【フェラ】普段大人しい女友達が酔ってトイレに突入してきた結果・・・・・・・

閲覧数: 5,593 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

俺が大学2回生の頃、仲のいい男友達2人と、女友達3人でログハウスを借りてちょっとしたキャンプに行った時の話。
女3人をA子、B美、C代とすると、A子とB美は結構可愛くて、A子はちょっと大人しめで、B美はにぎやかなタイプだった。
俺のお気に入りはA子だった。
とは言っても友達なので、別に普段そこまで意識したりはしていなかった。

夜、みんなで飲んでくだらん話で盛り上がったりしてた。
結構みんな酔っ払ってきてて、俺は小便がしたくなったので、「ちょっとトイレいってくるわー」と言って外にあるトイレに向かったんよ。
(トイレはログハウスを出てすぐのところにある)
トイレには入り口にドアがあって、入ると正面に男用の便器がある。
その右手に更にドアがあって、和式の便器がある。
つまり、トイレ自体は男女兼用。

俺はトイレに入ってすぐに小便をし始めた。
かなり溜まっていたので、勢いよく出ていた。
そしたらすぐに、ドアの向こうからA子の声がして、「◯◯(俺)くーん、いてる~?」って聞こえたと思ったら、ドアを開けて入ってきた。
俺はA子に背を向けて小便している状態だ。
すると、なんとA子は「あー、◯◯くん、おしっこしてるじゃーん。ちょっと見みちゃおー」と言いながら、後ろから覗き込んできた。

A子は普段ここまでのキャラではないのだが、どうやらかなり酒が入っていたらしい。
よくある縦長の小便器なら、便器に身体を密着させれば防げるのだが、この便器は丸い小さいタイプの便器だったので、密着防御は不可能。
俺「おい、やめろって!」
身体をA子と逆方向に向けて抵抗した。
A子「もう、そんなに嫌がって、自信ないのかなぁ?」
そう言いながら、俺の両肩を持って無理やり自分の方に俺の身体を向け直した。


俺は勢い良く小便が出ていたし、酔っていたしで、それ以上抵抗する気もなくなった。
A子は俺のチンコを覗き込み、「うわー、おしっこ出てる~!」とテンション高めで言ってきた。
そして、「あれ?◯◯くんのおちんちん包茎じゃ~ん、可愛いっ」と物凄いことを言ってきた・・・。

俺は、「うるせー!つーか、見んなよ!」と言うしかなかった。
そう、俺は仮性包茎で普段は完全に皮が被っている。
普通なら絶対見せないように抵抗しているはずだが、酔いのせいもあってか、不覚にも見せてしまった。
A子は2、3秒じっと見たあと・・・。
A子「ねぇ、これって剥けるの?」
また心無いことを聞いてきた。

俺は顔から火が出そうだった。
仮性なのでもちろん剥けるが、俺が無視していると、しつこく「ねぇ、剥けないの~?」と聞いてきたので、俺は「もういいだろ、うるせーなー!」と言って、身体をA子と逆に向けた。
するとA子は「もう~!」と言いながら、俺のジャージとパンツをズルッっと足首まで下げやがった!
俺はめちゃくちゃ焦った。

俺「おいおいおいおい!」
俺が叫んでいる横で、A子はケタケタと笑っていた。
俺はとにかくジャージを上げようと、終わりかけの小便もそこそこに、ジャージに手を伸ばすように前屈みになったとき、A子は俺の後ろから、両手で抱きかかえるように手を回し、ちんこを鷲掴みしてきた!

俺「うっ!」
A子「つーかまーえたー」
俺「な、何すんだよ!」
俺は動揺しまくりで、A子が俺のちんこを握っている・・・という複雑な嬉しさも混じっていた。
A子「ねえ、よく見せてよー」
俺「バカか!見せるわけねーだろ!」
A子「じゃあ、戻ってみんなに、◯◯くんは包茎だったよって言ってもいいんだー」

俺は正直、これから何かが起こりそうな期待もしていたので、それ以上強く反抗することもなく、「なんだよそれ・・・わかったよ!」とか言いながら、抵抗することをやめた。
A子「やった」
そう言いながら、俺の身体を自分の方に向け直し、俺の股間の前に顔が来るようにしゃがんで、俺のちんこをじっと見た。

A子「◯◯くんのて、ホントにめっちゃ包茎じゃーん!すごい可愛いんだけど」
俺はその言葉を聞いて、なんだか興奮してきて、あっという間にボッキしてしまった。
A子「あれ?なんでおっきくなってるのよ~?なんもしてないのに。でも全然剥けてないけど、やっぱり剥けないの?」
俺「ちゃんと剥けるって!」
A子「そうなんだぁ」

そう言いながら、俺のちんこの亀頭部分を摘み、ゆっくりと根元へ皮を下ろしていった。
A子「あ、ほんとだ!剥けた剥けた。なんかエロいね~」
ゆっくり剥いたり被せたりしながら、楽しんでいるようだった。
包茎にとっては、剥いたり被せたりされるのは最高に気持ちいいわけで、俺のちんこはすでに限界まで硬くなっており、気持ちよさも最高潮を迎えようとしていた。

俺「A子、ちょっとやめろって、まじやばいって・・・」
少し声を震わせながら言った。
A子「え?そんな気持ちいいんだ?◯◯くん、可愛いなぁ」
A子がそう言った直後に、俺の股間は温かい感覚に包まれた。
驚いたことにA子が俺のちんこを咥えたのだ!

そしてA子が唇で二回ほどピストンした瞬間に・・・。
「うっ!」という声とともに、A子の口の中に思いっきり射精してしまった・・・。
A子は一瞬びっくりしたようだったが、俺の射精が完全に終わるまで咥えたままでおり、終わるとゆっくりと口を離した。
そして入り口近くの手洗いに俺の精液を出しに行った。

A子「うー、まずいー!ていうか、いきなり出すんだもん、びっくりしたよ~」と笑いながら言った。
そして「もう、もうちょっと我慢してよね」と追い討ちをかけてきた。
俺「ご、ごめん・・・」
思わず謝ってしまったが、呆然としていた。
俺のちんこはげんなりと下を向き、また皮が被った状態になっていた。

A子はおもむろに先っちょの皮を摘みあげ、「こんなんだから、我慢できないんじゃないのー?もう」と笑いながら言ってきた。
俺「いててて、引っ張るなって!」
そう言うと、A子は指を離し・・・。
A子「もう、◯◯くんて結構かっこいいのになぁ。あ、でも私は包茎気にしないからっていうか、可愛くて好きかも。だから安心してね」

俺は突然のことに、嬉しいやら恥ずかしいやらなんとも言えない複雑な心境になった。
A子「でも、もうちょっと我慢できるように鍛えないとだめかな~。ははは」
俺「ば、ばかやろ!今は突然でびっくりしたからだよ!」
俺は訳のわからない言い訳をしながら、パンツとジャージを上げた。
こう書くと長いようだけど、実際にはこの間、10分も経ってなかったと思う。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
オシッコまみれじゃねーの?


コメントを書く