【不倫】猟奇的すぎるDV女子大生美女の心の闇…(体験談)

閲覧数: 992 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

19歳年下の女子大生、麻紀と不倫をしていた。
当時4歳年下の妻、夏美と結婚して10年になるが子供に恵まれず不妊治療も上手くいかず限界だったのかもしれない。
不妊の原因は夏美で自分には一切原因がなさそうだったのも夏美との間に距離ができた理由だった。

麻紀は海外出張先のホテルのレストランで知り合った女子大生。
曾祖父がアメリカ人というセミクォーターだが8分の7日本人なので173センチという高身長以外は黒髪ロング、奥二重と日本人にしか見えなかった。

年も18にしては大人っぽく、ホステスでもしていそうな貫禄さえあった。
ちなみに写真で見た彼女の兄は何故か外国人にしか見えないイケメンだった。

帰国後も連絡を取り合い同じ東京住みということもあり、自然と愛人関係になった。
既婚者であることは言わなかったが麻紀にも彼氏がいたからバレても問題ないような気はした。
麻紀も結婚してるか聞いてこなかった。
年の差はあったが30前半に見える容姿のお陰で「気にならない」と言ってもらえた。

麻紀は普段は大人しく素直な子だったが、キレると豹変した。
束縛されることはなかったものの、殴る、蹴る、叩く、つねる、ものを投げるなどのデートDVを受けた。

「なあ、麻紀ちゃん。」
「麻紀ちゃんって呼び方嫌い!辞めてよ!気持ち悪い!イライラする!」
そう言って顔面を殴ったり、腕をつねったり、足で蹴られた。
Mの趣味はなかったが、日に日に青や赤、果ては黄色に変色していく肌を見ても麻紀の暴力は止められなかった。

暴力が一通り終わると泣きながら「ごめんなさい…。」と言う麻紀の弱々しい姿を見ると全て許せる気がした。
聞けば難関高校に通っていた頃も対教師暴力で二度ほど停学になっているという。

暴力を振るわなければ笑顔が可愛い若い麻紀の喜ぶ姿が見たくて、麻紀にはいろんなものをプレゼントした。
麻紀の好きなシャネルの化粧品やバック、現金も月10万〜30万くらい渡したと思う。
麻紀はプレゼントはどんな安物(出張先で買ったご当地リラックマやそのへんのコンビニで売ってるお菓子とか)でも「嬉しい」「ありがとう」と抱きつきながら喜んでくれたし、そうすると一日中機嫌が良かった。

年の差のせいか娘みたいな感情もあったのかもしれない。
「私、子供の頃から虐待受けてた。そのせいか好きな大人の人に暴力振るってしまう。嫌いな人には決してしないのに…!」
そういう麻紀の背中にも無数の古い傷があったし、お尻には「バカ」と彫られた刺青まであった。

ただ、そうは言ってもどこでキレ出すか分からない麻紀は性行為も上手くいかなかった。

性行為ではそれまで愛撫を受け入れていた麻紀も挿入すると「痛かった」と裸のまま、殴りだすこともあった。
「痛かった!最低!」
「ごめん、麻紀さん…。」

話はそれるが、麻紀は何故か「まきちゃん」と呼ばれるのを嫌がる。
学校の友人には『麻』の読み方を変えて『あさちゃん』と呼ばせているのだという。
19も年下の子供に殴られながら、「さん」つけで呼んで謝る姿は滑稽かもしれない。
一方、麻紀は俺の名前を呼び捨てで呼んできた。

「痛い!」
「麻紀さん、ごめん。本当に…。ていうか、麻紀さん初めて?」
「初めてじゃない!14の時、無理やりヤられたことあるから!」
「え、じゃあ二回目?」
「2回目よ!だから初めてじゃない!」
「実質初めてみたいなもんじゃん…。慣れたら痛くなくなるから。」

「何それ、私はこんなに痛いのに、まだ入れたいの?」
「いや、そうじゃなくて…。そんなに言われると勃つものも勃たないよ。」
「え。私、裸なのに勃起しないの?」
「いや、だから…。そんなに嫌ならもう入れないから。」
「入れないの?私、そんなに魅力ないの?」
「いや、入れた方がいいの?」

麻紀はひたすら俺の身体を蹴り続けた。
男だし柔道の経験もあるからやり返すことは可能だったが、そうすると麻紀を興奮させるだけだということは学習済みだったので出来なかった。

「麻紀さん、落ち着いて。おっぱい触らせてくれたら勃つと思うから。」
「え…。」

「しまった、逆効果だ…」と怯えたが麻紀は俺の手を添えて胸を揉ませてくれた。

少しでも痛いと暴力を振るわれるから緊張感はマックスだったが出来るだけ慎重に無言でCカップのおっぱいを揺らしたりしながら揉んだ。

続きを読む(【不倫】猟奇的すぎるDV女子大生美女の心の闇…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く