです。

「たまにはこういういいね!」
「でしょう?奥さんキャンプ初めて?」
「ん~初めて!」
「こいつ!女子高だったから、こういうのしないでしょ」
「女子高!じゃ、高志が初めての男?」

「えっ・・・恥ずかしいなぁ!」
「良いじゃない!教えてよ」
「一人だけ付き合ってた・・・」
「何だ!処女じゃ無かったんだ!」
まぁ初めから知っていた話ではあったが、友人に突っ込まれると妻が中古みたいな感じがして嫌な感じがした。

友人は酒の勢いからどんどんエッチな会話で盛り上がり、妻も困りながらも素直に答えていました。
夕食を始めて3時間も過ぎると辺りはすっかり暗くなり、後片付けをした私達はバンガローの中へ移動して飲み直していました。

「なぁ、本当にいいんだな?奈々ちゃん食べて」
「ああ」
時間は既に20時を回り、妻もいい感じに酔っていた。
その頃になると太一が・・・。

「キャンプと言えば怖い話でしょ」
「始まったな!太一の怖い話!」
「ヤダ!私、怖いの駄目なの!」
「奈々ちゃんの怖がるところ見たいから、ちょっと怖い話します」
そうして太一はお決まりの怖い話を始めました。

妻は耳を塞ぎながらもビクビクし私にしがみ付いて来ます。
「俺!もう限界、ちょっと横になるわ」
そう言って奈々の隣で横になりながら目を瞑り、友人の下らない怖い話を聞いていました。
「私、もうダメ!怖くて寝れないわ」
「まだ!こんな話は序の口だよ」
「えぇ~、もういいわ!私、泣いちゃいそうだし・・・」

奈々の怖がる姿を見ながら太一は次の話を始めていました。
21時を回った頃、奈々に異変が・・・。
「そうしたの?奈々ちゃん」
「ん~おトイレに行きたいんだけど・・・」
「行って来ていいよ!」
「だって、トイレ遠いし・・・」

「そうか?ずっと下だしなぁ・・・。トイレは不便なんだよな、ここ」
「外でしたら、見ないから大丈夫!」
「でも・・・怖くて1人で行けないわ」
奈々が何度も私の体を揺すっていたが、私は寝たふりをしていました。

「じゃ、ついて行ってあげるよ」
「ごめん!」
3人がバンガローを出て行ったので、私もすぐに後を追って行ったんです。
暗闇に光る懐中電灯がどんどん下に向かい、トイレへ向かって行きました。

「ここで待ってて!」
「ん~でも奈々ちゃんがトイレに入っている途中で帰っちゃうかも・・・」
「え~ヤダ!お願い1人にしないでね」
「じゃさぁ、トイレの戸開けてしてよ!そしたら俺達がいるの分かるでしょ」
「それじゃ見られちゃうじゃない」

「いいじゃん、少しくらい見られたって・・・」
「ヤダ!」
「じゃ、俺達帰るから」
「ごめんなさい!お願いだからここに居て」
「じゃ、戸開けたままでしてくれるの?」
「ん~、でもこっち見ちゃヤダよ」

女子トイレの中で太一と圭介は奈々の入ったトイレの反対側を見ながら立っていた。
奈々も戸を開けたまま、しゃがみ込んだ様だった。
すぐに2人は振り向き、奈々のオシッコシーンを激写!

「ヤダヤダ!見ないで・・・撮っちゃヤダ」
「いい感じに撮れちゃった!奈々ちゃんの陰毛薄いからマンコまで見えちゃってるよ」
「消してよ!エッチ」
「お~良く見えるよ!オシッコ勢いよく出るね」
「変態!もう見ないで」

「じゃ、俺達帰るから・・・」
「ダメ!帰っちゃヤダ!」
「ん~じゃもっと見せてよ!足開いて・・・」
「お願い!高志には言わないでよ」

「分かってるよ!お~凄ぇピンク色だぜ!案外綺麗なマンコだな」
「そんな事言わないで・・・」
「俺!もうこんなだよ奈々ちゃん」
「え~ヤダ!そんなの見せないで」

太一がズボンを脱ぎ、ギンギンになった肉棒を奈々に見せつけます。
「奈々ちゃん!咥えてくれる?」
「ヤダ!絶対ヤダ!」
「じゃ、もう帰るから!奈々ちゃん1人で帰って来てね・・・さっきの怖い話思い出して」
「ウソ!ヤダ・・・」

太一と圭介がトイレを出て裏口に回って来たんです。
「やっぱり居た・・・どうだ、興奮してきたか?」
「あぁ~やべぇくらいギンギンだよ!」
「本当にやっちゃっていいんだな?」
「あ~いいよ」

そんな時、「ヤダ~太一さん圭介さん帰って来て・・・お願い奈々を1人にしないで・・・」と泣きそうな声が聞こえてきました。
少しすると・・・。
「太一さん・・・、咥えるから帰って来て」
「奈々ちゃん、本当に咥えてくれるの?」
「分かったから、もう1人にしないで」

そう言うと奈々はトイレに戻され、オシッコする体勢になると太一の肉棒を咥えたんです。
そんな姿を写真に収められ、奈々は赤面しながら彼らの肉棒を咥え舐めていました。
やがて太一は奈々に、「服を脱いでマンコを広げて見せて!」とか「指を入れてオナニーして」と奈々の恥ずかしい姿を求めると、奈々も諦めたように従っていたんです。

もう私の股間もMAXで、今にも射精しそうでした。
奈々は便座に手をつき四つん這いになると太一の肉棒を差し込まれたんです。
「お願い!中には出さないで・・・高志にバレちゃう!」
「大丈夫!外に出してあげるから・・・全部飲んでね」
「うん!」

バックから責められながら口では圭介の肉棒を咥え、凄い淫乱な女と化していました。
やがて奈々も限界が訪れたのか、「イッちゃう・・・もうダメ」と言いながら体を小刻みに震えさせ、膝をガクガクさせていました。

「奈々ちゃんイッちゃった?俺もイキそうだよ!口開けておいてね」
そう言うと奈々は圭介の肉棒を離し、太一の肉棒を受け入れる体勢をとったんです。
「ああ、イクよ・・・奈々ちゃん全部飲んでね」
口に吐き出された精液を奈々は喉を鳴らしなが飲んでいました。

その後、圭介も奈々のマンコに差し込み精液を飲ませると、奈々はトイレの床に倒れ込み息を荒らしていました。
「奈々ちゃん!エッチだな!旦那が居ない所で2人の男の肉棒を咥えるんだから」
「ハァハァ!だって・・・」
「もっと欲しいんだろ!奈々ちゃんドMだからなぁ」

ピタン!ピタン!
「ほら、もっとお尻突き出して」
太一が奈々の白いお尻を平手で打つと、「あぁ~ん!ダメ!叩かないで」と言いながらも腰がクネクネと動いていました。

「何だかんだ言っても、体は反応してるよ」
「・・・」
「これで縛った状態で戻る事にしようか?」
奈々は全裸にされると、トイレにあったロープで手を縛られ、胸の上下と陰部もロープで縛り付けられていました。

しかもアソコには直径5cm位ある懐中電灯が差し込まれロープで固定されていたんです。
そんな姿でトイレを出てバンガローへ向かった3人。
途中、何度もパンパンお尻を叩かれ、「アぁ~ん、イイぃ~」と奈々の喘ぎ声が響いていました。
途中で3人を追い越し、先に部屋に戻った私は3人の帰りを待ちました。

全裸で縛られた状態で部屋に入って来た3人!
奈々は顔を背け、私の方を見ません。
私は寝たふりをしながら3人の行動を薄目で確認したんです。

奈々は部屋でも太一と圭介の肉棒を咥え、マンコには懐中電灯!
アナルにもビール瓶を差し込まれヒィヒィ鳴いていました。
奈々のイク姿を何度見たでしょうか?
奈々が解放されたのは深夜0時を回っていた頃だと思います。

翌朝、4人は朝食を食べ終えると家路に向かったんです。
帰りの車内で隣に座る妻が昨日より色っぽく感じ、奈々のスカートを捲り上げ太腿を擦りながら自宅に車を走らせました。
帰るとすぐに奈々を抱いたんですが、以前よりもずっと感度が増したように思えました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
理解不能っす…


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    理解なんて必要ないんだよ!
    エロければそれでいい!

コメントを書く