【不倫】息子の家庭教師のラガーマンの膨らんだ股間にアソコを濡らしてしまい・・・・・・・

閲覧数: 2,796 PV

※このエロ話は約 12 分で読めます。

私が不倫に走ったのは、このサイトの投稿を見たのがきっかけです。
今日は私の実体験を、できるだけ克明に皆さんにお知らせします。
告白したい衝動を止められないんです。
実はもう、それだけでヌレヌレになってしまっている、はしたない女です。

私は38歳の専業主婦です。
小4の一人息子の私立中学受験のため、家庭教師をつけました。
お友達の関係で紹介された家庭教師は、一流私立大学に通っている宮田隆志さんという方です。

大学ではラグビーをやっていて、がっしりした男らしい体格、はにかんだ表情が素敵な方で、正直言って初めてお会いしたとき、すごくときめいたというか、恥ずかしいけど一目惚れしました。
その時、宮田さんが「お母さんがこんなに若くて綺麗な方だなんて、びっくりしました」と言ってくれたのが嬉しかった。

私は身長167cmと高めで、どちらかというと痩せ型。
胸が小さい割に、お尻は大きめで、自信があるのは、生まれつきの色白と、脚の線くらい。
友達は「ひとみって、いまだに美脚でいいよね」と言ってくれます。


主人の帰宅は、ほとんど毎日深夜。
夜の方も久しくないこともあって、宮田さんの出現は、私の女の部分を揺り動かしてくれました。

だから、宮田さんが来る日は、自然に心がうきうきして、怠けていた化粧もきちんとして、マニキュアやペディキュアも塗って、Gパンとかパンツじゃなく、必ず膝上丈のスカートを履くようになったんです。

宮田さんを玄関に迎えた時、彼が私を眩しそうに見て、短い時間だけど、頭から脚まで舐めるように見られるのが嬉しくて・・・。
そしてお世辞だろうけど「奥さん今日も抜群に綺麗ですね」と言われて・・・。

「からかわないで下さいね。本気にしちゃいますよ」
「本気も本気、大本気ですよ。ほんといいスタイルしてる」

そんな会話に、娘のようにはしゃいで、感じて・・・。
美容室で偶然見た雑誌の記事「息子の家庭教師との燃えるような不倫」が、私と彼のことを書いているような錯覚に襲われて、お腹の下がキュンと痛くなりました。

宮田さんの教え方が良いのか、1ヶ月もすると息子の成績も伸び始めました。
そんなある日、宮田さんから電話があって、息子に来週までにやっておいてもらいたい問題集を届けたいと。

「あ、でも、息子は今日と明日、主人に付いて泊まりで釣りに出掛けたんですよ」
「いいえ、構わないんです。問題集届けるだけですから」
「そうですか。あ、そうだ先生、夕飯うちでどうですか?」
「奥さんお一人なんですか?」
「そうなんです。何だか心細くて」
「そうですか。嬉しいです。お言葉に甘えます」
・・・嬉しい。)

宮田さんが来るまで3時間しかない。
うきうきしながら夕食の支度を整えて、ワインも用意して、シャワーを浴びて、ブラとショーツは、白のレースにして、濃い目のピンクのマニキュアとペディキュアを塗って、清楚な白のブラウスを着て、スカートはどうしようか迷ったけど、思い切って、膝上10センチのタイトのミニを履きました。

パンストは、脚が綺麗に見える少し光沢のあるベージュのにしました。
入念に化粧して彼を待っていると、時間通りに来ました。
玄関を入るなり私を見つめて・・・

「うわー、綺麗だ。今日は一段と美しいですね。奥さんのこんなミニスカート姿、初めて見るなー。綺麗な脚だなー」

彼の視線が、ねっとりと私の脚に注がれています。

「またそんな冗談言って」
「冗談なんかじゃないですよ。見惚れるくらい綺麗だ」

それから、とりとめのない会話をしながら夕食を済ませ、ソファに移ってワインで乾杯しました。
少し酔いが回ってきた頃、気づくと彼の視線は、スカートがずり上がった私の脚に。

「奥さん、ほんとスタイルいいですよね。特に脚が綺麗だ。ほんと綺麗だ」
「いや、恥ずかしい。そんなに脚ばかり見つめないで」

その日の彼は、ラグビーの練習帰りのため、上下ジャージ姿。
ジャージの上から、彼の股間が膨れ上がってくるのが判りました。

「奥さんが僕の彼女だったらなー」
「またそんなこと言って。本気にしますよ。若くて可愛い彼女いるんでしょ?」
「今、彼女いないんですよ。それに・・・」

彼、急に私の両肩に手を置いて、思い詰めたような表情で、突然告白しはじめたんです。

「実は僕、奥さんを一目見た時から好きになってしまったんです」
「えっ、うそ、うそでしょ?こんな歳の女性をからかわないで」

「うそじゃない。歳なんて関係ないんだ。奥さんは美しい。本当の大人の女性の魅力を持っている奥さんにに惹かれたんだ。毎日、毎日奥さんのことばかり考えているんですよ。奥さんのこと考えてオナニーしてしまう。奥さんには、だんなさんと子供がいることも、もちろん分かっているけど、奥さん以外の彼女なんて考えられないんだ。たまらなく好きなんだ」

「宮田さん、本当?本当の気持なの?信じていいの?」
「本当だよ。綺麗だよ。こんないい体して・・・。たまらないよ。好きで、好きでたまらないんだ」

そう言うと、強く私を抱きしめました。
宮田さんが、そんなにまで私のことを好きだったなんて。

「ああ、宮田さん。私もなの、私もなのよ。初めて会った時から、歳も忘れて、貴方のことを好きになってしまったの。いい歳して恥ずかしいけど、貴方のことが切なくなるほど好きなの」

「本当かい?どうして言ってくれなかったの?」
「宮田さんに嫌われるのが怖かったの」
「ああー嬉しいよ、ひとみさん。ひとみ、ひとみって呼んでいい?」
「うん」
「さあ、ひとみ、僕を見て。ひとみ、好きだ、好きだよ」

そして、とうとう宮田さんと初めての口づけ・・・。

「ああー、夢のようだよ、ひとみ。付き合ってくれるよね。僕だけのものになって」
「いけないわ。そんなこと許される関係じゃないわ」
「大丈夫だよ。二人だけ、二人だけの秘密だよ」

はしたないけど、私の女の性が強烈にうずいて、彼に全てを許すことに決めました。

「ああー、宮田さん、好き・・・」

そしてまた口づけ。
しっかり抱合って、べろべろと舌と舌を絡めあって、お互いの唾を飲み込むほどの長いディープキス。
恥ずかしいけど、その時には、もうパンティーを濡らしていました。

主人には悪いと思ったけど、彼に誘われるままに寝室へ。
ベッドで彼、優しく私の着ているものを脱がしていく。
ブラとパンティーとパンストだけになって・・・。

「さあ、ひとみ、脚見せてごらん。前からずっと思ってたんだよ。ひとみの脚、舐めたかったんだ」

宮田さんはそう言いながら、私のパンストに包まれた脚をうっとりした表情で見るの。
手でふくらはぎや太ももを撫でて、そして今度は、脚の指を包んでいる色の濃くなっている部分を舐め始めたの。
パンストの上から脚の指の一本一本を・・・。

「ああーん、いやー、恥ずかしい、こんなこと初めて」

そして脚の裏から太ももの付け根まで、舌で丹念に愛撫されました。
こんなにまで脚を愛撫されたことなかった。

「ああ、ひとみ、脚綺麗だよ、ほんと綺麗な脚だよ、たまんないよ」

そんなに私の脚、綺麗なのかしら・・・。

「さあ、パンスト脱がせるから腰上げてごらん」

少女のように、素直に彼の言葉に従いました。
彼も着ていたジャージを脱ぎ捨てて、ブリーフ1枚の姿に。
日焼けした、筋肉質の、逆三角形のたくましい体。
男らしい汗の臭い。

彼のブリーフは、すごく小さなビキニ型。
あそこの形がブリーフの上からもはっきり判りました。
ブリーフの下でヒクヒクしてる。
すごく大きいみたい。
大きすぎて、先の方がブリーフの上の方から少しだけはみ出してるの。

(ああ、私これから、この男の人に抱かれるんだわ。ああ、彼のあれを、私のあそこに受け入れるんだわ。)
そう思うと、これから味わう快感に体が震えました。

「宮田さん好き」

ブラとパンティーだけになった私は、また体中、彼の舌の愛撫を受けて、体中、彼の唾液に包まれたような感じでした。
マニキュアを塗った手の指の一本一本、ペディキュアを塗った足の指の一本一本までも・・・。

「ああーん、はあーん」と声が出て、あそこがひくひくとして、女として、久しぶりに男の人に愛される感触に震えていました。

優しく白いブラを取られ、たくましい彼の手で乳房を揉まれ、彼が両方の乳首を交互に強く吸い上げた時には、突き上げるような快感に、自分でもびっくりするほど「あっ、あっ」という短い甘い声をあげ、愛液が次から次へと滲み出てくるのが判りました。

そして彼の右手が、私の股間のほうに・・・。
パンティーの上から、私のあそこを触り始めて・・・。

「ああ、ひとみ、嬉しいよ、感じてくれてるんだね。こんなに濡らして、可愛いよ、ひとみ」
「ああーん、いやー、恥ずかしい、そんなこと言わないで」
「恥ずかしがることないよ。ひとみ、俺のものだ、俺のものだよ」

そして今度は彼は、自分でブリーフを窮屈そうに脱ぎました。
反動で彼の大きくなったあそこがビンビンとして、たくましく反り返っているのが見えました。
ああー、おっきい、すごい、こんなおっきいの初めて・・・。
すごく硬そう。素敵・・・。

主人を含めて、今までに抱かれた3人の中で、一番おっきいわ。
そんなこと思ってしまって、また、どっと愛液が出てくるのが判りました。

「さあ、ひとみ、僕のチンポさわってごらん」

チンポだなんて、そんないやらしい言い方・・・。
そのいやらしい言い方に、余計に感じてしまって・・・。
彼の手に導かれて、右手で彼のチンポを握りました。

「あっ、すごい、大きいわ、ああーん、熱くて硬いわー」
「ひとみが素敵だからだよ。ひとみを愛しているからだよ。いつもより、ずっと大きくなってるんだよ」
「宮田さん本当?」
「本当だよ、ひとみ、死ぬほど好きだよ」

「宮田さん好き」
「さあ、ひとみ、チンポしごいて」
「ああー」

このチンポを受け入れることを考えながら、あそこをヌレヌレにして夢見心地でしごいていると、彼は手を私の濡れた白いパンティーの中に入れ、濡れそぼった私のあそこの表面をなぞり、中指を入れ、クリトリスを摘むように愛撫する。

私のあそこは、くちゅくちゅといやらしい音を立ててしまいます。
彼の指の愛撫はとっても素敵で、どんどんはしたない声が出てしまう。

「ああ、ああ、ああーん、あ、あ、あ、いく、いっちゃうー」

自分でも信じられないくらい、甘い女らしい声を出して、彼の指だけで、自分から腰を浮かせて突き上げて、久しぶりに女としての絶頂に達してしまいました。

「ひとみ、いったんだね」
「うん、恥ずかしい」
「嬉しいよ。ほんとうに可愛い。さあ、パンティー脱ごうね」

はしたなくなってしまっている私は、また自分から腰を浮かせて、夢見心地で、彼にパンティーを脱がされました。

「さあ、四つん這いになってごらん」
「えっ?」
「ひとみのお尻の穴見たいんだ」
「えっ?いやー、いやよ、だめよ、恥ずかしくて見せられないよー」

「愛しているんだ。愛しているから見たいんだ。お願いだよ」
「ああーん、恥ずかしい。誰にも見せたことないのに、恥ずかしい」

でも彼が熱心に頼むので、仕方なく四つん這いになり、彼の言うとおり、胸をベッドに付けて、足を開き気味にして、お尻を突き上げるようにしました。

「ああー、綺麗だ。思ってたとおり、ひとみの肛門すごく綺麗だよ」
「いやあー、見ないで、見ないでー」

長い時間肛門を見られて、肛門を丹念に舐められた時には、恥ずかしさのあまり、顔が火のように熱くなったけど、そんなことをしてくれるほど、宮田さんは私のこと好きなんだなと思いました。

「さあ、今度は、ひとみのマンコ見せてくれるね」

マンコだなんて、宮田さん、とってもいやらしい。

「ああー、恥ずかしい、ああーん、宮田さん、ああーん好き」

言われるままに、仰向けになって、大きく股を開いて、彼の希望通り、明るい照明の下で彼に全てを見せました。
彼、両方の親指でひだを開いて、顔を近づけて、うっとりと私のあそこを見ています。

「ああーん、恥ずかしい、ああーん、宮田さん、感じちゃうー」
「ああ、綺麗だ、すごくきれいなマンコしてる。綺麗なピンク色だよ。嬉しい、すごく綺麗だよ」
「ああーん、そんなに見ないでー。はあーん、宮田さん好きー」

この歳になって、主人以外の男の人に、大股を開いてあそこを見せるなんて・・・とっても感じちゃう。
愛液たくさん出ちゃう。

「ああー、お汁がたくさん出てくるよ。ああー素敵だ。ああー、ひとみ、好きだよ」

そう言いながら彼は、私のマンコを舐め、溢れ出る愛液を音を立てて吸い、そしてクリトリスを舌先で突付き、舐め上げ、強く吸う。
また、ものすごい快感が私を襲いました。

「あはーーん、やだ、ああーん、いい、いい、いく、いく、いくー、いっちゃうー」

頭が真っ白になるような強烈な快感、おしっこ漏らしちゃいそうになるくらい、切なくて甘い快感の中、腰を突上げて、また達してしまったの。
宮田さんの愛撫、素敵。

「また、いっちゃたんだね。ひとみ、ひとみ、本当に可愛いよ。大好きだよ。愛しているよ」
「宮田さん、私も、宮田さんを愛してる」

「さあ、今度は、僕を気持ちよくしてくれるね」
「チンポしゃぶって欲しいんだ。いいだろう?」
「えっ、でも私、あんまりしたことないの。下手だと思うけど」

実は私、フェラチオはこれまで2、3回しかしたことがなかったの。

「いいんだよ。ひとみにチンポしゃぶってもらえるだけで、それだけで嬉しいんだよ。お願いだよ」
「うん」

彼の言うとおり、最初は手でチンポをしごいて、それからビンビンに硬くなったサオの部分を、舌を思いっきり出して舐め上げて、カリの部分にすっと舌を這わせて、チンポの先から出ている透明な液体を吸って、飲んで、最後にチンポを咥え込んで、チンポ全体を吸い上げるように、お口をすぼめて・・・。

宮田さんのチンポすごいわー。
おっきくて、硬くて、とっても素敵。
もうすぐ、これを私の中に入れるんだわ。
また、どっと愛液が出てきて、股間をヌレヌレにしています。

「あっ、あっ、ひとみ、あっ、いいよ、いいよ、上手だよ。最高、気持ちいいよ。あっ、ひとみ、夢のようだよ。ひとみが俺のチンポしゃぶってるなんて。ひとみがフェラチオしてくれるなんて。あーひとみ、あっ、気持ちいいよ・・・ああ、もう我慢できない。さあ、ひとみ、セックスするよ。さあ、こっちへおいで。可愛いよ。さあ、体一つになるんだよ。ああー、入れたい、ひとみのマンコにチンポ入れるよ」

「ああー、ああーん、宮田さん。好きです、好き」
「さあ、ひとみ、もっと股広げて。そうだよ、そうだよ。さあ、入れるよ、チンポ入れるよ」

彼は唸り声を上げながら、私のマンコにチンポを入れてくる。
久しぶりにチンポを受け入れることへの緊張で、私は体を硬くした。

「ひとみ、可愛いよ。さあ、体の力を抜いて。もっと股広げて。そうそう、そうだよ。さあ、入るよ。ああー、ひとみ」

ずりゅーっという感じて、彼のチンポが一気に入ってきた。
十分に感じて、愛液でヌレヌレになってはいたけど、彼のチンポがとっても大きくて、焼け付くような痛みが・・・。

「ああーーん、はあーーん、宮田さん、ああー宮田さん」

一瞬の痛みが過ぎると、例えようのない快感が・・・。
ああー、たまんない、すごく気持ちいい。
宮田さんのチンポすごく気持ちいい。素敵。

「ああー、ひとみ、一つになったよ。もう、俺のものだよ。ああー、いい、ひとみのマンコ締まるよ。気持ちいい、すごくいいマンコだよ。処女みたいだよ。ああー、ひとみ、可愛いよ、ああー、俺のひとみ」

私のマンコそんなに締まりいいのかな・・・。
スイミングに通っていたからかな・・・。
なんて、朦朧とした意識の中で考えたりして・・・。

彼が徐々にピストン運動を早めるにつれて、怖くなるほどの快感が全身を襲います。
ベッドのシーツは、私が垂れ流した愛液でべとべとになっています。

「あはーん、宮田さん、はあーん、気持ちいい、気持ちいいよー、ああーん、だめ、ああいく、いく、いく、またいっちゃう、あっ」

頭の中で何かがスパークして、体が宙に浮いた感じがした途端、また、とろけそうな絶頂に達しました。
私は、一生懸命、宮田さんに掴まろうとして、宮田さんの背中に爪を立て、両脚を宮田さんの腰に絡めました。

その時です。気づいたのは。
(あっ、彼ゴム付けてない。)
でも、今さらそんなこと彼に言えない。

それに、こんな気持ちいいこと、途中でやめられないわ。
きっと、ちゃんと、外に出してくれるわ・・・。
彼は、更にピストン運動の動きを早めます。

「ああー、ひとみ、ああー、いいっ、ああー、いいっ」

彼の表情が恍惚になっていきます。
私もまた、たくましい彼のチンポの突き上げに切なく感じ始め、どくどくと愛液を垂れ流しながら、再び昇りつめて行きます。

「あふーん、あっ、はあーん、あっ、だめ、だめ、またいく、いく、いくー」

彼のピストン運動が一層力強さを増し、彼がチンポを打ち付けるたびに“パン、パン、パン”と音がし、私の股間からは“ヌチャ、ヌチョ、ヌチャ、ヌチョ”という、いやらしい音がします。

そして、私がまた達しそうな寸前に、とうとう彼も、最高に気持ちいい射精の瞬間を迎えてしまったんです。

「ああー、ひとみ、ああっ、もう、ああー、ひとみ、ひとみ、出るよ、ああー、気持ちいい、ああー、出る、出る、あっ、出る」
「ああー、だめー、中に出さないでー」

私は叫びましたが、間に合いませんでした。
彼の動きが止まって、体を硬直させた瞬間、ものすごい勢いのほとばしりを、子宮に感じました。

子宮の壁に、びゅー、びゅーっと、熱い精液が当たるのが感じられて、そして私も、大量の熱い精液を注ぎ込まれたことに、更なる快感を覚えて、彼の射精と同時に、今までに味わったことにないような、深い深い絶頂を迎え、「ああー、やだ、やだ、ああー、いくー、いくー、いくー」と絶叫しました。

口からはよだれが出て、そして恥ずかしかったけど、我慢していたおしっこを、全部ベッドの上に漏らしてしまいました。
本当に身も心もとろけそう。

中に出された恐怖は、久しぶりに女として受けた甘い快感に、かき消されていました。
中に出してしまったこと、彼は謝りました。

「子供ができたら、きちんと責任取るからね。僕と結婚しよう。それが僕の希望でもあるんだよ」

それほど私を愛しているんだなと思って許しました。
その日、彼は結局家に泊まりました。
私の愛液とおしっこで濡れてしまったベッドを乾かして、二人でお風呂に入って、その後、居間に布団を敷いて、朝まで愛し合いました。

彼は10回ほど私の中に射精しました。
一度中出ししてしまったし、安全日だったこともあって、全て彼の熱い精子を私の子宮に注ぎ込んでもらいました。

私は後ろから、前から、下から突かれて、何度絶頂に達したか判りません。
宮田さんのおかげで、一夜のうちに艶かしい一人の女に戻ったような気がしました。
彼との関係は、その後も秘密のうちに続いています。

最近、彼はわざと中に出して、私を妊娠させようとします。
真剣に私との結婚を望んでいます。
こんな歳になって、宮田さんのような若い男の人に、身も心も愛される幸せに浸っていますが、現実は彼との結婚が叶うわけでもなく、でも彼とは到底別れられず、苦悩の日々を送っています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
学生ラガーマンとは思えないねちっこさ・・・。


コメントを書く