【近親相姦】癌になった俺の子を身ごもってくれた姉…(体験談)

閲覧数: 1,221 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

重い話で申し訳ありません。最後まで読んでいただければ幸いです。
僕が生きた記録として、何かに書き留めておきたいと思いました。
以前、このサイトをちら見したことあったので。ここに書いていいのかわかりませんがご容赦ください。

僕は今27歳です。
2歳上の姉がいます。
僕は胃がんからあちこちに転移して、余命あとわずかというところです。
そして、現在姉のお腹の中には、僕の子供がいます。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

近親相姦と言うかもしれません。
でも身近にいる唯一信頼できる、そして愛してる肉親にお願いして僕の生きた証明として子供を残してくれるということになりました。

今年の2月でした。
胃が痛くてどうしようもなくて、市販の胃薬とか飲んでました。
どうにもならなくて病院で検査。
結果は胃がんでした。
告知を希望した結果、先生から説明を受けました。

両親、姉の落ち込み方はハンパではありませんでした。
もちろん僕自身も叩きのめされた感じでした。
その後の検査で転移しているのもわかりました。
細かいことは書きません。

ある日、家の自室で僕は本を読んでいたら、姉は泣きながら僕に抱きついてきた。
「聡、聡ぃ、死なないで。お願いよぉ、姉ちゃんを一人にしないで。」
僕は何と言っていいかわかりません。
しばらく話していて、僕は小さいころから姉が大好きだったと話しました。
いつまでも姉の傍にいたいって。

「聡、だったなんて過去形で言わないで。今も姉ちゃんが好きって言ってよ。」
「もちろん、今も姉ちゃんが大好きだよ。」

姉は美人ではないです。
美人というより可愛いという感じ。
元AKBの板野ともチンとか、グラドルの浜田翔子みたいな感じと言えばいいのかな。
身長だって150㎝ちょいとおチビちゃんだし。
目がクリクリしてて。

「ねえ、姉ちゃんが何かしてあげられることない?聡が楽になるようにしてあげたい。」
「姉ちゃん、いいよ。特にないから。」
「でもぉ。何かしてあげたいのよ。姉ちゃんにしかできないことってない?」
「・・・ない。」

その場は何も問題なく終わりました。
数日して、テレビで赤ちゃんの可愛い投稿ビデオが流れた。
それを見ててぼそりと、僕はつい言ってしまったのです。

「僕さ、結婚して子供残したいよ。やっぱり、いつかはそうやって家庭持ちたかった。」

家族全員黙ってしまった。
自分の部屋に戻って本読んでて。
寝ようとしたら姉が部屋に来た。

「聡、少し話しようか?大事なことなんだけど。」
「なんだろ?」
「あのね、聡の子供残そうよ。」
「?」

言ってる意味が全くわからなかった。
何言ってるんだ?としか思えなくて。

「さっきね、お父さんお母さんと相談したの。」
「子供ったって。誰が相手なんだろ?お見合いしたってどうにも時間足りなさそうだし。」
「ん?うん、だから姉ちゃんとよ。姉ちゃんが聡の子供を産んであげる。」

続きを読む(【近親相姦】癌になった俺の子を身ごもってくれた姉…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く