オカマを見下していた女装子の僕が底辺男たちの性欲便所にされた・・・・・・・・

閲覧数: 4,607 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

【体験談】高飛車な女装子が底辺男たちの性欲処理便所に・・・

投稿者男性は女装が趣味だが恋愛対象は女性、いわゆる女装子だった。容姿に自信のある投稿者はオカマやゲイを見下していた。そしてある日、IT企業の社長に誘われていった高級クラブでちやほやされていたはずだったが、酔って目が覚めると底辺男たちがオカマを性欲の捌け口に使う汚い映画館だった・・・。(1866文字)

nhrape2

高校の頃から女装しているので、女装歴はかれこれ6年になる。
そろそろ就活なので、どこかで区切りをつけようと思っていた。

僕の女装は可愛いと評判だ。
女装コンテストでも何度も優勝しているし、女装イベントにも引っ張りだこのアイドルだ。

こんな僕だけど恋愛対象は女の子だ。
女装は単なる趣味、コスプレに過ぎない。
世間では女装してると、ホモだと思われるがそれは違う。
女装して男を求めるのはオカマだ。
ケツを掘られて喜ぶ変態のクズだと思ってる。
オカマが集まる成人映画館に入ったことがあるが、まるっきり男な奴とか、皺くちゃのババアばかりだった。

そんな汚女装オカマでも女に相手にされない連中の、性のはけ口にはなるようで、館内の各所で小汚い男たちが、汚いオカマに群がって、しごいたり、しゃぶったりしていた。

僕は映画館を飛び出して吐いた。
僕の女装ライフはそんな地獄絵図の対極にある。
女の子にしか見えない完璧なメイク、センスの良い服、しぐさや歩き方にもこだわっているのだ。

その姿でお茶をしていると、必ず一人や二人は声をかけてくる。
先日もIT企業の社長に食事に誘われた。
すごく気にいってくれて、一緒に食事をするだけで、結構な金額のバイト料をくれた。
また、連れて行かれたクラブで、医者や弁護士、官僚などのリッチなお友達にも紹介された。

超高級クラブでリッチな紳士たちに囲まれながら、僕はモテモテだった。
セミロングの髪、黒いタートルネック、グレーのミニスカート、黒タイツにパンプスという僕を囲み、可愛いね、女の子にしか見えないよ、彼女にしたいと賛辞をくれた。
月30万くれるなら愛人になりますよ、などと調子に乗った僕は場を湧かせたが、高そうな酒を振舞われ、すっかり酔ってしまった。

異様な臭いの中、僕は目を覚ました。
酔って眠っていたらしい。
帰らなきゃと身を起こすと、さっきまでいたクラブでは無い。
ここはどこだ?薄暗い照明を通しても、周囲が汚いのがわかる。
そして耐えられない悪臭。
以前、来た事のある成人映画館だと気づいた頃は、周りに小汚い男たちが群がっていた。

汚れた男たちは僕に迫ってきた。
汗と汚物の臭い。
逃げ出そうとしたが、男に足を掴まれソファに押し倒された。
悲鳴を上げる僕の口に、汚い靴下が押し込まれた。
吐きそうな臭い。
男たちは目をギラギラさせながら、無言で僕のカラダを弄っている。

男たちはスカートの中に手を入れ、タイツ越しに僕のチンポを触りはじめた。
意に反して勃起してしまう僕。
男たちはニヤニヤしている。
何人かは僕を見ながらオナニーを始めた。
臭いチンポを僕の顔に近づけ、咥えさせようとする輩もいる。
アタマがおかしくなりそうだった。
悪夢なら覚めてくれと願った。

タイツとパンティーをずらされた僕のチンポを慰みものにする男たち。
しごかれ、しゃぶられドロドロになるチンポ。
嫌悪感を通り越して怒りすら覚えたが、僕の勃起は止まらなかった。

靴下が取り除かれ、汚いチンポが口に押し込まれた。
僕の頭を押さえつけて腰を振る男はすぐに射精した。
口の中に溢れる精液を吐き出す間もなく、次のチンポが口の中に。
そうやって10人ほどの強制フェラをさせられた頃、僕の思考は停止していた。

男たちは僕を全裸にすると、客席に連れ込んだ。
中ではさらに多くの男たちが僕を待ち構えていた。
壁に手をついて立たされ、アナルを弄られた。
手に唾を垂らし僕のアナルに指を入れる男たち。
間違い無く性病に感染しそうだ。
僕のカラダを舐め回す連中もいる。

ズブリとアナルにチンポが入ってきた。
物凄い異物感に耐えていると、ここでも男たちは腰を振り、射精したら次のチンポに犯された。
アナルの中に溢れる男たちの精液が、太ももを伝って床に垂れる。

アナルを犯されている間も、僕の両手は他のチンポを扱かされた。
カラダ中が男たちの精液、唾液や、なんだか分からない体液で汚れていく。
悪臭に麻痺した頃、僕は感じ始めた。
アナルが気持ちいい。
初めてドライオーガズムを経験した。
男たちのチンポで何度もいかされ、僕は女のように呻いた。

ふたたびソファに戻され、脚を開いてチンポを受け入れる僕。
臭い息の男たちが次々にのしかかってくるが、もはや臭いは気にならない。
入れられながら僕はチンポをしゃぶられ、何度も射精した。
男の快感と女の快感を一度に体験した僕の中で何かが弾けた。

顔中に精液をかけられ、ドロドロにされた僕の綺麗な顔は、見るも無残な汚いオカマになり下がっていた。
でもそんな事はどうでもよかった。
僕は薄汚い映画館で、底辺の男たちの性のはけ口として、犯され続けた。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
そしてオカマへ・・・


コメントを書く