保険営業の女性をうまく誘導して挿入までもっていったった・・・・・

閲覧数: 2,700 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

ありきたりな話ですけど、30代前半の保険外交員の女性との話です。
長文だし興味無い人はスルーしてくださいね。

その女性は自分の妻の友達の知人で名前はC子さんとしときましょう。
C子さんはバツイチですが、以前に車の保険の関係で会いましたが、顔は鈴木奈々に似てタイトスカートに黒パンストがすごく似合うエロオーラを感じる女性です。

保険の事で家に初めて来てもらった時には、妻と自分とC子さんの3人で保険の話をしている最中に少し席を外し、玄関でその女性が履いていたヒールをちょっと手に取ってしまったりした事もあります。

そんなC子さんから我が家に電話がありました。
以前にC子さんのお勧めの自動車保険に2年間入って以来、その後は他社の安い保険に移行してたので久しぶりの電話です。

話の内容は新しい自動車保険の事らしいけど、妻も外出中で自分もちょっとバタバタしてると伝えると、C子さんから「じゃあまたこちらから掛け直します。
自宅と携帯どちらに電話する方が都合が良いですか?」って聞いてくるので後日携帯に掛けて来てもらう事に。

そして翌日の昼休みにC子さんから電話が掛かってきましたが、やっぱり新しい自動車保険の勧誘でした。
他社の保険と比べるとけっこう高いし断わろうと思ったものの、どうしても資料見ながら説明したいと言うので後日、我が家に来てとりあえず自分と妻に説明してもらう事になり電話を切りました。

しかし帰って妻に「C子さんから保険の事で電話があって、今度説明に来てもらう事になったよ。」って話すと妻は「C子さんの保険って高いし、保険に入るまではちょこちょこ電話して来るけど、入ったら後はあまり連絡無いしちょっとね。」と妻からのC子さんのイメージはあまり良くない。

おまけにC子さんが来る予定の日は妻が予定あって留守。
妻は居ないしなんだか面倒くさいけど説明だけならとその日を迎えました。
そして平日の約束の時間にインターホンを鳴らしてC子さんが来ました。

とりあえずリビングへ案内するのに(家のリビングは2階です。)玄関でスリッパを出し階段を先に上がってもらいました。
相変わらずタイトスカートが似合うしパツパツのお尻。
リビングでお茶を飲みながら保険の説明を聞いてましたが、やっぱり金額的にはちょっと高め。

断わろうとしたらC子さんから先に「最近営業成績があまり良くなくて…」と話が出て来ました。しかしこちらもお金を払う側なので出来る限りは安い方が良い。

そこで保険の契約したら会社からの見返りはどのぐらいあるの?とちょっとゲスな話な話を聞いてみました。
金額は教えてくれなかったけど、生命保険の見返りは良いらしいけど、自動車保険もそんなに悪くはないらしい。

C子さんから「今回契約して頂いたらキャッシュバックを幾らかします」と。
金額を聞くと「〇万円」
◯万円こっちにキャッシュバックして、C子さんにはまだ取り分あるんだぁと思いながら、妻にキャッシュバックの事は内緒にすればそれなりの小遣いにはなるなぁ。

そうこう話してるうちにテーブルの下に物を落としてしまいました。
拾うのにテーブルの下に潜ると、タイトスカートの裾からパンストの太ももが見えました。
スカートの中に頭を突っ込んで匂いを嗅いでみたいなぁと、ここに来て悪魔が耳元で囁きました。

そこでC子さんに「よく聞くけど、保険の契約する変りにちょっと付き合ってとか、1回だけエッチさせてって話ってあるの?」と聞くとC子さんは
「たまにありますよ。契約するから2人で飲みに行こうとか、やらせてとか。でも私は無理ですね。職場の先輩では色仕掛けで契約取ったり、欲求不満の解消も兼ねて体で契約取ったりする人も居ますけどね。」と。

やっぱりあるにはあるんだぁと思いながらも、おもいきってC子さんに話してみました。
「前から気になってたけど、タイトスカートがすごく似合うし、キャッシュバックは要らないからソファーに座って少しだけC子さんの太ももを触らせて欲しい。」

もちろんC子さんからの返事はNoでした。
やっぱりと思いながらC子さんに「変な事言ってごめんね。たくさん説明してもらったけど、保険料も高いし今の保険のままにするよ」って話すと納得してくれました。

そしてさっさと帰ってもらおうとしてたら少し雑談になりました。
仕方ないので少し雑談に付き合ってるうちにC子さんから「今月後一件契約が欲しいのは事実なんです。それでさっきの話ですけど触るだけで本当に大丈夫ですか?それで保険の契約してもらえるなら良いかな?って思って。」と予想外の一言。

自分は「もちろんC子さんの太もも触るだけで、それ以上はしないし途中で襲ったりもしないよ。C子さんがそれでも良いなら自分は契約するよ。」と伝えるとC子さんからは「じゃあその条件でお願いします」と。

とは言っていきなり触って良いよって言われても、緊張してしまうので、とりあえずソファーに移動して雑談の続きをしてたら、C子さんが「私の脚に魅力ありますか?太いし保険の契約の代わりになるとは思わないですよ。」とか言うけど、自分は「めっちゃ魅力的だよ」と太ももを撫でながら返しました。

続きを読む(保険営業の女性をうまく誘導して挿入までもっていったった・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く