ローションみたいに濡れまくるデリ嬢に中出ししてしまった結果・・・・・・・

閲覧数: 9,269 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

出張で地方へ行った時の話。
夕食がてら軽く飲んでホテルに帰ってきて、暇だったのでデリヘルを呼んだ。
同業のメーカーの営業の人が教えてくれた所だ。
すぐに大丈夫と言われ、待つこと25分。
やってきたのは、TBSの枡田絵理奈アナ似の20代半ばのお姉さん。
なかなか可愛い。

まだ始めて2週間と初々しいマスパン。
キスしたりしながら一緒にシャワーを浴びて身体を洗いっこしてベッドへ。
ポッチャリではないが、ムチッとしたエッチな身体をしていた。
マスパン「どうしますか?攻めるのと、攻められるのと?」
俺「ぁああ・・・じゃぁ最初は攻めて」
そう言うと俺を寝かせて、キス、乳首舐め、乳首舐めしながらの手コキ、フェラと攻めてくるマスン。


フェラもソコソコ上手だったが、何か物足りなかったんで、「今度は攻めさせて」と攻守交替。
寝かせたマスパンを同じように、キス、オッパイ攻め。
Dカップ位のお乳は弱いみたいで、揉んで乳首を吸って、噛んで、摘んでとしてたら、「ぁああん・・いやん」と喘ぎだした。

乳首を舌で転がしながら薄いヘアのマンコに手を這わすと、グチョグチョに濡れていた。
指を入れて弄ったりクンニすると、「あああん!だめぇ!イッちゃいそぉ」と制止してきた。
マスパン「ごめんなさい・・・私ばっかり気持ちよくなっちゃてぇ・・・」
俺「いいよ、続けようよ」
マスパン「ダメですぅ、今度は私が・・・」
俺「じゃぁ、素股して」
マスパン「はい」

フェラをしてから俺に跨り、素股を始めた。
マスパン「あまり上手じゃなくて・・・ごめんなさい」
腰を前後に振るが、確かにあまり上手じゃない。
しかし・・・濡れ方が凄かった。
どんどんと愛液が出てきて、ヌチュヌチュとエッチな音を立てながらどんどん白濁していく。
ローションがいらない!

マスパンも仕事を忘れて、「あああん、気持ちいい、おっきぃ」と目を瞑って喘いでいる。
腰の動きも大きくなり速くなってくる。
マスパン「あああ!イッちゃいそう!」
マスパンが大きく動いた拍子にチンコが入ってしまった。
勢いがあったので子宮口を激しく直撃!

マスパン「あああっ!イクッ!」
膣を急激に締めて、身体をビクンビクンさせてイク。
マスパン、俺の上に倒れ込んできて痙攣してる。
マスパン「はぁはぁ・・ごめんなさい・・私が・・イッちゃってぇ」
俺「いいよいいよ、中・・・気持ちいいし」

マスパン「あっ・・ダメです・・会社に怒られちゃう」
抜こうとするのを、両手でお尻をガシッと鷲掴みにして押さえた。
俺「いいじゃん、もう入れちゃったしぃ」
下から突き上げる。
マスパン「あん!だめ!いやん!やめて!ああん!」
そうは言うが、俺にキツく抱きつき、感じ始める。

仕事を忘れて喘ぎまくってるマスパンと身体を入れ替えて正常位で突きまくる。
マスパン「ああん!いい!おっきぃ!」
喘ぎまくるマスパンは、俺の首に抱きつき、両足を俺の腰にキツく絡めてきた。
より深く挿入されるので、子宮口をガンガン突くと、「あああ!イッちゃう!イクイク!」と膣を締めだした。
こっちもキツく締め付ける膣に限界で・・・。

俺「俺も!イキそう!」
マスパン「あああ!な、中には出さないで・・あああ」
そう言われても、ラブラブロックされて抜けないので中に出した。
マスパンもイッた。

マスパン「あああ・・いやぁあ・中に出てる・・」
俺「はぁはぁ、挟まれたら抜けないよぉ」
抜くと、精子がダラ~っと垂れてきた。
それを見て泣きそうなマスパン。

時間もまだあったので、「1回ヤッちゃったからいいでしょ」と強引にもう1回戦。
ナマで挿入して、色々な体位を楽しんで、最後はバック。
マスパン「中はいやぁ」
逃げようとするのを腰をがっちり両手で掴んで突いてまた中出しした。

2回も中出しされて泣きそうなマスパンに・・・。
俺「いつも本番ヤラせてるの?」
マスパン「ち、違います・・今日が初めて・・たまたま入っちゃったんです」
俺「お姉さんが感じまくって入れてきたんだから、会社には内緒にしてくよ」
その日はそう言って帰した。

その後、2回位、指名した。
やはり半ば強引にナマで中出しした。
3回目に指名した時には、もう居なかった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
よーやるわ・・・


コメント
  1. 1. もっさん?  

    やり過ぎやてwwwww
    まあまあやな
    もう少しエロ要素入れてほしかったわ

  2. 2. もっさん?  

    追伸
    誰かコメントくれ 俺だけは寂しいわ

コメントを書く