【鬼畜】オカズにしてた元同僚がヘルスで働いてたので・・・・・・・・

閲覧数: 10,978 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

俺は朝のモーニング割引で一発抜いて営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。
呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いていると、まだ午前中とは言っても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。

そこで、顔見知りの女に出会ったのだ。
3年前に寿退社した、営業2課のT子だ。
他人の目を避けるように俯き加減に急ぎ足で左から横切るように右の路地に入った。
清楚な雰囲気が出ている女には不釣り合いな裏路地を歩いて、数メートル先の高級ヘルスに、ボーイに頭を下げながら店の中に消えていった。

昔、何度も残業と嘘をついて、T子のロッカーから制服やストッキングを取り出し匂いを嗅ぎながらオナニーをしたものだ。
その精液を制服の裏地に塗りつけたり、歯ブラシに付着させて昼休みに給湯室で磨く姿を想像してさらに勃起するという俺の憧れのズリネタだった。

3年前、学生時代から付き合った男と結婚し、すぐにガキができたと噂で聞いていた。
結婚式で見たT子の花嫁衣装。
今でも頭の中で、バックから突き上げるようにレイプしている俺。
よし、今日の相手はもう決まった!

T子にヌイてもらおうと店に飛び込むと、金額なんか気にすることなく今入った女の子を指名したいとボーイに伝えた。
案内された部屋に待機しているとT子が正座をして迎えに来た。
俺と視線を合わせることがなかったが、チャイナ風ミニワンピは期待通りのボディパーツだった。

まだ、慣れていないのか形式の挨拶がぎこちない。
話をしながら階段を上がり部屋に通された。
そこでT子は、初めて俺の顔をはっきり見た。
あきらかに動揺した表情になったのだ。

「ふふっ・・・まさかこんな所でT子ちゃんに会うとはね・・・」
「・・・」

T子は顔を赤らめ俯いたまま無言だった。
「失礼します・・・」とT子は備え付けの電話を取ってチェンジ願いをしようとしたが、俺がその腕を素早く掴んで「俺は指名したんだよ」と言ってやった。
T子はガクッとうなだれて正座のまま泣きだした。

話を聞くと競馬と競艇に狂った旦那と別れたらしい。
いつの間にかタチの悪い闇金融の保証人にさせられ、その返済を別れた後もしつこく迫われているという。
この店を紹介され、働いて返済しているらしい。
可愛いだけのバカ女・・・。
いい気味だった。

「そうだったの・・・でも今日は客だから存分に楽しませてもらうよ」
許してくれると勘違いしていたT子の顔色が変わった。
本当にバカな女だ。
「ズボン脱がしてチンポ舐めろよ」
T子は哀しげな表情をしながら、目を閉じ気味に俺のシャツとズボンを黙って脱がした。

ビンビンに勃起した俺のモノに手を当てると、覚悟したように大きく息を吸い込んでゆっくりと咥えだした。
「なかなかうまいじゃないか、昔会社内でも誰かにフェラしてたのか?それともヤミ金の連中に無理矢理仕込まれたのか!奴等にマンコもフェラもたっぷり味見させたんだろ?もう男のチンポ何百本も見てるから慣れただろ?」
言葉で泣かせると、T子は目を閉じたまま顔を左右に振ってイヤイヤをするだけだった。

やがて俺はT子の口を離すと、目の前に立たせ脱ぐように命令した。
下を向いて怯えているT子。
「金払っているのに女は脱がないのか!時間がないんだよ!さっさと男を咥えまくったマンコ見せろよ!」
脅すと歯を食い縛ってワンピのファスナーを下げ、ピンクの上下の下着を俺に見せた。

T子はゆっくり脱いで全裸になるとカゴの下にその下着を隠そうとしていた。
俺はその手を掴んでベッドに寝かせると、憧れだったT子の乳首を夢中になって吸った。
T子は抵抗することもなく俺の頭に手を置いて目を閉じて耐えていた。

「あっ・・・もうや、やめて下さい」
「ふぅ~、T子とこんなことが出来るとはね・・・」
T子と呼び捨て乳房を揉んでいたが、その手をマンコに向かって伸ばした。
「あっ!ダメ・・・困ります・・・お店では・・・禁止なんです」

手を掴んでマンコに指が入るのを防ぐT子に・・・。
「君とセックスしたいと思ってた奴もたくさんいただろうしな。あいつらにT子がここで働いていると知ったら飛んでくるだろうなぁ・・・」
そう言って脅すと抵抗が止まり、目を閉じて俺の指を必死に耐えていた。

湿ってきたのを指で感じるとイヤがるT子の足を強引に肩に担ぎ、ずっと想像しオナニーしていた憧れのマンコに対面した。
ガキを産んだせいか少し黒ずんでいるがまだまだ美味しそうなマンコだ。
俺はT子のマンコに舌を押し込んだ。

顔を真っ赤にして俺の頭を押して抵抗するT子。
舌でマンコとクリを舐めながら乳房を揉んでいるとさすがに人妻だ。
簡単に濡れだしていた。
俺の頭を手で押さえ抵抗をしているが、舐めているT子の身体がビクビク動き感じている。

濡れたのを確かめると、当然のように顔を上げT子の上に乗り、チンコをブチ込む体勢になった。
すると生意気にもT子が激しく暴れだしたのだ。
腰を振って俺のチンコを入れられまいと激しく抵抗しだした。

「大人しくしないと、本当に会社のやつらにばらすぞ!」
急に動きが止まり、顔を両手で覆ってシクシク泣きだした。
俺は勝ち誇ったように有無を言わさずT子の足を大きく広げると、一気に憧れだったT子のマンコに押し込んだ。

「いやぁ!」
叫びながら俺の身体を押して抵抗するが、力が入っていない弱々しかった。
腰を微妙に動かしてT子を責めた。
「あぁん、あぁん、あぁん」
人妻らしくなかなかいい声が、部屋中に響きわたり、俺の下で小柄な身体を震わせている。

息を吐きながら激しく突き上げるたび、豊かな乳房がブルンと大きく揺れる。
俺は両手で乱暴に乳房をギュッと揉み、さらに激しくT子を突き上げた。
さすがにガキを産んだ身体だ!
毛嫌いしている俺のチンコでも激しく身体を震わせキュッと締めつけている。

T子の動きに興奮した俺は、腰のスピードを早め子宮に放出するために、チンポがグッと膨らんだのだった。
さすがにT子は俺の気配を感じたようだった。
「ダメ・・・中はだめなの・・・お願い・・・ダメ、ダメ、ダメぇ~」
バタバタ暴れだしたが、それが余計に締まりを強くさせ、すごく気持ちよくなった。

そして、すごく濃いだろうと思われる精液を、ぶち込んでやったのだ。
満足した俺がベッドからおりるとT子は涎を手で拭いていた。
フラフラしながらも、マンコから溢れる俺の精子をティッシュで後始末をしていた。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
そんなうまい話どっかにないかなぁ・・・


コメントを書く