息子のレギュラー獲得のためにコーチの巨根を咥えました…(体験談)

閲覧数: 1,216 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。
2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。
息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では県大会3位の成績を収めました。
もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。

母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。
毎日クタクタになって帰ってくる息子を見て続けて行けるんだろうか?と心配する事も度々でした。

一度試合を見に行ったんですが、息子はユニホームすら貰えず応援席で必死に応援していたんです。
強豪校だけあって、エリート選手が集まり息子も直ぐにレギュラなど成れる筈もありません。

そうして1年が過ぎたある日、息子が笑顔で帰って来たんです。
「母さん!ユニホーム貰えたよ」
「本当!良かったね!」
息子が広げたユニホーム背中には10の番号。

「今度試合あるから見に来て、俺多分スタメンで出るから」
「そうなの?凄いじゃない」
久々に見る息子の笑顔に、心の底から嬉しく思いました。

試合当日、会場に向かうと大勢の観客で賑わっていました。
客席に向かう頃には、既に息子達がコートで練習を始めていたんですが、息子に笑顔は微塵も感じられません。

やがてスタメンがコートに入って始めて息子が元気がない理由を知ったんです。
息子はスタメン処か、試合に一度も出される事はありませんでした。

確かに他のメンバーは上手かったんですが、息子も負けていないと感じた私は、駐車場で車に乗ろうとしているコーチを見つけ話をする事を決めたんです。
コーチは40半ばの独身で、自営業を営んでいるそうです。
30半ばには髪が薄くなり、年齢以上に見えるかも知れません。

話をしてみると、ネチネチとした感じで印象は最悪でした。
でも、頑張っている息子の為と思い必死のお願いをしたんです。
するとコーチから
”こんな所でも何ですから、今度家でゆっくり話しましょう”
と言われ、コーチの家を教えて貰い、連絡先を交換しました。

それが地獄への案内状だったんです。
数日後、私は昼間にコーチの自宅に向かいました。

独身と言う事でしたが、自宅は郊外の一軒家。
実家で営む自営業を受け継いだだけあってお金持ちって感じでした。
両親は近くのマンションに暮らしているらしんです。

自宅リビングに案内されると、彼はお茶を入れてくれました。
息子の話を始めると、実力は他のメンバーと同等レベルでスタメンで出しても問題ないと言うのです。

後は・・と言いコーチは私の身体を舐める様に見始めたんです。
「お母さん次第で、次回から試合に出す事を考えますよ」
「本当ですか?何をすれば・・」
何となく彼の思惑は分かりました。
”一度だけ!我慢すれば、息子は・・”
彼の元に膝間つき頭を下げながら
”何でも言う事を聞きますから・・何とかお願いします”
と哀願していました。

必死でした。
喜ぶ息子の顔が見たくてコーチの言いなりになったんです。
コーチは私の目の前でズボンを下ろすと、肉棒を剥き出しにしてきました。
夫以外に、2人の男性の肉棒を目にしてきましたが、コーチの肉棒は私が知る中でも一番大きく太かったんです。
彼に言われるまま、私は彼の肉棒を口に含んだんです。

コーチはその後、前から後ろから私のマンコに差し込み、溜まった精液を私の口に入れて
”飲んでください”
と強要されたんです。
初めて味わう精液は濃くて痺れる感触でした。
そして彼の口から
”今日から私の性処理奴隷になるって約束してください”
そう言われ私は彼の言葉の後に
”コーチの性処理奴隷になる事を誓います”
と約束していました。

続きを読む(息子のレギュラー獲得のためにコーチの巨根を咥えました…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く