【閲覧注意】女子高生の痰唾を集めてオナネタにしています・・・・・・・・

閲覧数: 6,196 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

私の家はアパートです。
隣のマンション群の位置関係で、外側の道から少し離れた場所にマンションとマンションの間に挟まれた場所があるのですが、そこは近くの女子高の生徒のたまり場になっています。

誰が持ってきたかは知りませんが、バス停の椅子みたいな長いすが置いてあって、夕方辺りから下校中の女子高生が集まって、タバコを吸ったり、コンビニで買った食べ物を食べたりしています。

私の家のベランダは丁度その場所が見える場所に有り、よく集まっている女子高生を観察していました。
その女子高はガラはかなり悪いですが、可愛い子が結構多い女子高で、たまり場の女子高生も可愛いがたくさんいました。

しかしガラは悪いので、女子高生が解散した後は、ゴミはそのまま、地面にはタバコの吸殻、痰唾(たんつば)が大量に落ちている状態でした。

それでも近所からは特に苦情は出ていない様でした。
なぜなら、女子高生がいなくなった後、私が毎日きれいに掃除しているからです。

もちろん近所の人は私が掃除している事は知らないと思いますし、知っていたとしても掃除しているだけと思っているでしょう。
そもそも位置的に人目につかない場所です。

実際の所は掃除ではなくて、全部家に持って帰って、オナニーの材料にしているだけです。
食べ残しのゴミも結構置いてあるので、1人アパート暮らしの男には貴重な食料になっています。

おにぎり、インスタントラーメン、お菓子、ジュース等、多い時は食べ残しだけでまかなえる事もありました。
食後の一服も吸い殻でします。

一つある難点は痰唾です。
コレは地面に落ちているので、バケツに水を入れて洗い流すしか方法が無く、結構面倒な作業でした。

ある日、思いついて、洗面器に『痰唾はここにお願いします。』と書いた紙を貼って、たまり場に置いておく事にしました。

数日間は女子高生達は関係無く地面に痰唾を吐いていたのですが、しばらくするとほとんどの女子高生が、洗面器の中に痰唾を吐くようになりました。
そのおかげで、痰唾も家に持って帰れる様になりました。

今まで地面に吐かれていた痰唾ですが、洗面器に集まる様になると、かなりの量です。
まずは洗面器の半分くらいをガラスコップに注ぎました。
精力の付く栄養満点の痰唾ジュースの完成です。

早速飲み干すと、ヌルヌルした喉越しで、瞬時に勃起してしまいました。
残りの半分はオナホールに流し込んで、ローション代わりに使いました。

こちらもヌルヌルの感触で、数十人の女子高生に同時にフェラをされている様な気分になり、十秒と持ちませんでした。

それからは毎日、洗面器を調べるのが楽しみになりました。
毎日、痰唾ジュースと大人数フェラでオナニーに使っても、翌日には新鮮な痰唾が大量収穫出来ます。

前日に集めた痰唾で大人数フェラをしながら、窓から女子高生を観察すると、興奮が尋常ではありません。
食料も手に入るし、とことんまでこの生活を続けます。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ツワモノ現る・・・


コメントを書く