【乱交】サークルの先輩巨乳女子3人に呼ばれて部屋に行った結果・・・・・・・・

閲覧数: 5,624 PV

※このエロ話は約 6 分で読めます。

4Pをした。
オレは今まで女の子と付き合ったこともなくて童貞だった。
大学のサークルの先輩の、恵理さんと美樹さんと由紀さんが飲みに誘ってくれて、オレは自転車で由紀さんの住むアパートに向かった。

由紀さん「◯◯君、遅い!」
恵理さん「もう始めちゃった~」
美樹さん「まぁ、とりあえず飲も飲も!」
オレ「あ、はい!」

オレは1学年下、これはオレが成人式を終えた時の話である。

由紀さん「ところで、◯◯君ってこんな中なら誰が好き?」
オレ「え?この中でですか?」
美樹さん「もちろん、私だよね?」
恵理さん「いやいや、私でしょ?」
オレ「う~ん、悩みますね・・・」


由紀さん「じゃ~質問変える!」
オレ「はい・・・」
由紀さん「この中の誰とエッチしたい?」
オレ「え?!エッチ?!」
恵理さん「ちょっと由紀、そんなこと聞いちゃダメだよ~、◯◯君、困っちゃうでしょ?」
美樹さん「いいじゃん!私は気になるな~」
由紀さん「◯◯君、1分考えて!」

オレは突然のフリで頭の中が真っ白になっていた。

由紀さん「◯◯君、だ~~れ」
オレ「ん~~~~・・・」
美樹さん「◯◯君、まさか、みんなとか言わないよね?」
オレ「美樹さんの言う通りです」
美樹さん「うっそ~~」
恵理さん「そうよね~、私たちのこと、みんな好きよね?」

そう言うと3人は突然立ち上がり、オレの前で上半身を脱ぎ始めた。

恵理さん「私たちのおっぱい、見たかったでしょ?」
美樹さん「◯◯君、もうおちんちん硬くなってきてる?」
由紀さん「私たちが今から、気持ちよくさせてあげる」
オレ「え・・・夢じゃないですよね?」
由紀さん「じゃ、私のおっぱい触ってごらん」

オレはそう言われ、由紀さんのおっぱいを触った。

由紀さん「あっ・・・気持ちぃぃ・・・」
恵理さん「ちょっと~~由紀だけズルいよ!」
美樹さん「そうよ~、私たちのおっぱい触ってごらん」
オレ「あ・・・はい!」

オレは先輩方3人の爆乳を触りまくった。

3人「◯◯君、気持ちいい・・・私たちのおっぱい誰が一番いい?」
オレ「みなさんいいです・・・」
由紀さん「じゃ、私◯◯君のおちんちん舐めてあげる」
オレ「え・・・オレ初めてなんで・・・」
恵理さん「気にしない気にしない、◯◯君初めてなの知ってるから」

美樹さん「由紀だけじゃなく、3人で舐めてあげる」
オレ「うっ・・・気持ちぃぃ・・・」
由紀さん「すごい、汁出てる~」
美樹さん「私のおっぱいで、おちんちん挟んであげる」
由紀さん「◯◯君、恵理のオマンコ舐めてあげて」
恵理さん「じゃ、◯◯君の顔の上に跨がるね」

オレは初めてクンニをした。

恵理さん「◯◯君、そこもっと・・・舐めて・・・あん・・・いい・・・そ、そこ・・・」
由紀さん「恵理は、クンニされるとすぐイクんだよ!」
オレ「これがクンニ・・・恵理さんのオマンコとてもいい・・・」
恵理さん「あっ・・・だ、だめ・・・イク・・・」

由紀さん「恵理、イッちゃったの~」
恵理さん「初めての人に舐められてイッちゃった・・・ハァ・・・ハァ・・・」
美樹さん「次、私のオマンコ舐めて」
恵理さん「じゃ、私が挟んでイカせるんだから」

恵理さんのGカップにオレは挟まれ、それまで美樹さんが挟んでパイズリしてくれてたより気持ちよかった。

恵理さん「◯◯君、いっぱいザーメン出していいからね」
オレ「あっ・・・出そう・・・」
由紀さん「出して!出して!」
オレ「うっ・・・出る!!」

オナニーをしばらくしてなかったので大量に出した。

美樹さん「◯◯君のザーメンとっても濃い~、最高!」
由紀さん「じゃ、おちんちん回復するまで3人のレズを見てなさい」

そう言うと3人はレズを始めた。

オレ「すげ~・・・」
3人「気持ちいい・・・あっ、◯◯君に見られると最高にいい・・・」

オレのチンコはすぐに大きくなった。

由紀さん「◯◯君のおちんちん大きくなってる~」
恵理さん「じゃ、恵理から入れる~」
美樹さん「私のおっぱい揉んで」
由紀さん「◯◯君、私のオマンコ舐めて・・・」

オレ「あっ・・・すごい、なんかあったかい・・・」
由紀さん「恵理、いっぱい気持ちよくなっていいからね!」
恵理さん「◯◯君のおちんちんが、あん・・・入ってる・・・」
オレ「オレも気持ちいいです・・・」
恵理さん「◯◯君の硬くてすごい、あん・・・とってもイイ・・・」

オレは恵理さんのオマンコに挿入し、そしてまた出そうになった。

恵理さん「◯◯君、このまま出してもいいわよ」
オレ「でも・・・赤ちゃんが・・・」
恵理さん「私、今日安全日だから出して・・・」
オレ「良いんですね・・・出しますよ!」
恵理さん「きて・・・あっ・・・あん!」

オレは恵理さんのオマンコに出した。

恵理さん「すごい、さっきあんなに出したのにまた出てくる・・・」
由紀さん「今出したからもうちょっとしないとまた立たないから、美樹、レズしちゃおうか」
美樹さん「そうね、◯◯君またそこで見ててね」

美樹さんと由紀さんはレズを始めた。
恵理さんは余韻に浸っていた。

由紀さん「◯◯君、若いからすぐ立つから立派だわ」
オレ「次は、由紀さんが・・・あっ・・・」
由紀さん「◯◯君のおちんちん本当にいいわ・・・彼氏のより最高」
オレ「えっ・・・いいんですか?オレとエッチなんかして」
由紀さん「いいの、彼なんてすぐ入れて終わるからつまらないし」

オレ「由紀さん・・・そんな動いたら、だ、だめ・・・」
由紀さん「じゃ、私を思いっきり突いて」

四つん這いになった由紀さんの後ろからオレはチンコを入れた。

由紀さん「◯◯君、もっともっと・・・あっ・・・あん・・・いいわ・・・」
オレ「由紀さんのオマンコ、すごい気持ちいい・・・」
由紀さん「◯◯君、出したいところに出していいよ・・・」
オレ「オマンコに・・・」
由紀さん「◯◯君、私は中はダメなの・・・」

オレ「おっぱいに出したいです・・・」
由紀さん「じゃ、出そうになったら私がシコシコしてあげる」
オレ「由紀さん・・・出る!」
由紀さん「こっち向いて!」

オレはオマンコからチンコを抜き、由紀さんにシコシコされ、ザーメンを出した。

美樹さん「◯◯君、最後は私に入れるんだからね!」
オレ「美樹さん・・・」
美樹さん「私といちゃいちゃして、◯◯君のおちんちん大きくしてあげる」
オレ「美樹さんのおっぱいすごい大きくていいです・・・」
美樹さん「私のこのIカップのおっぱいで気持ちよくさせてあげる」
オレ「Iカップ?すごい大きいです・・・」

美樹さん「私たちみんな爆乳だから、いつでも◯◯君のこと気持ちよくさせてあげる、卒業するまで」
オレ「夢のようです・・・」

そんなことしてる間にオレは再び勃起し、美樹さんのオマンコに挿入した。

美樹さん「◯◯君のおちんちん・・・あん・・・2人の言う通り、とってもいい・・・」
オレ「美樹さん、おっぱいが揺れてとってもエロいです」
美樹さん「もっと揺れるとこ見て」

美樹さんは騎乗位で激しく動いた。

オレ「そんなに動いたら、出ちゃう・・・」
美樹さん「好きなとこに出していいよ」
オレ「っ・・・あっ・・・出る!」
美樹さん「◯◯君、きて!」
オレ「あっ・・・」

オレはそのまま中に出してしまった。

美樹さん「◯◯君のザーメン、熱い・・・」
オレ「美樹さん、大丈夫ですか?」
美樹さん「大丈夫」

オレ「ハァ・・・ハァ・・・オレ、最高に嬉しかったです」
3人「私たちこそ気持ちよくて最高だったわ、◯◯君ありがとう」
オレ「また・・・先輩方としたいです」
由紀さん「じゃ、明日からの夏休み、私のお家においで」
オレ「え?」
由紀さん「3人いないときもあるけど、おいで」

オレ「じゃ、ここに来れば」
美樹さん「そう、エッチができる」
恵理さん「みんなでね」
オレ「時間見つけて来ます!」
由紀さん「そのかわり、他のサークルメンバーには言わないこと!」
オレ「はい!!」

オレは次の日から時間がある時は先輩たちの待つこのアパートに来て、エッチをしていた。
色々なプレイを先輩たちに教えてもらった。
先輩たちは来年卒業してしまうが、オレはそれまで通い詰めようと思っている。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
なんて悲しき童貞の妄想・・・


コメント
  1. 1. 名無しさん  

    妄想もここまで来ると哀れだな

コメントを書く