【愕然】いじめられっ子の彼女を姦そうと現場に行った結果・・・・・・・

閲覧数: 11,783 PV

※このエロ話は約 5 分で読めます。

第一印象でムカつくと思った。
理由はそれだけ。
ムカつくから殴っても無反応。
暗いし何を考えてるかわからない、気持ち悪い奴。
そう思った。

とにかく一馬を見ているとイラついた。
だから思いっきり殴ってやった。
だけどまだイラつきが納まらない。
だから殴る。
さらに殴る。
何度も殴る。

どれくらい殴ったのだろうか。
全然わからない。
「許して・・・許して・・・」
一馬は怯えきった目で泣いて訴えていた。
するとさっきまでのイラつきが嘘のように消えていった。
怯えた目、許しを乞う目。
ゾクゾクした。

それから俺は一馬を虐めることが日課になっていった。
いつか飽きる。
そう思っていたがもうやめられない。
俺は支配する快感に目覚めてしまったのだから・・・。

そんな俺にも彼女がいる。
結衣という幼馴染だ。
結衣は一馬を虐めるのをやめろと言う。
昔から結衣はいじめられっ子を庇う。
そして自分も虐められる。
そういう女なのだ。


あの時は俺が結衣を守ってやった。
そして俺は言った。
「あんな奴庇うからこんな目に遭うんだ」
すると「だって可哀想じゃない」と結衣は小さな声で呟いた。
馬鹿だと思った。

そして俺は心配になった。
いつかまた弱い奴の為に虐められるんじゃないかと。
今まで誰が虐められようと興味なかった。
だけど結衣が虐められるのは見たくないと思った。
傷つく結衣が嫌だった。

そして俺は結衣を好きな事に気づいた。
「もう虐めるのやめようよ、可哀想だよ」
相変わらず結衣が一馬を庇う。
いじめられっ子に対して誰にだってそう。
いつもの事、いつもの事なのだが、いつもと違って俺はイラついた。

これは多分一馬に対しての嫉妬だ。
一馬の心配をする結衣を見て俺は嫉妬したのだ。
次の日から一馬に対する虐めはエスカレートした。
弱いくせに、いや弱いから結衣に心配される一馬。
純粋にムカついた。

俺は一馬に対する怒りを殴り蹴る事でぶつけまくった。
アイツをどう虐めるか、そればかり考えるようになった。
どんな事をしてでもアイツが苦しむ姿が見たかったのだ。
そんなある日、一馬に彼女が出来たという噂を聞いた。

あんな奴と付き合う女がいるのかと信じられなかった。
どういう女なのだろうか。
馬鹿な女だと言う事しか想像できない。
直接一馬に聞いてみようと思い呼び出した。

今の一馬は言うなれば奴隷だった。
俺が来いと言ったらいつでもどこでも、例え深夜でも来るだろう。
一馬は卑屈な笑みを浮かべながら「な、なんですか」と言ってきた。
その顔がムカつくので一発殴り、それから付き合ってる彼女の事を問いただした。
どんな女なのか、いつから付き合い始めたのか、どこで出会ったのか、色々聞いた。

彼女が出来たのは事実のようだった。
さらに驚いた事はあの一馬が童貞じゃない事だ。
付き合ってるのだから当然と言えば当然なのだが一馬の癖に生意気だと思ったし、俺の想像に反したのが許せなかった。

そんな生意気な一馬からその馬鹿女を取り上げたい。
取り上げて俺のモノにしてしまおう。
俺は一馬に「俺も今度ヤらせろよ」と言ってやると「勘弁してくださいよぉ」卑屈にニヤついて一馬は言う。
その姿が癇に障りぶん殴ってやった。

一馬も許せないがこんな奴に付き合う馬鹿女にも腹が立っていた。
一馬と付き合ったことを必ず後悔させてやろうと思った。
しばらくして仲間の荒木から一馬の彼女をレイプしようと持ちかけられた。
いつもは俺の後ろにくっ付いてるタイプで先導して何かするタイプじゃないので珍しいこともあるものだと思ったが、俺はその提案に乗った。

元々一馬の女とヤろうと思っていたしどうせやるなら大勢で輪姦したやった方が面白い。
アイツが泣き叫ぶのが目に浮かぶ。
計画通り俺は一馬を呼び出し彼女に会わせろと迫った。
「別に・・・構わないけど」

意外にもすんなりと従った。
多少は抵抗すると思ったのだが。
従順な奴隷と化したとは言え平気で俺らに自分の彼女を会わせられるコイツを軽蔑した。
いくらなんでもどう言う事になるかぐらいは想像できるだろうに。

自分の身を守るためには彼女すら差し出す男。
情けない奴。
そう思った。
ふと結衣の事を考えた。
あいつはこんなクズだと知っても庇うのかなぁ。
いや、さすがの結衣も自分の彼女すら守ろうとしないクズは見捨てるか・・・。

そんなどうでもいい事を考えながら俺は約束の場所で待っていた。
約束の時間になっても一馬はこなかった。
そればかりか荒木たちも来ない。
いい加減、頭にきたので一馬に連絡を取ろうとした時荒木から電話が来た。

「悪い悪い、教えんの忘れてた。場所そこじゃないわ」
「はぁ?」
「変更になったんだよ。つーか先、始めちゃった」
「っざけんなよ!お前」
「だからごめんって。いいから早くこっち来てよ」

俺は変更された場所へ走った。
場所変更を伝えなかった事、そればかりか自分抜きで始めた事に腹が立ったが、一馬の彼女を滅茶苦茶にできると言う事に興奮していた。
早く一馬の彼女を俺のモノにしたい。
皆で輪姦した後は記念撮影してやらないと。

一馬にはそれでオナニーさせてやるか。
肉奴隷宣言もさせてやる。
セックス依存症になるくらい犯しまくって毎日男のモノのことばっか考える頭のゆるい変態女にしてやりたい。
一馬、お前が守ろうとしなかった女は俺らが遠慮なく使ってやるからな。

これから毎日楽しくなる、そう思っていた。
あれを見るまでは・・・。
そこには見知っている荒木らいつものメンバー、一馬そして、結衣がいた。
・・・と言うより結衣が犯されていた。
意味がわからない。
何がどうなっているのか。

俺は何しに来たんだっけ?
一馬を・・・そう一馬の彼女だ。
アイツの馬鹿女をヤりに馬鹿女はどこだ?
どうして結衣が・・・。
・・・・・・。

「どーなってんだよおお!!!!!」
思わず叫んだ。
だけど叫んでもまだ頭が整理されない。
ただ結衣が荒木たちに犯されているのだけ認識できた。
荒木のお世辞にも大きいと言えないペニスが結衣の中に入ってる。

自慰をして結衣の口に精液を流し込む奴。
強引に結衣の肛門に自分のペニスを捻じ込む奴。
年齢のわりに大きな結衣の胸を遠慮なしに揉む奴。
射精し終えたペニスを綺麗だった結衣の髪の毛で拭く奴もいる。

結衣のあらゆる部分が男たちの玩具になっていた。
結衣が何かを言っているのがわかった。
「・・・か・・ずまぁ・・・」
か・ず・ま?カズマ、一馬・・・。
どうして?

結衣はなぜか一馬に助けを求めていた。
なぜアイツに?
今までもこれからも俺が結衣を・・・。
俺が結衣を守るとそう決めたのに。
どうして一馬?
あんな暗くて弱々しく、いつも機嫌を伺うような目で卑屈に笑うクズにどうして助けを乞う?

「へへっおい、一馬。お前の事呼んでるぞ」
「妊娠するかな?」
「ほらっ喘げよ」
「飲んで、俺の精液飲んで」
「乳デカイ女は馬鹿って言うけど本当だな」
「きちんと記念撮影してやるよ」

好き勝手な事を言いながら結衣を犯していった。
精液だけには飽き足らず中には小便を飲ます奴もいた。
ただ犯されてる姿を撮るのは面白くないと言って結衣の身体にマジックで卑猥な言葉を書き綴りピースサインをさせて写真を撮る奴。
俺を好きだと言い続けろと犯してる間「荒木君大好きです」と言わし続けた荒木。

俺はこれら光景を黙って見ているしかなかった。
ふわふわと自分がそこにいるのかどうなのかもよくわからない。
そしていつしか俺は泣き崩れていた。
・・・・・・・・・。

一馬が何か言っていたような気がするがどうでもいい。
結衣が荒木たちに犯されているのを見て俺は射精していたのだ。
股間の辺りがぬちゃぬちゃして気持ち悪い。
ああ、早く家に帰らないと・・・。
家に帰ってパンツを取り替えないと・・・。
気持ち悪いなあ・・・。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
これは名作・・・


コメントを書く