後輩と行ったライブで揉みくちゃにされてるうちに興奮してしまい・・・・・・・

閲覧数: 5,947 PV

※このエロ話は約 8 分で読めます。

高校3年の頃、某インディーズのパンクバンドが地元に来る事になった。
大ファンだった僕は早速チケットを買った。
学校でも結構人気のあるバンドだったのでチケットを2枚購入。
誰かに売って一緒に行こうと思っていた。

しかし何人かに声を掛けてみても皆受験生、高校3年の夏にライブなんて行く余裕のあるやつはいなかった。
チケットどうしようかなぁ・・と思ってたらある人に声を掛けられた。
その人は1コ下の後輩のR子。
中学生の時に同じ部活で仲のよかった娘だった。

中学時代は背も小さくて子供みたいなやつだったけど、高校に入ってからは急に成長して大人の体になっていた。
でも性格はそのままで小生意気な妹みたいな感じだった。
休み時間になるとたまに俺の教室に来ては、からかって逃げていく憎めない存在。
それがR子だった。

俺「なんか用か?俺は忙しいんだ!」
R子「せんぱーい!ちょっと噂に聞いたんですが・・・あのライブのチケット持ってるって本当ですか?」
俺「ああ、でも誰もいかねーってさ・・・皆受験生だからさ」
R子「違いますよ!先輩に友達がいないだけですよ」
俺「またお前は・・・地味にショックな事言うなよ」
R子「もしよかったら一緒に行ってあげてもいいですよ!わたしもファンなんです」
俺「おお!金出してくれるならもうお前でいいや!」
R子「やったー!一緒に行きましょうね!」

てなわけで後輩のR子とライブに行く事に。
まぁ気の知れたやつだからいいかと思っていた。

そしてライブ当日・・・。
駅前で待ち会わせ。
俺の服装はジーパンにTシャツという動きやすい格好。
やっぱりパンクのライブは暴れて何ぼだと思う!
待ち合わせに5分遅れてきたR子はというと・・・。
白キャミに黒いミニスカート。

俺「おま・・・!ライブに行くのにそんな格好かよ!」
R子「すいません・・・考えてみたら私服ってミニスカしかなかった・・・」
まぁ大丈夫だろうと・・・ライブ会場に到着。
まだ開演前なのに人がたくさん集まっている。
このライブはワンドリンク制なので、ライブ前に飲み物を取りに行く。

俺「すいません!ハイネケン!」
R子「ちょっと!お酒飲んじゃうんですか!」
俺「大丈夫だよ!ビールの1本くらい!お前は子供だからヤクルトでも飲んでろよ」
R子「なっ!私も飲みますよ!ハイネケン下さい!」
2人でハイネケンをグビグビ、R子の顔がちょっと赤くなっていた。

そしてライブ開演!
最初から盛り上がる!みんな暴れてぐっちゃぐちゃ。
しかし隣から悲鳴が・・・。
R子「ぎゃーーー痛いー」
慌ててR子を救出する。
俺「大丈夫か?後ろにいた方がいいんじゃないの?」
R子「大丈夫です・・・行かないと損する気がする」
おいおい大丈夫かよと思ったけど、心配なので俺がR子の後ろについてサポートすることに。

しかしライブは更に盛り上がり、人もさらにグッチャグチャになり、俺とR子の体もかなり密着していた。
R子が倒れないよう両手で抱きかかえるように支える。
・・・手に柔らかい感触。
R子「ちょ!先輩!そこは胸です」
結構大きい・・・手に少し納まらないくらいの大きさ。
このR子のおっぱいの感触のせいで、俺の興味は演奏よりもR子の体に・・・。

俺「ごめん!わざとじゃないんだけど・・・」
R子「・・・気をつけて下さい」
しかしグチャグチャになるたびにおっぱいを触る。
R子「先輩!絶対わざとでしょ・・・離して下さい」
ん?思ったほど怒ってない?
むしろ喜んでいるように見える。
「人混みがすごくて動けないんだよ」と言いつつ、今度は勃起したチンポをR子の大きめのお尻にグリグリと押し当てつつ、体中を触りまくる。

俺のチンポに気づいたR子は「もーーー」と言いつつ俺の手を拒む様子もなかった。
大音響と混雑で周りの人は気づかないので更にエスカレート。
すでに言い訳できないくらい・・・明らかに揉んでいる状態だった・・・。
R子「先輩・・なんか熱くなってきました・・・」
首だけ後ろを振りむき、俺に言ってきた。
気がついてみるとR子の顔は真っ赤!
どうやらライブ前に飲んだビールと、ライブで激しく動いたのと、俺から触られた事で、興奮しているらしかった。

決断した・・・最後までやってしまおう。
右手を胸から太ももに変えて、左手で左のおっぱいをモミモミ。
少しずつマンコに近づいていく・・・。
唇をR子の首筋に這わせつつ、振り向かせてキスをした。
抵抗されるかと思ったら・・なんとR子も口を開けて迎え入れてくれた。
激しく舌を絡ませつつ手はマンコに到着。
いきなり手を入れてみた。
R子の茂みの奥は・・・明らかに濡れていた。
しかもパンツが完全にぐっしょりになるくらい・・・。
外側がもうヌレヌレで指を入れるとスルッと入っていった。

右手でピストンしつつ左手でおっぱいをモミモミ・・。
その時・・・俺のチンポに当たるモノが・・・。
なんとR子も俺のチンポを握ってきた。
ズボンの上から激しく擦ってくる・・・。
俺はその手を受け入れるためにズボンのチャックを開けてチンポを引っ張り出す。
大きくなっているからなかなか出せない。
R子が無理やり手を入れて引っ張りだした。

R子は出てきたチンポを握ると激しく手コキ・・・。
俺も負けまいと更に激しく指でピストン。
R子のマンコはもうトロトロになっていた。
俺はR子を無理やり振り向かせて手と足を使ってパンツを脱がした。
R子とキスしながら抱きかかえるようにして挿入。
酒のせいなのか、興奮のせいなのかマンコの中はかなり熱くなっていた。

その状態では動きずらかったので隅のほうに移動。
R子を壁に手をつかせて後ろから挿入。
周りを気にせずに激しく責める。
R子の片手が俺の手を握り・・・R子自身も激しく腰を振ってくる。
激しく腰を動かしていると限界が近づいてくる。
隅といえども自由に動けるわけではないのでR子の中に出してしまった。
立ったままグッタリするR子。

R子「先輩・・気持ちよかった・・・外に出たい・・・」
俺は何も言わずにR子の肩を抱いてライブ会場を出たライブ会場を出ると、入口のすぐ横にある自販機の前に座る。
R子は地面にそのままペタッと座り込む。
R子「あ・・・冷たい!!」
そういえばパンツを脱いだままライブ会場に置いてきてしまった。
今さら戻ってもあの人ゴミの中から見つけるのは無理だろう・・・。

R子「どうしよう・・・」
俺「とりあえず・・・休憩できる場所に行かないか・・?」
R子はスカートを手で押さえつつ立ち上がった。
そして歩いて10分ほどの所にあるラブホテルに向かう事に。
そのホテルは僕が恋人と何回も入った事のあるホテルで、高校生でもバレずに簡単に入る事がが出来た。

そしてチェックインを済ませると、R子はお風呂に入る事に。
俺はR子がお風呂に入るとお風呂のドアの前に座って話しかけた。
俺「なぁ・・ごめんな・・なんかあんな事しちゃって・・」
R子「・・・」
シャワーの音だけが聞こえる。
俺「怒ってる・・・よね?」
R子「・・・ぶっちゃけなんですけど・・・」
俺「・・・何?」

R子「先輩の事、結構好きです」
俺「・・・マジ?」
R子「今日のライブも先輩と行きたかっただけです」
俺「・・・」
R子「怒ってないですよー。付き合ってくれますか?」
今まであんまりR子の事を意識した事がなかったんだけど、正直可愛いと思っていた。
この時は彼女もいなかったので「いいよー」と快諾。

R子「なんか軽ーい!後であれはウソだったとかなしですよ!」
俺「大丈夫だよ!」
R子「先輩・・・」
俺「何?」
R子「先輩も汗かいたんじゃないですか?」
俺「ああ・・・汗でベッドベトだよ」
R子「入ってもいいですよ・・一緒に」
「そうだよねー」とか言いながら俺はすぐに服を脱いでお風呂に・・・。
そこには立ってシャワーを浴びている裸のR子。

俺は後ろから裸のR子を抱き締めた。
R子「先輩ダメですよー!ちゃんとシャワー浴びてからじゃないと!」
そう言いつつシャワーを俺にかけてくる。
こっちを向いたR子の胸は思ってた通りの美乳!
Dカップぐらいのおっぱいが動きにあわせて揺れていた。
思わず凝視する俺。
それに気づいたR子は、「先輩!おっぱいばっかり見ないで下さいよー」と言いながら両手で隠す。

俺「いいから!な!ちょっと見せろ」
R子「だーめーですって」
無理矢理手を引き剥がそうとすると・・・。
R子「あー!もー!じゃあこれで見えないですよね!」
両手で抱きついてくるR子。
胸がムニュッと当たる。
もちろん俺はそれに反応してしまい。
勃起した。

それに気づいたR子。
R子「あーまた復活したー!ちょっと見せてくださいよ!」
俺「ちょっと!まって!あとからゆっくり!」
完全に立場が逆転。
完全に勃起した俺のチンポをR子が握ってきた。
R子「へぇーー!さっき出したのにすごい硬いですよ」
俺「まだ若いんだからしょうがないだろw」
R子「なんか汗臭いですね・・・洗ってもいいですか?」
俺「いいけど・・・乱暴にすんなよ」

なぜかこの時点で俺はR子のされるがままになってしまった。
R子は自分の体についてた泡を俺のチンポにつけると、手で包みこむように洗い出した。
竿をしごくように洗ってから玉までキレイに洗ってくれた。
そして泡を洗い流す・・・泡が気持ちよくて今までにないくらい硬くなっていた。

R子「すごーい!ドクドクいってますよ!」
R子は嬉しそうにしごいてきた。
俺「やめろって!マジでやばいっす」
R子「さっきのお返しですよwあんな所でイタズラするのが悪いんですよ!」
そう言うとR子は俺のチンポに顔を近づけて、舌先で亀頭の先端をチロッと舐めた。

俺「あ・・・やめろって」
R子「先輩・・可愛いですね・・・」
そう言って亀頭全体をぺろぺろと舐めて口全体に含んだ。
そしてゆっくりとピストン。
そんなにうまいわけじゃないけど、その状況にかなり興奮していた。

俺「ああ・・・お前」
R子「気持ちいいですか・・・嬉しい」
浴室に響き渡るのはチュプチュプというフェラの怪しい音とシャワーの音。
そしてR子の息遣いだけだった。
R子「先輩・・・湯船に入りますか?」
そういえば少し肌寒くなってきた。
俺「そうだな・・」

イッてなかったので少し残念だったけど、促されるままに湯船に入る。
向かい合わせの状態で入り。
改めてキスをした。
チュチュッと唇を合わせた後、舌を入れてみる。
もちろん向こうもそれに舌をあせてきた。
俺は左手で抱き寄せつつ右手でおっぱいを揉む。
乳首もすっかり硬くなっていてビンビンだ。

しばらく乳首を弄んだ後、R子のマンコに手を伸ばしてみた。
お湯とは明らかに違う液体でネットリとしていた。
入口でクチュクチュっと弄ってみると、R子の口から吐息が漏れ始めた。
R子「ああ・・・ぁ先輩・・」
俺「お前だって濡れてるじゃんw」
中指をヌプッとR子の中に入れてみる。
グチョグチョに濡れているので第2関節までズブズブと入っていった。

そして中でクイッと指を曲げるとそれに合わせてR子の体が反応する。
R子「先輩・・それダメ・・・感じすぎる」
俺「いいから・・・」
そう言いつつ指を2本にして中をグチュグチュと掻き回す。
R「アアアーーーーーッッダメーーッッ」
大きく仰け反りマンコが指を締め付ける。
どうやらイッてしまったようだ。

R子を抱き締めると、激しく肩で息をしている。
目を見ると涙でウルウルと下目で僕を見上げる。
僕はR子を抱きあげながら立ち上がった。
R子「ちょっ!先輩!怖いって!」
俺「大丈夫だよ!もうちょいでベッドだ」
そして俺はR子をベッドの上に放り投げると、R子はダブルベッドの上で大きくバウンドした。

そして俺はそのままR子の上に覆いかぶさり、キスをした。
R子も俺のチンポを握りながらキスを返してくる。
そして自分の手でチンポをマンコに導き抱き締めてきた。
R子「はいっっ・・・たぁ・・」
中はすっかりトロトロで物凄く熱い。
そしてR子は相当気持ちよかったのか、正常位の体勢で下から腰を振ってくる。

しかし最後は僕も責めたかったので、R子の両足を持ってマングリ返しの体勢に。
R子の濡れたマンコに、俺のチンポが飲み込まれていくのがよくわかる。
全体重をかけて奥まで突くと、R子の口から今まで以上に大きな声が上がる。
しばらく全力で突いた後は、R子を四つん這いの体勢にして後ろから突く。

ここでもR子は自分から腰を振ってきたが、俺はR子の腰を押さえつけて突きまくった。
パーンパーンパーンとリズミカルに突いていると限界が近づいてくる。
しかもバックでしているとライブハウスでのシチュエーションを思い出してしまい・・・また中に放出してしまった。

この後、R子とは高校を卒業するまで突きあ・・いや付き合い、今でも実家に帰った時には呼び出してセックスしてます。
R子も、ライブハウスでセックスした事を考えると、ものすごく興奮するそうです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
大ファンのバンドのライブじゃねーのかよ


コメントを書く