出会い系で釣れた四十路淫乱人妻が中学時代の副担任だった・・・・・・・

閲覧数: 6,411 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

出会い系で知り合った人妻の尚美。
41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。
ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。

2週間くらいメールし、彼女は平日の昼間がいいという話をしてきていたから、代休のタイミングを見て彼女を誘いました。
向こうは、「ひと回り違うんだよ?ガッカリするよ?」とか話してきましたが、会いたいとメールをし、ようやく誘い出しました。

昼前11時に某ショッピングセンターにて待ち合わせて、俺の車の特徴を教えると、軽の車が止まりました。
長めの髪の女性が降りてきてドアを開けて、「一樹君?」と聞かれて頷くと、助手席に乗りました。

長めの茶髪の髪で、スカートから覗く足も綺麗な細身でした。
甘い香水が漂うなか、車を走らせ、隣町のレストランで食事をしました。
(どっかで見たような・・・)
でもはっきり分からないまま食事をして、店を出ました。

再び車で走りながら・・・。
「何時までに帰ればいいの?」
「16時には子供が帰って来ちゃうからそれまでなら・・・」
時計を確認するとあと3時間。

「どこ行くのかな?」
わざとらしく聞いてくる尚美。
「静かな場所」
「静かな?」
判ってる癖に聞いてきた。


しばらくしてホテルエリアに到着。
「こんなおばさんでもいいの?」
「細身の美人でたまらない」
ホテルの前まで来ても、「ガッカリするよ」と言うが、車を降りて部屋に入りました。

ソファに座って話しながらも・・・。
(どっかで見たような・・・)
モヤモヤしながらもムラッときて脚を触ると、「エッチ」と言いつつも嫌がらず、「脚、綺麗ですね?」と言うと、「そうかな?でもオッパイないから出せるのこれしかないから」と言われ、お尻を触るとちょっとおっきめ。

オッパイを触ると確かに小さいが、撫で回すと、「ンッ・・・ンッ・・・」と吐息を漏らして来た。
服の中に手を入れて撫で回し、ブラもずらして撫で回し、キスすると舌を絡めて来る尚美。
「ベッドに行こう・・・」と言われベッドに。

「途中でヤメたとか駄目だよ?」
「もちろん・・・終点まで止まらないって息子が言ってるよ」
股間の突起物を触らせると撫で回して来た。
脱がしてみると細身だったけど、下半身は太いかな?

ブラも取り払い、形がいいオッパイに吸い付くと、「アンッ・・・アンッ・・・」と喘ぎ出す尚美。
オッパイの感度も高めな感じで、吸い付いたり舐め回した。

スカートの奥に手を入れてみたら既にじんわり濡れてきていて、人指し指で撫で回すと更にじんわり濡れてきた。
パンティを脱がして脚を開かせると、「恥ずかしい」と手で隠すが、尚美の貝を舐め回すと、「気持ちいい!イャン!」と腰を浮かせながら悶えまくる。
甘酸っぱいエキスが垂れてきて、舐め取り味わいました。

「おちんちん食べたい」と尚美が起き上がってズボンを脱がしてきて、立ち上がるとトランクスを脱がし、「もうおっきくなってるね?」と触り、舌先で先端部を舐め、ゆっくり口の中に入れて、筋やカリを舐め回してきた。

舐め回してからジュルッジュルッと吸い付いてくる絶妙な技で、そのままさせてたら出しちゃうくらいの上手さだった。
「尚美さん、それ以上したら出ちゃうよ?」
「ダメよ」
彼女が寝て、脚を開かせて真ん中に一気に突き入れました。

「アンッ!凄い硬い!」
声を上げる尚美に出し入れを繰り返していくと、ヌチャヌチャとイヤらしい音が出るくらい濡れてきていた。
「尚美さん、濡れ濡れだよ」
「だって・・・硬くて気持ちいいから・・・もっと突いて」

わざと荒っぽく突き上げてあげました。
「凄い!気持ちいい!イャン!」
悦ぶ姿を見てると堪らない。
「上になる?」
そう聞くと頷き、繋がったまま彼女を起こし、上になると、「癖になりそう」と上下に激しく動きました。

オッパイは乳首が尖り、触ると感じている。
しばらくして動きが弱まり、起き上がって対面の体位でハメました。
「これ気持ちいいかも!」としがみつく尚美。
軽いから苦にならないし、「奥まで来ちゃう」と声を上げる尚美に下から突き上げ続けた。

しかし、だんだん気持ちよくなり射精感がこみ上げてきてしまい、「壊れる」としがみつく尚美。
「俺も爆発しそうだよ、いい?」
頷く彼女を下から荒々しく突き上げ、こみ上げて来たものをそのまま尚美に吐き出しました。

「イャン!凄いビクビクしてる!」
抱きつく彼女に全部流し込みました。
大量の精子がダラッと滴り落ちても、目を瞑ったままの尚美。
「大丈夫?」と話すと、「超気持ち良かった!」とキスされました。

しばらくして、「尚美は妹の名前だよ、本当は恵って言うの」と言われた。
そして仕事の話になって、「恵さんは?」と聞くと、「あたしは専業主婦よ。前は学校の先生してたけど」と言われ、疑問が晴れました。

「学校って中学?」
「小学校も行ったけど中学が多かったかな?」
「◯寺恵先生?」
彼女の目付きが変わり、布団に慌てて潜り込む。

「誰?」
「元生徒、1年だけ産休の先生の代わりに来てたよね?」
少しパニックになっている。
「◯◯中学です」
「1年だけ居たけど・・・生徒少ないし・・・」
「副担任だったよ」
「やだぁ、分かってたの?」

「どっかで見たような気がしててさ。でもセックスしても分かららなかったし、名前と仕事聞いて」
「嘘~、だって1年しか居なかったんだよ~」
「昔の話だしさ!ねぇ」

そう言って彼女の身体に触れようとすると・・・。
「ダメよ!年下だったから迷ったんだよね・・・、本当に?嘘~」
まだ恵は信じれない様子でした。
でも、セックスした相手があの恵先生だと思うとムラムラしてしまう俺。

「でも相性がいいから気にしなきゃ」
「ダメっだって!」
強引に上になり、「先生」と一気に中に入れた。
「アンッ!」と声を上げ、最初はダメと払い除けようとしたが、だんだん弱まり、俺の腕を掴んで、「アンッアンッ」と快感を味わっていた。

俺も、相手が先生だったと知ると異様に興奮してしまいました。
先生も1回目より喘ぎ声が大きくて興奮しているのが判りました。
抱きついてフィニッシュし、倒れ込むと、「いけない子」と背中を撫で回されました。

ようやく落ち着いた恵が話をしてきました。
旦那も教師でセックスレスだったとか。
でも、俺のことはまだ思い出せない様子の彼女。

「2学期赤点で、3学期のテスト前に先生に『90点を採ったらオッパイ触らせて』って言ったんだよ!」
「ああっ!あのエッチな子?87点で触れなかったよね?なのに触らせろって!」
やっと思い出したみたいでした。

授業中に男子共が先生のおっきめなお尻やブラの色を話したりしてた話題を話すと、「最低~」と笑っていた。
「今度さ?あのタイトスカートとブラウス姿を見たいな」
「嫌だ、もう会わないよ」

その2週間後にまた会えて、遂にタイトスカートとブラウス姿でセックスしました。
スカートを捲り上げてバックで突いて果てる瞬間は得も言われぬ快感でした。

それから1年くらい経ちますが、まだ関係は続いています。
先月、同級会で恵先生が現れました。
素知らぬ顔で挨拶し、話してると、「こいつさ、90点採ったら胸揉ませろって言ったんだぜ!」と同級生に暴露された。

女子はドン引きでしたが、「あらぁ!あの時触らせてあげても良かったのに~」と恵先生も調子をこいて・・・。
2次会後に待ち合わせて、ラブホでたっぷり揉ませて頂きました(笑)

 

管理人の戯言(´・ω・`)


コメントを書く