【青姦】彼女と登山に行ったらやたらと交尾を目撃した結果・・・・・・・・

閲覧数: 4,560 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

俺は今大学2年。
彼女は4年生で就職が決まりました。
今年の春、彼女が山ガールデビューしたいと言うので、一緒にトレッキングをする事にしました。

ネットで調べると高尾山は物凄く混むらしいので、神奈川の同じくらい低い山にしました。
天気は最高でポカポカのいい日でした。
駅を降りて15分くらい歩いていよいよ山らしくなってきたところで、住宅街の角を曲がりました。

すると、あの“お父さん犬”のような白い犬が、もう1頭の犬に乗っかってヤッてるところでした。
「ヤダ~ッ」って言いながら、彼女の目は釘付けでした。
俺達に気付くと、雄は腰を数十秒動かしてから離れました。

2頭ともすぐに走り去りましたが、立ったままの雄のものからは液体が垂れてました。
彼女はちょっと顔を紅潮させ、「初めて見た・・・」と驚いてました。

そこから20~30分ほどなだらかな山道を登ると、海を見下ろせる視界が開けた所に出たので休憩しました。
俺「そこの岩陰の所がもっと眺めがいいらしいよ」
真帆「危なくない?」
進んでみると崖でもなく、結構広いスペースでした。

そこに座ってお茶を飲んでいると、茂みの方からガサガサ音がします。
音がした方を恐る恐る覗くと、そこには2頭の猿がいて、さっきの犬のように真っ最中でした。


真帆「や~ねぇ、今日はこんなのばっかり・・・」
大笑いしながら戻ってきましたが、彼女の目は潤んでます。

俺「真帆もヤリたくなったんじゃないの~?」
真帆「えぇ~・・・まさかぁ・・・」
俺の方が勃起してきちゃいました。

彼女「やだぁ、ゆうすけ・・・」
バレちゃいました。
俺「してよ・・・」
真帆「え~・・・ちょっとだよ・・・」

この日は個室の露天風呂に寄って帰る計画だったので、真帆も期待してたと思います。
俺のモノを取り出すと、いつものように長いストロークで奥まで咥え込みます。
真帆のシャツのボタンを外してて硬くなった乳首を弄ると、口を外しました。

真帆「あぁ、ゆうくんダメぇ、欲しくなっちゃうよぉ・・・」
俺もガマン出来なくなって、真帆の後ろに回って服を下げ、さっき見た犬のように繋がりました。
野外で、それも太陽の光が当たる真っ昼間にやるのは不思議な気分でした。

ちょっと気配を感じて振り返ると、40代くらいの夫婦のような2人が岩陰から覗いてました。
俺「あぁ、イキそう・・・イッてもいい?」

腰の振りを早めながら真帆に覆い被さって耳元で囁きました。
俺「俺達も見られてる・・・」
真帆「えぇっ・・・!?」

彼女は驚きましたがそのままイッてしまい、いつもよりキツく締まったオマンコに俺もドクドク出しちゃいました。
ナマで出してしまったので後始末に時間がかかり、30分くらいしてからまた登り始めました。

もう少しで頂上です。
頂上には茶店があるらしいのですが、平日は休みのようでした。
頂上に着いても誰も居ないようで、鳥の鳴き声しか聞こえない全く静かな空間でした。

真帆「貸し切りだね~」
真帆が作って来たお弁当を広げようとしたら、茶店の方でゴトッと音がしました。
恐る恐る2人で覗きに行くと、さっき俺達を覗いてた中年カップルがヤッてるところでした。

大きく広げた女性の両足を男性が抱え込むようにして、上から下へ打ち込むように出し入れしてました。
女「イクイク、イクゥ~!」
女性は両足を男性の腰に絡み付けると、大きく激しく腰を動かしてました。

俺と真帆は上気したまま元の場所に戻ってお弁当を静かに食べました。
帰りに寄った貸し切り温泉は個室露天風呂付で、お座敷には布団も敷いてありました。
3時間で何発やったか覚えてません。

「山で疲れたのか、下りてから疲れたのか分かんないねぇ~」って、笑いながら帰りました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なんだこれ?


コメントを書く