【巨乳】上司からのセクハラ相談をしてきた新米女教師の本性・・・・・・・・

僕の経験では、知的な人ほど痴的な印象があります。
これは10年ほど前の体験。
Kさんとはコンパで知り合った。
顔立ちは、良く言えば菅野美穂。

ニットからは、ロケットのように尖った大きな胸がせり出し、深くくびれたウエストから広がる張りのあるヒップは、ボーダーのタイトスカートに包まれ、まるで女王蜂のよう。
170cm弱の身長と相まって、抜群のスタイルだった。
何より男心をくすぐったのは、Kさんの職業。
Kさんは新卒の女教師だった。

肝心のコンパは低調だったが、とりあえず、電話番号の交換はしていた。
すると、コンパから数日たった木曜の晩、Kさんから連絡があった。
あのコンパの日、Kさんと2人だけで話したのは一度だけ。
同僚の中年教師から執拗なセクハラを受けているという話だった。
その日の電話もセクハラ上司の話題から始まった。

「上司が、必要以上に残業を命じて、2人きりになろうとする」とか、「上司からのラブラブメールに、冗談ぽく返した返信で脅されている」とか・・・。
あからさまなセクハラ&パワハラに怒りを感じた僕は、親身になって答えた。
Kさんは大袈裟なほどお礼を言って、こう続けた。

「良かったら、お食事でもご馳走させてください」
「いや、いいよ、年下の女の子に奢ってもらうわけにはいかんよ」
Kさんより5つ年上の俺は、やんわりと断った。
「私も、今回のことで色々欲求不満が溜まってるし、私のためにも付き合ってくださいよぉ」
Kさんの物言いには、“隙”というか“艶っぽさ”のようなものがあった。

俺「『欲求不満』とか言うと、男は勘違いするよ」
K「すみません・・・でも、毎日毎日『いやらしい女』とか『淫乱』とか罵られて・・・否定するんだけど、私の中にも、それなりに性欲はあるし、A(俺)さんみたいな人ならって思ったり・・・」
俺「えっ!?」

大袈裟に驚いてみたものの、内心、彼女の好意を感じていた僕は、すぐ気持ちを切り替えた。
K「あれ、すみません、変なこと言っちゃって」
俺「そっかぁ、Kちゃんはセクハラされながら、いやらしいこと考えてるんだ」
K「いや、そんなことないんですよ、そういう気持ちも、少しはあるって言うだけで・・・」
わざとらしく狼狽えるKちゃんの受け答えに、俺のS気質が一層触発された。

俺「俺とならどんなことをしたいの?」
K「えっと・・・ご飯を食べたり・・・」
俺「それだけ・・・」
K「それは・・・」
口ごもった彼女を、穏やかな口調で攻め立てた。
それほど時間はかからなかった。

単純な飴と鞭の使い分けであっさり彼女は落ちた。
K「Aさんに・・・して欲しいです・・・」
俺は手を緩めなかった。
俺「この前のコンパから、ずっとそんなこと考えてたの?」
K「ずっとって訳じゃないけど・・・」
俺「じゃあ、時々考えたんだ。ただ、考えただけ?」
K「えっ?」

俺「男は、そんなこと考えると、抑えきれなくなって自分でしちゃう。女の子もそうでしょ?」
K「わたしは・・・」
再び口ごもった彼女の反応を見て、僕は確信を持って問い詰めた。
俺「Kちゃん、僕のこと考えて1人でしたでしょ?」
K「そ、そんな、違います!」
俺「ホントのこと言ってよ。僕は、こんな話聞かされたら堪らない。このあと、Kちゃんのこと考えて1人でするよ」

K「えっ、わたしで?」
俺「できたらKちゃんに手伝って欲しいなぁ・・・ねぇ、一緒にしようよ」
彼女が息を呑んだのがわかった。
K「どうやって、すればいいですか?」
俺「いつもしてるみたいに」
K「いつもなんてしてないです!」
俺「じゃあ、たまにやってるみたいに」

K「も、もぉ・・・」
彼女の反応を楽しみながら、少しずつハードルを上げて命令した。
「上着の上から胸を揉んで」
「上着を脱いで」
「パンティを割れ目に食い込ませて」
・・・彼女は、躊躇いながらも従順に従った。
呼吸は次第に荒くなり、喘ぎ声が漏れ始めた。

K「はぁはぁ、もう我慢できないです。今から会えませんか?」
突然の攻撃に驚いた。
魅力的な申し出だったが、時刻は深夜0時を回り、明日も仕事がある。
俺「今日は無理、明日の夜9時過ぎで良ければ会えるよ」
K「ホントですか!」
俺「でも、今、ちゃんと僕の前でイカないと会ってあげない」
K「そんな・・・」
俺「はい、じゃあ続けて」

冷淡に言い放ち、彼女にオナニーを続けさせた。
K「ダメ、声が出る・・・あぁっ・・・くっ、はあっ・・・イクっ!」
彼女の荒い呼吸を聞きながら、僕はオナニーしていなかったことをばらした。
K「ずるい、あたしにだけ恥ずかしいことさせて・・・」
俺「俺は、明日にとっておくよ」
K「はい・・・じゃあ、明日待ってますね」

翌日、食事も終えてから、待ち合わせ場所へ向かった。
彼女は先に来て待っていた。
相変わらずボディラインを強調する服に身を包んだ彼女が、助手席に滑り込んだ。
俺「ホントに来たんやね。Kちゃんはホントにエロ教師やね」
k「そんなん言わんといてください!」

彼女をからかいながら、昨日、最後に交わした約束を確認した。
俺「約束どおり、下着付けずに来た?」
K「いや、それは・・・」
俺「約束破ったんや・・・」
K「ごめんなさい、でも、色々お店にも寄ってきたから・・・」
俺「約束守れん子とは会えないなぁ・・・」
K「ごめんなさい、いじわる言わんといて」

俺「じゃあ、その分がんばれる?」
K「はい・・・」
俺「じゃあ、今下着を脱いで」
K「えっ、でも・・・」
俺「頑張るんやろ?」
彼女は、服を着たまま、狭い車内で窮屈そうに下着を脱いだ。
俺は、彼女のピンクの下着を預かると上着のポケットに入れ、車を出した。

途中コンビニで、ビールや摘みを買い込んだ。
彼女は顔を真っ赤にしながら、さして寒くもない店内を腕組みしたまま歩いていた。
俺らはそのままホテルに入った。
ホテルに入ると、すぐに彼女をベッドに押し倒した。
荒いキスを交わすと、彼女もそれに応えた。
そこからの彼女はとても貧欲だった。

俺の指示を待たずに上着の下に手を滑らせ、俺の肌を弄り、そこかしこにキスをした。
よだれを垂らしながら、俺のパンツを下ろし、ソレを口に含んだ。
痛く感じるほど、激しく吸い上げ、深く飲み込んでいく彼女。
俺も、性急に服を脱がせた。
23歳の身体は、まだ固く青さを感じさせた。
それでも、軽く胸を揉んだだけで、彼女の股間は滴るほどに潤み、指にまとわりつく液体はねっとりと糸を引いた。

K「もう、ください!」
昨日から焦らされていた彼女は、叫ぶように言った。
焦れていたのは俺も同じ。
求められるまま彼女を貫いた。
彼女のそこは、肢体同様に固い印象。
それでも、十分な湿りがスムーズな挿入を助けた。

彼女は吠えるような喘ぎ声を上げながら、5~6回、仰け反るように達し、俺も3回、彼女にぶちまけた。
1度目を顔で受け止めた彼女は、拭き取るまもなく、2度目を求めた。
ベッドは、冷たくなってもう寝られないほど、水浸しになっていた。

翌日、起き抜けに一度した後、彼女と別れた。
その晩、彼女から告白されたが、適当にお茶を濁し、そのまま連絡しなかった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なにこのリア充・・・


コメントを書く