【愕然】中学生の娘と一緒に風呂に入ってるという友人宅に行った結果・・・・・・・

閲覧数: 13,130 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

俺の同僚で、中2と小6の娘と一緒にお風呂に入ってると言うヤツがいる。
俺はロリではないが、羨ましいと思いながら発育状況を聞いてみると、「上の娘は毛が生えて胸も大きくなったよ。下は幼児体形だな」とあっさり答えた。

「娘は嫌がらないのか?奥さんは何も言わんのか?」と聞くと、「全然嫌がらないし、女房も時間短縮できて喜んでるぞ」との答え。
まあ考えれば、父娘でそんな気になるわけじゃないし、いいのかなと思っていた。

1年ぐらいしてある日のこと、その同僚の家に泊まることとなった。
その同僚の家から行った方が近い出張があって、「泊まりに来いよ」とのこと。
その家は埼玉でもかなり田舎にあって超豪邸で、部屋は余ってるとのこと。

ところで、今日は娘との入浴はどうなるのかな?と思いつつも、まさか中3の娘と一緒に入ってるわけないなあと勝手に思ってた。
同僚が一緒に風呂に入ろうと言い出したので、何かと思うと、やはりお風呂自慢だった。


風呂は大きくて、洗い場も2つあったりして、家族全員で入れるような浴室と湯船だった。ohuro
同僚と2人で入っていると、浴室の向こうから声がした。

「お父さん、◯◯も一緒に入っていい?」

たぶん下の娘の方だろうと思って、それでも確か中1だよなと戸惑う俺を横目に、同僚が「いいぞ、お父さんの友達もいるけどいいか?」と言うと、「いいよ」と明るい声で服を脱いでる様子が薄っすら見えた。

扉が開いた瞬間、度肝を抜かれるほど仰天した。
入ってきたのは上の中3の娘の方だった。
しかも全く隠しもせず、お父さんと同様に小柄であったが大人な胸で、あそこにはしっかりと毛が生えていた。

「今日は◯◯の順番だったな。お父さんと友達の体洗ってくれ」

同僚はそう言いながら、俺に湯船から上がるように促した。
その時、俺のは緊張で縮こまっていたのに、同僚は見慣れたはずの娘の裸に反応してビンビンだった。

「さあ、いつものように洗ってくれ」

なんと娘は手と体にボティソープをつけると、丁寧に背中を体を擦りつけながら、洗っているではないか?
行ったことはないが、まるでソープランドのようだった。

娘は手馴れた様子で、今度は同僚の前を洗い始めた。
呆気にとられている俺をそっちのけで、なんと娘は、同僚のあそこを洗っている。
同僚も、娘の胸を揉んだり、あそこを触ったりしている。

娘が息が荒くなって、なんだか感じている様子。
すると、娘の手が父親のあそこを扱き始めた。

「そろそろだな」

同僚がそう言うと、娘はシャワーで流し、なんとフェラチオを始めた。

「あー、出る。イク」

この間10分くらい。
気がつくと、俺も完全に痛いくらいボッキしていた。
娘は最後まで精液を口で受け止めると、吐き出してうがいしていた。

「◯◯(娘の名前)、お父さんの友達だから、お父さんと同じように頼むな」
「いいよ」

娘はあっけらかんと答えた。
「ほら」と同僚に促され、俺はボッキしたあそこを隠したが、娘は父親にしたように背中を洗ってくれている。
ヤバい、気持ちいいと思っていると、「今度は前ね」と、当たり前のように言う娘。

同僚はニコニコしながら湯船から見ていた。
前を洗ってもらうと、あまりの気持ちよさにすぐに息子は暴発。
・・・恥ずかしい。

「早いな、ちょっと刺激が強かったか?◯◯もう一度してやれ」

娘は躊躇う様子もなく、シャワーで流した後に、手で扱きながら、フェラチオをしてくれた。
もちろん、すぐに回復。

「お父さんと違って回復が早いね」
「いやいやこいつ彼女もいないし、溜まってたんじゃない?」

そうです、溜まっていたんです。
そのまま娘のフェラチオで2回イカされました。
その後、ジャージに着替えて食事となりました。

奥さんと下の娘がニコニコしながらビールを注いでくれました。
上の娘さんも風呂から上がってきて、何事もなかったように一緒に食事をとりました。
俺はさっきの裸を思い出して、またボッキしちゃいました。

翌朝、同僚と新幹線に乗って色々と聞くと、まだ下の娘は仕込んでないそうです。
上の娘は性教育を兼ねて教えたらしい。
ちなみに奥さんはそのことを知らず、父娘、仲良く一緒にお風呂に入ってるくらいに思っているらしい。

「上の娘が嫌がらない限り続けたい」と同僚。
キスやセックスはしていないが、どうやら69までは教え込んだらしい。
娘も気持ちいいと言っているらしい。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
即通報だろ!


コメントを書く