【母子相姦】母が隠し持っていたバイブをネタに脅してみたら…(体験談)

閲覧数: 1,485 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

私は26歳。
母とセックスをするようになって5年になります。
今、母は51歳。
初めての時は、母は46歳で、私は21歳でした。

父はゼネコンに勤務していて、年中現場へ単身赴任の連続で、今でも母子家庭のような状態が続いています。

母と初めてセックスをした時、私はまだ学生でした。

サークルの飲み会で遅くなって、深夜に帰宅すると、玄関に安全靴が脱いであり、久しぶりに父が帰ってきていることがわかりました。

家中の明かりも消えて、寝静まっていたので、私は静かに階段を上がり、自分の部屋へ入ると、酔っていたので、風呂も入らず、そのままベッドに倒れこんで爆睡しました。

翌日、レース越しの眩い光で目が覚め、時計を見るともう昼を回っていました。

階下に降りると、テーブルの上には「買い物に出掛ける」という母の書き置きと食事が用意してあり、誰も居ません。

私は、食事よりも、二日酔いで割れそうな頭をどうにかしたくて、熱いシャワーを浴びることにしました。

シャワーを終えて服を着替えていると、洗濯機の蓋から何やら紫色の布が出ているのに気が付き、なんとなく気になって、蓋を開けると、それは透け透けのレースが施してある紫色のパンティで、とてもセクシーなものでした。

それを手にとって、広げてみると、股あての部分がまだ濡れていて、濃い色の滲みになっていました。
鼻に近づけて臭いを嗅ぐと、栗の花のような臭いがして、紛れもなく精液の滲みだと分りました。

昨夜、母は久しぶりに帰ってきた父とセックスをしたんだと思うと、ふと母がセックスをしている場面を想像して、下半身が勝手に勃起してしまいました。

下半身が勃起しても、父の精液が着いたパンティで、オナニーをする気にはとてもなれなかった私は、新しいパンティを盗んでオナニーをしょうと、母の寝室へ侵入しました。

下半身を勃起させたまま、母のタンスを探り、あれこれとパンティを物色していると、引き出しの奥に伸ばした手の先にゴツっと何かが当たりました。

それを引っ張り出してみると、なんと大型のバイブがコンドームをつけたままの状態で出てきました。
コンドームは所々が白っぽくなっていて、恥毛まで着いていて、匂ってみるとオマ○コの匂がしたので、昨夜、使用した後で、そのまま引出しに放り込んであったことが容易に想像できました。

私は、これをネタに母を揺さぶってみたら、いったい、母がどんな反応を見せるのか、すごく試してみたくなりました。

とりあえず、私はバイブを元に戻し、パンティを一枚盗むと、自分の部屋へ行き、母が太いバイブをアソコに突っ込まれて、ヨガリ狂っている姿を想像しながら、オナニーをしました。

夕方、母が買い物から帰って来ました。
父のことを聞くと、朝、本社へ寄って、また現場に戻ったという事でした。
よし、それじゃあ、今夜は母さんを酔わせて女として攻めてみようと企みました。

夕食の時、母にカクテルを作ってあげるといって、ブラッディ・メアリーを飲ませました。
味は、ウォッカベースなのでほとんどトマトジュースの味しかしないので、案の定、母はガブガブと飲みすぎて、一人では立てないほど、酔ってきました。

ロレツが回らなくなった母に、頃合いを見て、話題を、下ネタに持っていきました。

「母さん昨日の夜、父さんとヤッタ?」
「ハッ… もう、そんなことする年じゃないわよ…」
「母さん、俺も白状するから母さんも白状するんだよ」
「何よ… 白状って…」

「風呂場に脱いであった母さんのパンティ、匂って見たら精液の臭いがしたよ。ヤッタんだろ、昨夜父さんと!」

「何で母さんのパンティなんか匂うのよ!…」
「昨夜は久しぶりにヤッタんだろ? 正直に言えば?」
「言わないっ!」

「母さんがアソコにデカイオモチャを入れられて喜んでいる事ぐらい、俺、知ってるんだよ」
「えっ…」
「俺も、酔ったついでに、言うけど、俺にも父さんと同じことヤラセてよ…」
「何を言い出すのよ… 母さん、酔っちゃったから、もう休むわ…」

母は椅子から立ち上りましたが、ブラッディ・メアリーが効いていて腰が抜けたようになって自分で前に歩き出すことが出来ません。

私は、母の手を取って、肩に捕まらせて、寝室まで連れて行きました。
寝室に入ると、私はいきなり母を振り向かせて、抱きつき、キスをしました。
そして、私は酔って無抵抗な母を寝かせ、胸を揉み、スカートのホックを外し、パンティを脱がせました。

母は自ら腰を少し浮かせてパンティを脱がせやすくしてくれました。
「母さんのよく見せて」
母は私の要求に足を広げてアソコを見せてくれました。

「もっと、よく見せて」

母は目を閉じたまま、片手で恥毛をかき分け、アソコを広げて見せました。
中の奇麗なピンク色の肉壁が現れました。
私は母のその膣穴をいじめてみたくなりました。
あの太いバイブを母に使ってみたかったのです。

「母さん… オモチャ… 使ってもてもいい?」

母は頷いてくれました。
私が母のタンスから例のバイブを取り出してスイッチを入れると、母は目を開けて興奮した様子で息を荒らげていました。

私がバイブを近づけると母はゆっくりと足を広げてくれました。
バイブの先端で割れ目を上下に擦ってみると、そこはもう十分に濡れていました。
振動するバイブでクリトリスをいじると、母は体を震わせ、声を漏らしていました。

「ねぇ、中に入れてみるよ」

続きを読む(【母子相姦】母が隠し持っていたバイブをネタに脅してみたら…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く