【巨根】興味本位で妻を柔道国体経験者の議員に抱かせてみた結果・・・・・・・

閲覧数: 7,600 PV

※このエロ話は約 8 分で読めます。

ある中核都市に住む私と妻、子供二人と離れに同居の親。
今年4月に起こった妻、ユリの衝撃的なお話です。
ほぼ実話ですが登場人物は仮名にしてあります。

現在私は45歳。
ユリは41歳、157cm、43キロ、Cカップのスレンダーな体型を今でも維持しています。
私が言うのもおかしいですが、お尻から足首にかけての引き締まった脚線美は毎日見ても飽きません。
私好みのスリットの入ったタイトスカートにガーターを着ければエロ丸出しです。

普段は堅い職業の為、あまり化粧せず長い黒髪を結んで出かけますが、夜、お出かけの時はバチッと化粧し、洋服にも気を使い、昼の顔とは別人になります。
これは私が、「結婚しても子供産んでも女を忘れてはいけない」と口癖のように言い続けたこともありますが、ユリ自身が持っていた資質が大きいように思います。

ユリは飲み会ではお酒が好きで社交家だからか、人妻にも関わらず必ずと言っていい程アフターを誘われます。
「たまには火遊びもいいよ!」って後押ししますが、「貴方が一緒だから安心して楽しめるのよ!」と言うばかり。
何かエッチな事でも起こらないかな~と余裕で待つことも出来た訳です。

今年1月、新年会から帰ったユリが珍しく高揚してべッドに入って来ました。
妻「うふっ!また誘われたわよ!」
私「本当か!誰に!ユリはしたいのか?」
妻「そんなに慌てないの。前にも言ったでしょう、議員の権藤さん」

権藤・・・思い出した。
40代はじめの市議会議員で、私自身会ったことはないが、ユリが2次会へ何回か誘われたことは聞いていた。
その時は何とも思ってはいなかったが、今回は様子が少し違う。


私「どんな風に誘われたんだ?」
妻「なんか今日は強引だった。私が曖昧な応対をしていたら私の隣に座ってちょっとだけ太股を触られたの。ガーター着けてるのばれたみたい」
私「それから・・・」
妻「私のこと、凄く褒めちぎって手まで握られたわ。貴方、いつも言ってたでしょう。『口説かれて抱かれてみろ』と。私、あの大きな身体に犯されているところ想像しちゃった!」

知り合いが周りに居たため無事帰って来たが、その夜、激しいものになったのは言うまでもない。
私は知人に頼んでそれとなく権藤のことを調べてもらった。
柔道の国体にまで出た経験があり、とにかく身体がでかく、強面の反面、支持者には面倒見がよく仕事も出来るらしい。
知人は声を潜めて・・・。

「しかし女遊びが派手らしい。愛人もいるようだ。それとアソコが凄いらしい!奥さんにも何度かバレたようだが、奥さんもアソコから離れられないとの噂だ」
聞きながら、どす黒い渦が私の下半身から沸き起こるのを覚えていた。
逞しく噂までになるイチモツを持つ男!
権藤と、白く透けるような肌を持つスレンダーなユリとの絡みを妄想した。
実際は何事もなく2ヶ月過ぎた頃、ユリからの一言が大きく状況を変える事となった。

妻「ねぇ~あなた。来月の移動の謝恩会に権藤さんも来るみたいよ」
私「うっ!ご、権藤が・・・」
以前の妄想が一気に甦ってきた。
ユリに気づかれないように冷静に・・・。
私「そうか・・・また誘われたらどうする?」
妻「そうね~遊んじゃおかしら・・・あの人タイプだから!」
悪戯っぽく目を輝かす妻ユリ。

私「だ、抱かれたいのか・・・?」
妻「冗談よ(笑)。知られたら困るもん」
私「バレなきゃいいのかい?」
妻「・・・でもやっぱり無理、知っている人とは」
私「議員だから安全だと思うけどなぁ~!チャンスがあれば誘いに乗れよ!」
妄想したら、もう止まらなかった。

夜ごとユリに権藤との激しいセックスを想像させた。
私「あいつ、凄いらしいぞ!噂によると一度やられた女は狂うみたいだぞ!ユリも女として知らない喜びを味わえるかも・・・」
妻「いゃ~ん・・・想像したら疼いてしまう~!」
私「だろう。その気になったら付き合ってやれよ!」
妻「でも・・・もし・・もしもよ!誘われても普通の飲み会で終わるかもよ・・」
私「それはユリが静かな所で飲みたいと言えば・・・男にはすぐわかる!」

妻「貴方!私が彼と二人きりでしても大丈夫なの?」
私「メールでなるべく状況を随時知らせることと、レコーダーをバッグに入れて録音頼むよ」
妻「いやだ~!なんかリアル~!私が抱かれても嫌いにならないでね・・・」
私「心配するな。ひと時の夢を見ると思いなさい」
10日後、4月はじめの金曜日の夕方、ユリは早めに仕事を終え、家に帰りシャワーを浴びていた。
身支度が終わったユリを見て、本気だな・・・と悟った。

胸の開いたシルクのブラウスにスリット入りのタイトスカート、ヒップラインがエロく映る。
下着のラインが見えないということはTバックなのか・・・。
手にジャケットを持ち、助手席に乗り込んで来た。
妻「あまり期待しないでね~!楽しく飲めるだけで私は満足なのだから」
私「権藤がモーション起こしたら・・その時は・・・」
妻「わかっている!その時はメールで知らせるわ。貴方はどうしてる?」
私「一応9時半頃、会場の近くで待機しとくよ」

妻ユリを会場まで送り届け、近くのレストランに入った。
子供達は親に頼んであり家に帰る気にならなかった。
1時間くらい時間を潰し本屋へ寄った。
本を眺めていたところに最初のメールが・・・。
『権藤さんに会った!誘われた!どうしょう??』
すかさず、『ユリに任せるよ!わかっているね!』と返信。

送った後、心臓がドキドキして視界が急に狭く感じられた。
ユリから最初のメールが来てから落ち着きをなくした私は、本屋の外に出て震える手でタバコを取り出し火をつけた。
もう外のざわめきは音の消えたテレビのように流れていく。
30分後、私の携帯が振動した。

妻『また触られた!この前より積極的!飲まれそう・・・』
私『その時はレコーダーのスイッチ忘れないようにね!』
悶々とした時を車の中で過ごした。
時刻は9時を過ぎ、そろそろ終わりそうだな~!と思いエンジンをかけた。
それと同時に携帯の赤ランプが点滅した。

妻『やっぱり私には無理!迎えに来て!』
安堵感と拍子抜けの気持ちが入り混じった精神状態の私は、隠れるように会場の玄関脇に車を停めた。
しばらくすると大勢の人が流れ出てきた。
薄暗くてよく見えなかったが、ユリはまだ出て来ない。
人の流れが終わりかけた時、大男に寄り添うようなユリを見つけた。

(あれが権藤か・・・)
ヒールを履いているユリが男の肩までも届かない。
権藤とユリはタクシーの前で何か言い合っている。
ユリは盛んに手を横に振っている。
(何してるんだ・・・早く戻ってこい!)
ハンドルを持つ手が汗ばんでいた。

目の前で起こっていることの現実感がなかった。
ついにユリは強引にタクシーに乗せられてしまった。
しかし、すぐ権藤は携帯を耳にしながら車を降り会場へ戻って行った。
なぜかユリは車に乗ったまま。
しばらくして携帯が鳴った。

妻『どうしょう?抱かれてしまう!』
私が返信を打っている間に権藤が戻り、タクシーは出発してしまった。
慌てた私はすぐタクシーを追いかけたが、信号待ちで見失ってしまった。
当てもなく探していたが15分後。
妻『ホテルに入った!◯◯町の△△ホテル!ごめんね・・・』
私はすぐそのホテルに向かった。

(あの中で・・・)
ホテルに入ることも出来ず遠くから眺めていたが、それから3時間経っても私の携帯が鳴ることはなかった。
夜1時過ぎてもメールがないため、仕方なく私は家に戻って待っていた。
2時半過ぎにやっとメールがきた。
妻『今からタクシーで帰ります』
3時前、車の止まる音がして迎えに出ようとしたが、なぜか玄関で足が動かなくなってしまった。

ゆっくり扉が開き、ユリが入って来た姿を見て驚いた。
まるで幽霊のように魂のない表情、目は泣き腫らしたみたいに赤く充血し、すいてきたであろう長い黒髪もボサボサ!
「ただいま!」の声も枯れている。
私は崩れそうなユリの身体を支えて寝室へ連れて行った。

ガーターストッキングはあちこち伝線しており、タイトスカートのスリットは大きく裂けていた。
安全ピンで隠していたが・・・。
私「どうした?この破れは・・・」
妻「・・・べッドに押し倒された時、裂けたの」
着替えを手伝いながら見たユリの身体のあらゆるところにキスマークなのか赤いアザが・・・。
乳首は普段の倍以上に膨れ上がり、手首の近くに大きなアザがあった。

私はユリのアソコを見るのが怖くなっていた。
私「ど、どうだった・・・?」
ユリは一筋の涙を流し・・。
妻「もう・・・私のカラダ・・・ぐちゃぐちゃよ・・・」
私「そんなに・・・凄かったのか・・・」
それには答えずユリは、「なんで・・・なんで・・・あんな男に抱かせたのよ・・・」と言って泣き始めた。

ひとしきり泣き終えて落ち着くと、少しずつ話し始めてくれた。
妻「タクシーの中でキスされたわ。その時、私も覚悟した。ホテルに入ってすぐトイレに入り貴方にメールしたの。レコーダーのスイッチも・・・。自分で驚いたの、ショーツがぐっしょり汚れていた・・・」
私「それで・・・」
妻「トイレから出ると、もう彼は下着1枚になっていた・・・凄い身体だった・・・。物凄くアソコが膨らんでいて、それを目にしたらカ~ッとなっちゃったの・・・」

私「シャワー無しか・・・」
妻「そう・・・いきなり押し倒されて、お尻だけ後ろ向きにスカートを捲られ、ショーツをずらされアソコをしゃぶられたの・・・」
私「感じたか・・・?」
妻「ウン・・・凄い刺激だった・・・ごめんね・・・」
私「あいつのは・・・デカかったのか・・・?」
私は下半身に疼きを覚えながら震える声で聞いた。

妻「・・・言わせるの・・」
私「あ~、言ってくれ!」
妻「・・・あんな黒くて大きいモノ、初めてだった・・・硬くて凄い重量感・・・お口にも入らなかった・・・私の中に入ってきた時、本当に裂けると思ったぐらい・・・」
私「入れられて・・どうだった・・・」
妻「・・・怒らないでね。一番奥まで入れられたら、すぐイカされてしまった・・・」

ユリは私のモノではなかなかイカない身体だった。
指や舌ではイクのですが・・・。
私「何回くらい・・・イカされた・・・?」
妻「5回くらいまでは覚えていたけど・・後は数え切れないくらい・・・。気を悪くしないでね・・・本当は・・・ずっと・・・イキっぱなしだった・・・」
私「す、凄いなぁ・・・あいつは何回出した・・・?」
妻「・・・私の中に2回・・・お口に1回・・・」

私「まさか、飲まされた・・・?」
妻「・・・ごめん・・・途中から私・・おかしくなった・・・狂ってしまった・・・。あまりにも感じ過ぎて、ずっと泣き叫んでいたみたい・・・。彼が後から、『隣町まで届く喘ぎだったな~』と言ってたもの・・・」
私「そんなに・・・感じた・・・」
妻「ごめんね・・・あんな絶頂は初めてだった・・・身体の奥深くから湧き上がるの・・・。子宮が泣いているのを実感したわ・・・それにね・・・」

私「何・・・」
妻「・・・イクたびに潮吹いたの・・・それも・・・いっぱい・・」
私「・・・」
妻「私が耐えきれずのたうち回るから・・・シーツやその下の防水シートまでぐしゃぐしゃになってべッドの隅に落ちていたわ・・・だからマットも水びたし・・・。あとでわかったんだけど・・・」
私「失神した・・・?」
妻「・・・ウン・・・セックスで初めて気を失った・・・2回・・・ごめんね・・もう眠らせて・・お願い・・・もう無理・・・」

私はユリに挿入するタイミングを失い、ユリのやつれた寝顔を見ながら自分でするしかなかった。
ユリの体験は遥かに私の許容範囲を超えていた。
刺激どころか、嫉妬、怒り、後悔の入り混じった気持ちで胃の痛みに耐えながら一睡も出来ないまま朝を迎えた。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
妻的にはよかったの?嫌だったの?


コメントを書く