【輪姦】大勢の浮浪者に24時間ぶっ通しで犯されました・・・・・・

閲覧数: 3,980 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

私は22才のOLです。
先月の29日、大勢の浮浪者に輪姦されました。
友達と飲んで帰り、公園で酔いを覚ましていたら、3人の浮浪者に公園の奥にあるプレハブの倉庫に連れ込まれてしまったんです。

無理矢理、キスされたり、胸を揉まれたり、でも、私は力の限り抵抗しましたが、無駄でした。
すぐに腕と脚を2人の浮浪者に押さえつけられ、パンストのアソコの部分だけ破かれ、パンティーを横にずらし、自分の唾液をペニスと私のアソコに塗りたくり、一気に入れられてしまったのです。

私を犯している男はパンストが好きらしく、執拗に私の脚を撫で回しながら激しく私を突き上げました。
そのうち、もう一人の男が私の顔を跨いでペニスを口に押し込まれました。
私は早く終わらせたいという一心で、必死にフェラチオをしました。

フェラの途中、私を犯していた男の動きが止まり、私の両足を抱えペニスを深々と膣内に沈めると、“ドックンドックン”と私の中に射精されてしまいました。
私はそれでもフェラをする口を休めませんでした。
(早く終わって・・・)
それだけを心で呟きながら・・・。


射精し終わった男がペニスを引き抜いたと思ったら、また膣内にさっきとは別の感じがするペニスが入れられてしまいました。
私はフェラチオをしながら、下から突き上げられながら、周りを見ると、10人以上の浮浪者達が、まだか、まだか、と待ちわびる様に下半身を出してオナニーをしていました。

私の目から涙が溢れ出て止まりませんでした。
(もう・・いい・・・好きにすればいい・・)
私は、もう何も考えず、犯されました。
時には、両手、口、アソコ、お尻で、五人同時に犯されました。

犯されている間、周りの浮浪者達はオナニーを続け、私の顔や、背中、お尻、脚、髪にまで、精液を大量にかけられました。
精液を飲まされ続け、もうお腹がいっぱいになってもフェラチオをさせられました。
時間の流れるのがとても遅く感じ、地獄でした。

そのうち、朝になってしまいました。
まだ終わりません・・・。
全身、精液まみれになり、私の膣内は浮浪者達の精液で溢れ返り、私は、何度も何度も気を失いながら犯され続けました。

意識喪失を何度となく繰り返し、気がつくともう夜でした。
ようやく浮浪者達も満足したらしく衣服を身に着けていました。
私は、目を薄く開けるのが精一杯で動けませんでした。
倉庫の中は精液と浮浪者達の体臭で充満していました。

私は、疲れ果てたのと、安心したので精液にまみれながら眠ってしまいました。
やっと動けるくらい回復したので家に帰ろうと上半身をゆっくり起こすと、アソコとお尻から“ドプドプドプッ”と、凄い勢いで溢れ出したんです。

冷たい倉庫の板張りの床に精液で水溜りの様になってしまい、スカートも、パンティーも、パンストも、靴も、ブラウスも、顔から、髪にも口の中まで全身、精液漬けでした。

(いま、何時だろう・・・)
そう思い、腕時計を見ると、時計も内部に精液が入ってしまい壊れていました。
彼氏に初めて貰ったプレゼントだったのに・・・。
とても修理になんか出せません。

私はその精液まみれの服を着て帰りました。
裸で帰るよりマシですから・・・。
次の日、会社を休みました。
外出するのが怖くて・・・。

大好きだった彼とは別れました。
とても彼に申し訳なくて、もう顔も見れません。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
確実に妊娠してるでしょ・・・


コメントを書く