【肉便器】会社でのトイレオナニーが年下の主任にバレた結果・・・・・・・

閲覧数: 4,342 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

30代後半の独身OLです。
年齢とともに男性に相手にされなくなり、今ではオナニーばかりしています。
職場で女性は私だけなので、よくトイレでローターを使ってオナニーしてます。
女性が入ってくることはないし、男子トイレからも離れているから気兼ねなくオナニーできるのです。

ある日の昼休み、いつものようにローターでオナニーして、個室のドアを開けると主任のKさんが立っていました。
死ぬほどびっくりしました。
手には剥き出しのローターを持ったままです。
音も聞こえたでしょうし、喘ぎ声も出していたので、私が個室の中で何をしていたかは完全にバレていたと思います。

それ以来、私はKさんのおもちゃです。
ローターやバイブを入れられたままフェラチオをさせられます。
目の前でオナニーをさせられることもあります。
でも私は入れて欲しい一心でKさんの命令に従います。

私にとってKさんのおちんちんは4年ぶりのおちんちんなんです。
私より6歳年下の若いおちんちんを入れてもらえると思うだけで、正直濡れてしまいます。
Kさんは結婚しており、先日奥さんが妊娠されました。
その間、性欲処理にいつもより多く使われました。
はっきりいって、めちゃくちゃ嬉しかったです。


ある時などは一人暮らしの私の家にいきなりやって来て、洗濯機に抱え込むような体勢で、前戯も何もなしにいきなりバックで入れられました。
部屋に入って、10秒後には入れられてました。
それでもすぐに濡れて、めちゃくちゃ感じてしまいました。
そして発射すると、すぐ出て行きました。

この前は終業後の誰もいない会社の応接室に呼ばれて行くとKさんと新入社員のT君がいました。
「こいつ童貞なんだって。◯◯(私のことです)のこと、まあまあきれいだって言うから、やらせてやれよ」
そしてKさんの目の前でT君とやりました。
人前でするのは初めてで、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

T君はさすがに勝手がわからないようでしたが、Kさんがリードしてやれと言うので、私がリードして、騎乗位で挿入させました。
T君はすぐいってしまい、Kさんがもう一発させろというので、精液まみれのT君のおちんちんをしゃぶって立たせ、次は正常位でやらせました。

そうしてT君の初体験の終えるとKさんはT君と連れ立って先に帰ろうとします。
私は童貞に中途半端に弄られた体をどうにかしてもらいたくて、T君のいる前でKさんのズボンのすそを掴んで、目で訴えました。
すると「しょうがねえなあ」と言ってT君を外に出し、フェラで立たせた後、バックでハメてくれました。

私はいろんな感情がぐちゃぐちゃになってたけど、バックで突かれてすべてを忘れるくらい感じて、大きな声を出していってしまいました。
すぐ外のT君には丸聞こえだったと思います。
それからはT君の性欲処理もさせられています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
へーーー・・・


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    以外と需要あるもんだ

コメントを書く