【痴漢】本屋で見つけた色っぽい熟女のまん丸尻を撫でてみた結果・・・・・・・

閲覧数: 5,689 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

こないだ、暇潰しにとあるショッピングセンターの本屋に行ったときの話。
適当に見ているうちに、文庫本のとこに非常にお尻まん丸で色っぽいおばさんを発見!
ベージュのダウンに白のチノパン、歳は40くらいの人妻かな、と思った。
幸い、平日の早い時間の為か、周りに人はほとんどいない。

早速、奥さんのそばに近付き、様子を見ながら間合いを詰める。
本に熱中しているのか、気付かないみたい。
奥さんは某作家の不倫物を見ている。
それだけで勝手に確信。
(この奥さん、不倫に憧れているな)と。

そこで隣に寄り、辺りを確認。
誰もいない。
そして、身体を少し寄せるようにするが、気付かない。
右手を一気に伸ばし、奥さんの大きな丸いお尻に。
ビクッ、とするが、構わず露骨にお尻を撫で回す。

ここで騒がれたら逃げればいいだけのこと。
しかし、奥さんは身体を硬くしただけで、動けなくなっているようである。
(いける!)
そう確信した私は、奥さんのお尻を揉みながら腰を引き寄せるようにすると、下を向いたまま耳まで真っ赤になった奥さんはこちらに身体を預けるようにしてくる。


今度は右手を奥さんの肩に回し、左手でダウンジャケットの開けてあるとこから手を忍ばせ、乳房を揉むと、奥さんは「はぁっ」と色っぽい声を小さくあげる。
耳元で「奥さんの身体、エッチっぽくていいですね」というと黙って身体を預けてくる。

「奥さん、これ触って」と云いながら奥さんの右手を私の股間に導くと、身体を硬くしながらも恐る恐る、という感じで触りだし、だんだんと弄るようにしだした。
「奥さん、ここじゃまずいからトイレ行こうよ」と言うと素直に頷き、トイレへ・・・。
男子トイレの個室に入り、奥さんとディープキスしながらお互いに股間を弄りあう。

奥さんのチノパンとパンティー(赤でした)を引きずり下ろし、クンニすると「はぁああぁ~!」と艶やかな声を出す奥さん。
「フェラして」と頼むと、素直に私のモノを取り出しフェラする。
テクはまあまあだが、一生懸命の奥さんに私はヒートアップ。

奥さんを立たせて、後ろを向かせ、大きく丸いお尻を突き出させる。
挿入すると「はっ、はぁん」と背中を仰け反らせたので耳元で言葉責め。
「奥さん、色々な男に入れさせているの?」
「そ、そんなことしてません、主人しか知らないの」
「じゃあ、俺のおちんちんが二人目かな?」
「はっ、はっ、そうですぅ」
「いけない奥さんだね」
「あぁっ、そんな・・・あっ、あぁ~!」

本気汁をおまんこからダラダラと滴らせ、奥さんは必死にアエギ声をかみ殺す。
「お、奥さん、俺もうイクよ、奥さんの子宮に射精するよ」
「駄目ぇ~、中は勘弁してぇ~」
そこで腰を回すようにしてから、ピストンを早め、奥さんの子宮を突きまくると、
「あぁ~!いいわ、中に出してぇ~!中でいいの!中出しがいいのぉ~!」と承諾が得られたので・・・。

「奥さん!子宮に射精するよ!俺の子供を孕んで!」
「あぁ~、いいわ!孕ませてぇ~!不倫で妊娠したいのぉ~!愛してるぅ~!」
ドクッ、ドクッ、ドクッ
私のペニスから精液が奥さんを孕ませる為に発射される・・・。

奥さんもイッたようで肩で息をしている。
奥さんを抱き起こし、キスする。
その後、ホテルに入り、奥さんは大声で喘ぎまくっていた。
三回程中出しさせてくれて、お互いの連絡先を交換したが47歳とは思わなかった。
旦那は相手にしてくれないし、子供は自分勝手なので不倫願望があったらしい。

本当に孕んでもいい、と思っているみたいですが、それは怖いな。
でも、孕ませて、俺の子供として産ませたいのも半分あるかな。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
リアルに「勘弁してぇ~」を聞いてみたい


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    もっと頑張って創ろうよ

コメントを書く