とあるブスいデリヘル嬢に気付かされたこと・・・

閲覧数: 7,265 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

私がよく指名してるデリヘル嬢の志乃から、今月でデリを辞めると連絡があった。
志乃ってのはもちろん源氏名だが、店の名が和風ピンサロみたいなんでデリ嬢はみんな和風の源氏名。
志乃はこの1年で25回ぐらい指名してる。

月2回のペース。
志乃から見れば私は常連客で、10回目ぐらいでメアドを交換し、呼ぶ前日に直接連絡して90分の予約をする、そんなで関係でした。
ぶっちゃけキレイではないし、ポッチャリの部類。

初めて呼んだ時、ホテルのドアを開けた瞬間に、『チェンジ』って喉まで出掛かった。
でも、「こんにちは!志乃です。私でいいですか?」って明るく言われたら何も言えずOKしちゃい、(今日はハズレだ・・・)と思いました。

実はこの店、90分¥20000と格安で、割チケ使うと¥19000になって本番アリ。
仕方ないから目を瞑るか・・・。
帰り際、「また呼んでね!」と言われて迷う私だったが、「また指名するよ」と言ってしまう。

この志乃をその後も指名し続けたのには訳がある。
21歳だがポッチャリで、オッパイも本人は『D』と言ってるが、どう見ても『C』ぐらい。
色白で濡れも良く性格はとっても良いが、D以上欲しい私としては不満。

だが、特筆すべき点が二つだけある。
それはSEXの上手さ。
私の快感ポイントを最初から熟知していたかのよう。
それと時間内ならゴム付であれば何発でもOK。


本来有料オプションの口内発射も無料。
ほとんどのデリ嬢は1回射精するとシャワーしてさっさと服を着て時間を潰すようなのばかり。
以前、志乃に前職を聞いたら吉原のソープ嬢を1年やっていたがピルが体に合わず、デリへ移籍してきたと言っていた。

前置きが長くなったが、前に、志乃が辞めるって決まったら店外で会おうと約束をしていた。
社交辞令と思っていた私だが、本当に連絡があるとは・・・。
常連とはいえ律儀な姫だなと思い、私は休みを取って一昨日の昼前に落ち合う。
軽く食事してホテルへ行こうとすると、志乃の方から行ってみたいホテルがあると言う。

志乃は店の出張エリア外で1度も行ったないらしいが、聞いた話だと良いらしい。
少し遠いが了解し、行って見ると外観はキレイ。
午後2時からフリータイムの2部で午後8時まで。

志乃「◯◯さん、8時までいい?」
私「いいけど、志乃は時間大丈夫?」
志乃「今日は休みで空いてるよ」
私「この前、オークスでチョイ勝ちだったから4万ぐらいしか出せないけど」
志乃「◯◯さん、今日はお金いらない。今までかなり指名してくれたし、あたし唯一の常連さんだから」

嬉しい事を言ってくれる志乃。
時間は2時10分前、コンビニで食料を買い2時にチェックイン。
2人で風呂に入ってイチャイチャして志乃のクリを丁寧に刺激する。
志乃のアソコが潤ってくると、「◯◯さん咥える?」と言い、潜望鏡をしてもらう。

そう言えば志乃には潜望鏡をしてもらった事がない。
私はソープ経験が1回しかない。
その時は風呂で洗うだけで、後はベッドだけだったので、初潜望鏡に興奮し感動していた。

志乃「◯◯さんビンビンだね」
志乃が咥えながら悪戯っぽく笑う。
志乃「ソープならここで挿れるんだけど、マットがないからベッドでね」
そう言って体を拭いてベッドに入る。

志乃「いつもは仕事だけど、今日はプライベート。あたし仕事だとイカないけど、今日はマジだよ。いっぱいイカせてね」
そう言われ、今日は攻めに転じる事にする。
志乃をベッドに座らせ、後ろから左の片パイを揉みながらクリを入念に刺激する。

もう既にグジュグジュなのでM字で指入れして掻き回す。
イヤラシイ液体がシーツに染みを作り始めた。
「アッ!アッ!そこもっとぉー!イイッ!イイッ!もっと掻き回してぇー!」
志乃は私の前で初めてイッた・・・。

いつもの志乃とは違うイヤラシイ顔の志乃。
今度は69の形で志乃に咥えさせ、クリ舐めする。
志乃のアソコから垂れてくる液体で私の顔は濡れ濡れだが、サラッとしていて無味無臭なので気にならない。

志乃「◯◯さん挿れて。我慢できないの・・・早く挿れて」
志乃を仰向けにしてゴムを付けようとしたら、「安全日だからそのまま来て」と志乃。
驚いて躊躇したが、リクエストに応じて生で遠慮無く挿入する。
志乃を初めて生で味わう。
何と表現すればいいのか・・・。

ねっとりと絡み付いてきて、ゴム付では感じることの出来ない快感。
深く挿入して細かく動いていると、「またイクっ!」と志乃がイッてしまう。
「◯◯さんも来て」と言われ、志乃の両足を抱えて無我夢中で突く。
「◯◯さん、中でいいよ。いっぱい出して」

志乃は両手を私の首にまわし、より深い挿入を得たいのか、私の動きに合わせて器用に下から突き上げてくる。
私はもっと突きたかったのだが、薄く眼を開け、じっと私を見ながら快感に酔い痴れている志乃の表情、イキ顔を見ながら我慢出来ずに私は志乃の奥に発射した。

「◯◯さん凄く良かった・・・凄く温かいのが出るのがわかったよ。まだたっぷり時間あるからまた出来るね」
悪戯っぽく志乃が言う。
少し休みながら志乃と話す。

志乃「もう3年近く風俗やったから疲れあるし、お金も少し貯まったから地味に働こうかなって・・・あたし、太ってるしキレイじゃないからソープはフリー客が付いても次回指名は無いし、デリだとチェンジされるの多くって・・・あたしだけをこんなに指名してくれたのは◯◯さんだけだよ」

私「感じ方は人それぞれだと思うけど、俺には志乃ちゃんとのSEXが最高なんだよ!性格も良いしね。どんなにキレイでスタイル良くても駄目な女もいるから。その点、志乃ちゃんは結婚したら良い奥さんになれるよ。太ってるて言ってるけど、問題無いし、カワイイから自信持ちなよ」

志乃は、「お世辞言ってぇ~、でも嬉しいな」と満面の笑み。
「じゃ~またサービスしちゃうね」と志乃は咥え始めた。
ジュルッ!ジュルッ!ジュルッ!
音を立ててモノ全体を咥えたかと思うと、チロチロと裏スジや亀頭や尿道を刺激したり、激しい竿舐め、吸い付くような玉舐め、アナル舐めとバリエーション豊か。

先ほど発射したばかりのモノが早くも起立。
志乃「またビンビンになっちゃったね。気持ちいい?イキそうだったらこのままイッていいよ。それとも挿れる?」
もちろん後者を選んで志乃を生突き。
今度は色々な体位で突く。

志乃が一番好きなのはバックなのでデカい尻を掴みながら激しく荒々しく出し入れする。
志乃は、「◯◯さん、いつもより激しい!激しい!」と喘ぎながらイッてしまい、私も生発射。
志乃は抜いたモノをペロペロ舐めながら・・・。
「これ、ソープではお清めっていうんだよ。どう?気持ちいい?」

何かくすぐったいが、志乃と私のイヤラシイ液体が交じり合ってるモノを志乃はキレイにしてくれた。
その後、シャワーで志乃に洗ってもらい、またベッドで志乃を指と舌で2回イカせて、私も志乃の口で1回、志乃の中で1回イカせてもらい打ち止めとなりました。

帰りの車内で志乃は、「2人でいっぱいイッちゃったね。◯◯さん、あたしデリ辞めてもたまに会いたいな。◯◯さんの奥さんには悪いけど、マジでたまに会ってお金無しのエッチしようね」と言って、お互いのケータイ番号教えて別れました。
安全日に中出し出来るセフレがいるのは嬉しい限りです。

女は顔や容姿も重要ですが、それ以上に女の性格の良さやエッチの相性も大事と志乃に教えられた気がします。
駄文・長文で申し訳ない。
ご拝読ありがとうございました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ええ話や・・・


コメントを書く