【露出狂】五十路目前の私がトイレ掃除のおばちゃんになった経緯・・・・・・・

私は、五十手前のおばちゃんです。
今日は、私が掃除のおばちゃんになった経緯を、お話ししたいと思います。

1年ほど前だったと思います。
四十も半ばを過ぎて、緩み過ぎた身体を絞るためと急激に弱って来た足腰を鍛えるために、ウォーキング(散歩に毛の生えた程度ですが)を始めた頃の事です。

いつもの様に旦那を送り出し、朝の家事を済まして10時くらいでしょうか、ジャージに着替えて家を出ました。
20分くらい歩いた時に、オシッコがしたくなっちゃいました。

結構気温が高い日だったので、家で、いつもよりも多めのお茶を飲んで出たからかもしれません。
まぁ、毎日歩くコースですから、公衆トイレの場所も把握しているので、とりあえず少しペースアップして公衆トイレに到着しました。

そこは、広場とブランコがあるくらいの小さな公園。
ですので、男女共用で男性用の小便器が3つと、個室が2つほどある構成になってます。
出入口には扉も無く、小便器は外側から丸見えに近い感じです。

すると先客がいて、男性が小便器の前に立ってました。
しかし、私もいい歳したおばちゃんですから、そんな事に恥ずかしがるようなうぶな精神は、とうに消え去ってますし、何より、とにかくオシッコがしたかったので構わず一直線に個室へ向かいました。

オシッコを済まして個室を出た時、ちょっとおかしいなと思いました。
先ほどの男性がまだ小便器の前にいたのです。
長いオシッコだなぁ~と思いながら小便器の並びにある洗面台で手を洗いながら横目で男性の様子を窺うと(ちょっとエッチな興味もあり)、小便器から不自然な程離れて立っていて、しかも、そのオチンチンは見事に勃起していました。

(あっ!露出狂だっ!)
そのとき初めて気が付きました。
怖くなって、そそくさと公衆トイレを後にしましたが、そのオチンチンが目に焼き付いて離れませんでした。

それから家に着くまでの記憶は定かではありません。
家に着いて玄関の扉を閉めて、上がり框にへたり込んでしまいました。
そのまま、ぼーっとして一息つくとまた、あのオチンチンが浮かんできました。
旦那とは何年もご無沙汰だし、あんな立派な物は人生で初めてだったんです。

動揺してしまったので、その男性がどんな方だったとか、何歳くらいだったのかとか、ほとんど分からなかったのですが、そのオチンチンだけは、はっきりと思い出せます。
落ち着いてくると、(もっとしっかりと見れば良かったなぁ~)なんて考えたりして・・・。

気が付けば、私のアソコは、旦那とセックスしてた時にもこんなに濡れたことは無いんじゃないかと思うほどビショビショに濡れて、ジャージにまでイヤらしいお汁が滲み出していました・・・。
そのまま玄関で、今までまともにした事もなかったオナニーをしてイッちゃいました。

長くなってしまったので、その後の話は、改めてまた。

前回の続きです。
露出狂の男性に会った後の話です。

子供も独立し、すっかり家事も楽チンになってしまい、ウォーキングは始めたものの、今一つダイエットの成果も上がらないので、旦那の許しをもらってパートにでも出ようと思い、職探しにハローワークを訪れました。

ですが、平日の昼間しか時間が取れない事や、これと言って資格や特技も無いため、なかなか仕事につけず、ただ求人表を隅々まで見る日々でした。
そんなある日、『◯◯ビル管理』という求人が目に留まりました。
年令不問、経験不問。

自動車免許と車があって、日常的な掃除が出来れば良く、平日の週2~3日の勤務で良いとの事。
仕事の内容としては、公衆トイレの日常清掃。
その内容を見て、あの露出狂さんとの出会いが頭をよぎりました。
(もしかしたら、また、あんな経験が出来るかも・・・)

早速、面接を受け、難なく採用され、掃除のおばちゃん誕生というわけです。
仕事は、1人で自分の車で、1日に2~3ヵ所、児童公園や運動公園などの公衆トイレを掃除するという感じです。
まさに願ったり叶ったり。

仕事を始めて1週間ほどで露出狂さんと出会いました。
とある公園での事。
その公園は、駐車スペースが5台分ほどあるんですが、一台、軽自動車が停まっていて、中に20代と思われる男性がスマホを弄りながらタバコを吸っていました。

自分の息子ほどの若者が平日の昼間に何やってんのかなと、若干訝しくも思いながらも、清掃用具入れの中から道工を取り出し、女子トイレの方から始め、男子トイレへ移動。
個室の方の掃除を始めると、車の若者がトイレへ向かって来ました。

(これは、もしや・・・)
そう思いつつ掃除をしていると、小便器の前に立ち、カチャカチャとベルトを外しファスナーを下ろしました。
その時に、もしや・・・が確信に変わりました。

オシッコをするならファスナーを下ろせば事足りるはず。
(露出狂さんだ!)
個室の掃除をそそくさと済まして洗面台の方に移動です。
掃除をしながら横目で若者を窺うと、案の定、便器から不自然な程離れてギンギンに勃起したモノを露わにしていました!

あの初めて会った露出狂さんのような立派なモノではありませんでしたが、その若さからの元気の良さったら、もはやお腹にくっつきそうな程です。
役得!目の保養です。
普通の主婦であれば、私のようなおばちゃんが、親子程も歳の違う若者の勃起したペニスを目にする事は無いでしょう。

若者は、その硬くいきり立ったペニスを親指と人差し指の2本で握り、見せ付けるようにゆっくりとペニスを上下させていました。
初めての露出狂さんとの出会いの時とは違い、今の私には『仕事で掃除をする』という大義名分があります。

横目で若者のペニスを見ながら念入りに洗面台の掃除をしました。
若者のペニスは先端から透明な涎を垂らしながら天を向いてそそり立っています。
私のアソコもすっかりビショビショになってました。

若者は立ち去る気配も全く無く、ゆっくりとその勃起したペニスをゆるゆるとしごいています。
時おり垣間見える顔はちょっと赤らみ恍惚の表情です。
その顔がおばちゃんから見ると、愛おしくも可愛らしく思えてきました。
この子は、純粋に見られるという行為に快感を得ているでしょう。

スリムでスタイルも良く顔立ちも地味かもしれませんが、整っていて、女の子に縁が無いという感じには見受けられません。
この子がいやらしいペニスを、こんなおばちゃんに見られる事で快感を得てくれているなら、大人の女として協力してあげたいと思いました。

私は洗面台の掃除を終わらせると、若者の立っている便器から遠い方から掃除を始めました。
遠いと言っても小便器は5つしか無いので、若者の息遣いや透明な涎でヌルヌルになったペニスを擦るペチャペチャという音まで聞こえて来ます。

じょじょに近付き、とうとう若者の隣の便器の番になりました。
その、まだあまり使って無いと思われるペニスは黒ずんでなく、ピンク色と言っても差し支えないような美しいモノです。
しかし先端の傘は、怒り狂っているように真っ赤に染まってます。
もう爆発寸前なのかもしれません。

隣の便器を掃除していると、どうしても目線がいやらしいペニスと合ってしまいます。
私が積極的な淫乱おばちゃんなら、すぐさましゃぶり付き、若いペニスを味わうのでしょうが、あいにく私には、そんな肉食女子的な積極性はありませんし、彼がそれを望んでいるとも思えません。

ペニスを晒して快感を得る露出狂の若者と、その行為を見守ってあげ若者に協力してあげるおばちゃんの関係、というのが一番しっくりとくる気がします。
だから、その愛おしいペニスに触れたり、それ以上の関係も望みません。
露出狂という性癖を持った彼の快感のために、お手伝いするおばちゃんで十分。

隣で掃除をしながら、彼に分かるようにいやらしいペニスに視線を送る。
彼のペニスを擦るスピードが速くなって来ました。
もうじきです。
彼の手がペニスの根元で止まりました。

一瞬置いて、先端から白濁した液体が恐ろしい程の勢いで吹き出しました。
二度、三度と迸り彼の白濁は便器を超えて便器の上の壁まで到達しました。
一息つくと若者は、慌ててズボンを直し、「ごめんなさい」と頭を下げました。
食べちゃいたいくらい可愛いかった。

「大丈夫。綺麗にしておくから」
私がそう言うと、逃げるように去って行きました。
トイレに1人残った私は、若者が放った青臭い白濁を指先で掬い、口に運び、その濃くて生々しい液体を味わいました。

男子トイレの個室に入り、作業ズボンとパンティーを一気に下げ、若者の白濁が残る指を止め処なく愛液の溢れてくる肉穴にズブリと突き刺し、男子トイレだという事も忘れ、激しくイキ果てました。
人生最高の快感でした。

この仕事は、まさに天職だと思います。
さすがの露出狂さんたちでも勃起出来ないようなお婆ちゃんになるまで止められません。
元気なペニスを見て欲しい露出狂さんたちは、私みたいな掃除のおばちゃんが居ることを覚えていて下さいね。

でも大概の掃除のおばちゃんは普通の人だと思うので、警察沙汰などならないように気をつけて下さいね。
それにしても、この世の中、露出狂さんて想像以上に多いんですよね・・・。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
よい子は真似しないでね・・・


コメントを書く