【ショタ】厨1の冬の夜に展望で出会った変態おじさん・・・・・・・・

閲覧数: 1,035 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

【体験談】男の子だからって夜に一人で出かけると・・・

投稿者男性が中1の時、デジカメを買ったので夜景を撮りに一人で展望台へ行った。寒さで尿意を催したのでその場でオシッコをしようとしたら後ろから不意に声を掛けられる・・・。(1892文字)

中1の冬休みに、お年玉でデジカメ買って夢中で写真撮ってました。
夜景を撮りたくなって、小高い山にある展望台に行った時のことです。
山と言っても高台みたいな場所で、遊歩道を自転車で10分くらい場所でした。
展望台からの夜景はとても綺麗で、夢中でシャッターを切っていました。
でも冬の風は冷たく、厚着していても震えるくらいでした。

急に漏れそうになって、ここで立ちションしてもいいかって思い展望台の外へ、おしっこし始めた時です。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

後ろから「ここで何してるの?」って声がしました。
慌ててチンコしまい、振り返ると40代くらいのおじさんが立っていました。
「びっくりさせちゃったね」というと、首にぶら下げたデジカメを見て、
「写真撮ってたんだ。綺麗に撮れたかな?」と聞かれました。

僕は「うん」とだけ行って、急いで帰ろうとしました。
すると腕を掴まれ、撮った写真見せてと言うんで、仕方なく見せると「綺麗に撮れてるじゃん」といいました。

そして、僕のズボンを指差して、小さな声で
「さっきオシッコしようとしてたでしょ?」と言いました。
オシッコの途中だったんでズボンを濡らしたのを見られたです。
恥ずかしくて黙っていると、
「気にしなくていいし。でもここでオシッコはだめだなー」と笑いました。

そして、「オシッコはトイレでしないとね」といい、おじさんもオシッコしたいから、一緒に行こうといわれました。
僕は「もう帰るから家でします」というと、「我慢するのは良くないし」といい、僕の手を引っ張って、展望台を降りました。

展望台の近くにはトイレなんてないのを知っていました。
怖くなって、手を振りほどこうとしたら、ギュット握られました。
そのまま遊歩道とは反対にある、石段のある下り道に連れて行かれました。

途中まで降りると、「トイレ見当たらないから、ここでしよう」というと、僕の手を握ったまま、片手で自分のモノを出しました。
暗い中でも大きく勃起しているのが分かりました。

「さわってごらん」と言われ、僕の手を無理やりペニスに押し当てました。
自分のチンコより何倍もありそうで、気持ち悪くすぐに手を離しました。

すると「今度は君の番だね」といい、ズボンのチャックを下げようとしました。
抵抗したけど無理でした。
チンコを指で摘みだされると、
「さあ、オシッコ出してみて」と言われました。

恥ずかしくてすぐに出ませんでした。
それでも指でいじられると、我慢できなくなり、オシッコを出しました。
おじさんはポケットからライターを出して火をつけると、僕のチンコを照らしました。

とても恥ずかしくて、オシッコが終わりチャックを上げようとしたとき、僕の手を掴みました。
「見せてごらん」といいながら、ズボンのボタンを外そうとしました。
「やだ」と叫びましたが、強引にズボンとパンツを膝まで下ろしました。

おじさんは石段のひざまずいて、またライターに火をつけチンコを照らすと、
「可愛いおちんちんだ、ちんちんの毛も生え始めだね」といい、「ぼくは中学生かな」と
聞かれたのですが、怖いのと恥ずかしいので声をだせずに震えていました。

おじさんがライターの火を消すと、僕の腰を両手で掴みました。
暗い中で急にチンコに温かさを感じ、口に入れられたことがすぐに分かりました。
必死におじさんの頭を押して離そうとしたけどダメでした。
口の中で寒さに縮んだチンコを弄ぶように、舌を動かしていました。
足を広げると玉袋ごと口に含まれました。

しかし10分くらい舐め続けられると、怖さより今まで感じたことのない気持ちよさを覚えてきました。
少しずつ勃起し始めると口を離して、
「おお固くなってきた、出してもいいんだよ」
と言いました。

唾液でベトベトになったチンコの皮を指で剥かれ、先っちょを舌先で刺激されたとき、無意識に声が出ました。
おじさんは射精の気配に気づいたみたいで、スグに口に含むと唾液をためて、亀頭を舐めまわしました。
僕にとっては、立っていられないくらいの刺激でした。

我慢できずに口に出すと吸い取るように飲み干しました。
そして「まだしょっぱくて薄いミルクだね」といい、さらに口の中で刺激を続けました。
「もっと出していいんだよ」と何度も言われましたが、2回目は出なくてチンコは萎んだままでした。
それでもしつこいくらいに舐めまわしていました。

1時間はたったと思います。
やっとズボンを履かせてくれると、
「ぼくのおちんちん、美味しかったぞ」と言い残し、暗い石段を降りていきました。

暗闇に一人取り残されると怖さが戻ってきました。
急いで階段を上がり帰りました。


コメントを書く