【不倫】オカズにしていた娘のスイミングの美人コーチを精液まみれに・・・・・・・

閲覧数: 11,058 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

男も40を過ぎると精力も性欲もぐっと減退するものばかりかと思っていましたが、いざその年代に自分がなってみるとさにあらず。
回数こそは減ったものの、好奇心も性欲も旺盛で、その上それなりの体験・経験も豊富となり、今が盛りのげんです。

この度の告白は“禁断の誘惑”とでも申しましょうか・・・。
小学生の末娘がスイミングスクールへ放課後通っており、帰りは暗くなるので妻が迎えをしておりました。
この春勤める会社の事情で、妻は3ヶ月ほど帰宅が遅くなるということで、その間私が娘を迎えに行くことになりました。


プールサイドはガラス張りになっており、父兄が子供たちのレッスン内容を見学できるようになっていました。
終了時間より早めに着いた日には、そこで見学しながら本を読んでおりました。

娘の担当の若い女性の先生は、ひと際私にとって目を見張る存在でした。
若々しい身のこなし、白い肌、絞まったウエスト、柔らかそうなバスト、魅力的なヒップ。
そんな肢体が濡れた競泳用水着に包まれ・・・、想像をかき立てました。

特に水着の下の股間の盛り上がりなど想像しようものならペニスが勃起してしまい、周りの父兄に悟られないようにしたものでした。
まったく、中年おやじそのものです。

妻とお約束のようなセックスをする時も、その先生を思い出しながらしたものです。
いつかは抱いてみたいという願望が日に日に強くなりました。
・・・が、そこは分別のある大人ですから、ぐっと堪えていたものです。

でも娘から先生の名前を聞いたり、時々そのガラス越しに挨拶をしてみたり、娘のスイミングスクールへの迎えは楽しみなものになっていました。

そんなある日、駅ビルのCDショップのレジで、突然若い女性に挨拶をされました。
どこかで見かけたような気がしましたが、判りませんでした。
怪訝な顔をする私に・・・。

「スイミングスクールの・・・」
「あっ!」
憧れの真理先生でした。
まさかこんなところで出会うとは・・・。

水着ではない真理先生は20歳そこそこの、松浦亜弥似のとても可愛らしい女性でした。
もう年甲斐もなく舞い上がってしまったものです。
またレジでは、選んだCDがキャンペーン対象品で、くじを引くとなんと某グループのペアコンサートチケットが当選してしまいました。
(今日は当たり日だ!)

思わず真理先生に、「チケットを差し上げますので彼氏とでも行ってください」なんて、かっこをつけてしまいました。
「え~、いいんですか~、うれしぃ~」
真理先生は喜んでくれましたが・・・、(やっぱり彼氏がいるんだな)と残念に思いながら、一人寂しく家路に就きました。

数週間後、いつものように娘をスイミングへ迎えに行った時のこと。
レッスンが終わり娘と帰ろうとした時、後ろからジャージ姿の真理先生に呼び止められました。

「あの・・・お話が・・・」
「えっ?」
人目を避けるように真理先生が・・・。
「明日のコンサート、ご一緒して頂けませんか?」
(うそ?本当に!ラッキー!)

「仕事がありますので即答できませんが、よろしかったら携帯を教えて頂けませんか?」
こうなりゃ仕事なんて後回しなのですが、中年の悪智恵ですね。
携帯も聞き出してしまいました。

その夜、もちろんOKの電話を入れ、会場前で待ち合わせをすることになりました。
ちょっと年代が違うグループではありますが、まぁ、我慢、我慢とコンサート会場へ彼女と二人で入りました。

会場の盛り上がりには最後までついてはいけませんでしたが、彼女はそれなりに満喫していたようです。
9時頃に会場を出て、ダメ元で食事に誘いましたら、あっさりOKサイン。
それなりのホテルの高層階のレストランにて眼下の夜景を眺めながら、とりとめもない会話が弾みました。

アルコールはダメだという彼女でしたが雰囲気に乗せられてか、ワインをそこそこ飲んでいました。
顔色がポッと赤くなり、ほろ酔いの様子です。
目も少し虚ろになってきたような・・・。

(大チャンス!)
彼女がトイレに席を立った隙に部屋を予約しました。
レジで会計を済ませ、その時ルームキーを受け取ったのは言うまでもありません。

「大丈夫?少し休んでから帰ったほうがいいんじゃない」などと言葉巧みに部屋へ入りました。
「夜景がきれいだね」などと言いながら彼女をそっと抱き締め、くちづけをしました。
抵抗を覚悟をしていましたが、すんなりと彼女の舌が絡んできました。

すっと力の抜けた彼女の体を支えるようにベッドへ寝かせました。
身体を重ねながら服の上から胸を弄りました。
想像以上にふくよかで柔らかそうな感じがしました。
スカートの中に手を差し入れ、パンティの上から熱がこもった丘を優しく撫でました。

その中に手を入れると初めて、「ダメ!」と脚を固く閉じたのです。
「真理先生、ずっとあなたを見つめていました。いつかこうなることはわかっていました」
彼女は、「先生はやめて。優しくして・・・」と言って瞳を閉じました。

そっと脚を開き、茂みの奥のクレパスに指を添わすと、既に熱い蜜が溢れ始めていました。
指の動きに合わせて彼女が、「あっ。あっ」と短かな吐息を漏らしました。
クレパスから蜜壺に指を滑らすと熱い肉ひだの感触が伝わってきます。

パンティを下ろすと、薄めの毛が柔らかそうです。
思わず唇を寄せました。
クリトリスを優しく指で剥きながらキスをすると彼女の身体が大きく反り返りました。

「気持ちいいの?」
答えはありませんが・・・。
「ダメ・・・ダメ・・・」
かなり感じている様子。

クレパスの花弁はもちろん、アナルまで隅々を舌と唇で愛撫しました。
彼女はもう耐えきれないように声を上げ始めました。
先ほどまで固く閉ざした脚も大きく開き、すべてが丸見えです。
指もスムーズに膣の中への滑り込ませることができます。

彼女を生まれたままの姿にしました。
ペニスはすでにいきり立ち、収めるべき蜜壺に突入せんばかりです。
でも焦らず彼女の体のここかしこもしばらく愛撫し続けました。
そしていよいよ蜜壺にペニスの先を合わせました。

先端が少し蜜壺に入っていきます。
少しきつめの挿入感です。
ゆっくり腰を沈めていくと彼女が上擦っていきます。
その小さな肩を押さえ、根本まで押し入れました。

眉間にしわを寄せながら、「あ~~」と声を漏らしました。
白いシーツを握り締めた彼女の身体に熱い肉根をぶち込んだ達成感に包まれました。
前戯の段階で、彼女がそう経験が多くないことはわかりました。

ゆっくりと腰を動かすと彼女の愛液に浸ったペニスが光を帯びながら出入りします。
そのまわりを肉ひだがまとわりつき、なんとも刺激的な光景を楽しみながら突き続けました。
彼女も慣れてきたのか力が抜けて抱きついてきました。

やがて、「ダメ!イッちゃう、イッちゃう、イク~」と身体が一瞬硬直し、彼女は果てました。
おもむろのにうつ伏せにし、腰を上げさせて四つん這いにしました。
股間の毛はすっかり濡れ、ピンク色の肉ひだが口を開けています。

ペニスを宛てがい、後ろから挿入しました。
今度は抵抗もなくスルリと奥まで届きました。
クリトリスを指で擦りながら、浅く深くペニスを出し入れしました。

すっかり彼女はセックスの快楽に浸っており、「腰を使ってごらん」と言うと自ら腰を振りました。
スイミングでレッスンをする水着姿の彼女が重なりました。

こちらもだんだん我慢できなくなり、奥深く突き入れた後、さっとペニスを抜き彼女の白い尻から背中に精液を飛ばしました。
髪にも白いモノが飛びました。

その夜は2時間ばかりで3回も射精をしてしまいました。
彼女は何回果てたのかわかりません。
その後も彼女との交際は月1、2回のペースで続いています。

もちろん若い彼氏との付き合いも続いてはいますが、今ではフェラチオも上手になり、騎乗位で感じることもできるようになりました。
今はアヌスを開発中で、もうすぐペニスを入れられるようになりそうです。

スイミングへ娘を迎えに行くことは少なくなりましたが、真理先生は私の精液まみれのレッスンを楽しみにしているようです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
精液まみれのレッスンってやっすいAVのタイトルやんwww


コメントを書く