小学校時代、騎馬戦で上に女の子を乗せたら様子がおかしかったので・・・・・・・・

閲覧数: 9,942 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

小学校の頃、騎馬戦をやったのだが人数が合わなくて自分の騎馬だけ女子が上に乗ることになった。

最初は上に乗る女子も恥ずかしかったらしく、男子の腕にお尻をつけないようにして戦っていた。
でも次第に騎馬の体勢が崩れてきて右側を支えていた奴がこけてしまったので、上に乗っていた女子は左側を支えていた自分の右腕にまたがるような格好になった。

自分も右腕だけで支えるのはきつかったが、なんとか崩れないように右腕で女子を上に押し上げていた。
するとその女子は「あっ・・・まって・・・ちょっと・・・あっ・・・あたってる・・・あたってる・・・あっ・・・」と自分の右腕を挟みこむようにして腰を捻った。

小学生の自分に「あたってる」のが何なのか分かるはずもなく、「今はまだがまんして!」と訳も分からず励ましていた。
女子は「う、うん」と頷いたきり前を見据えてこちらを見ようともせず、力んだ顔をしている。


横から敵の騎馬が突進してきた。
旋回しようとするがバランスが崩れてしまい、右腕を思いっきりその子の股間に押し付けるように突き上げてしまった。

「ひゃぅんッ」と声が漏れた。
なんだ?今の?
見上げると真っ赤な顔とした女子と目が合った。

その喘ぎ声の理由を知る由もなく、「痛かった?」と尋ねると、何も言わずにフルフルと首を振った。
「よし!このまま攻め込むぞ!」と隣の友人が叫んだ。
俺もそれに乗じて二人で前方へ疾走する。

が、当然それには上下運動を伴い、上に乗る女子の股間は何度も俺の右腕に押し付けられる。
「んっんっんっ・・・」
振動に合わせて彼女の鼻にかかった息が漏れる。

俺は小学生なりに何か淫靡なオーラを感じ取っていた(恐らく友人もだろう)が、勝負中に立ち止まるわけにも行かず、相変わらず女子に上下運動を与え続けていた。

しかし次第に彼女の「んっんっ」が「んっあっふっ」と声音を帯びてきた。
俺の頭に乗せていた手に次第に力がこもり、ギュウと掴んでいるのが分かった。
しかしここでアクシデントが。

友人が足を捻り、転びかけ、体勢を立て直すために踏ん張ったが、その時に彼女の股間に最大の衝撃を与えてしまった。
その時、腕にピクピクした振動が伝わってきて頭を掴んでいた手の力がフッと消えた。

彼女のほうを見ると俯いていたが、顔が恐いぐらいに真っ赤になっており、少しびっくりした。
それでも騎馬戦は続いていたので彼女への上下運動はまだ続いていた。
それから彼女は何も喋らなくなってただ俯いているだけだった。

しばらくしてまたピクピクという振動が俺の右腕に伝わってきたが、もう気にしている余裕はない騎馬戦も終わりに近づいていた。
彼女への上下運動はさらに激しくなっていた。

例のピクピクと言う振動はあれから3回ぐらい来たが当時の俺にはそれがなんなのか知る由も無かった。
敵チームとの激しい交戦の最中、ふと俺は右腕に冷たい感触を覚えた。
何かが濡れているようなそんな感触だ。
でも気にもとめず相手チームと戦っていた。

そして騎馬戦を終え彼女を降ろすと、なんと彼女はぐったりしてヘタッと倒れこんでしまった。
もう、俺も友人も焦って「どうしたの?」「大丈夫?」とか声をかけていたが、そのうち先生が走ってきて彼女は保健室へ連れて行かれた。

その後、先生に彼女のことで聞いてみたが大丈夫との事だったのでホッと安心した。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
感受性の高い子だったんだねぇ・・・。


コメントを書く