妻が会社の飲み会の野球拳で辱められて引き籠りになりました・・・・・・・・・

閲覧数: 2,289 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

yakyuken

私と妻は社内結婚です。
この前、職場の飲み会の時のこと。
二次会はカラオケパブで行われましたが、ふとした流れで野球拳が始まりました。

はじめは男同士で盛り上がってましたが、当然の流れかもしれませんが女子社員も参加を促されました。
既に酔いが回っている女子もノリノリです。
妻は完全に引いていましたが、場の雰囲気的に参加せざるを得ませんでした。


男女対抗戦のはじまりです。
女性は二回負けたら一枚脱ぐというハンデもあり、ブラまで見せた娘はいましたが、それ以上負けることはありませんでした。

そして、いよいよ妻の番。
最初の一回勝っただけで6連敗。
靴下とセーターとブラウスが取り上げられました。

妻はブラにGパンの状態です。
そして次も負けました。
薄手のパンティが晒されました。
陰毛が透けてみえます。

10人いる男は大喜び。
止めようとする私を羽交い締め。
女子も酔いのためか止めもしません。

さすがに妻はギブアップしましたが、受け入れられず、更なるハンデをつけて貰うこととなりました。
そのハンデとはジャンケン10番勝負で3回勝ったら何も脱がず、8回負けたらすべてを晒すというものでした。

また、一回負けるごとにビール一気飲みという補足も付きました。
結果は妻の負け。
一気飲みで朦朧としていたせいか、あとは素直なものでした。

すっぽんぽんコールの中でまずブラを取りました。
妻はやや大きめの胸をはじめは隠していましたが、観念したように腕を降ろしました。
悲しいことに乳首は完全に立ってました。

あと一枚コールで妻はゆっくりとパンティを下ろしました。
薄いヘアが完全に晒されました。
撮影タイムとなり、様々なポーズを要求されました。
四つん這いの姿、開脚姿、すべての穴が他人に見られました。
しかも汁で濡れ濡れの状態で。

極めつけはビールのせいか、おしっこをその場で漏らしてしまいました。
こうして妻は夫にも見せたことのない痴態を晒しました。

現在同僚には写真の削除を依頼して回っています。
ただ噂はすぐ広まってしまいました。

妻は酔いがさめて現実を知って以降、引き篭もりです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
どんな会社だよ・・・。


コメントを書く