【近親相姦】妹のオナニーを見て中出しレイプしてしまった…(体験談)

閲覧数: 1,751 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

2週間前のことだが、自分の妹を襲って中だしレイプした。
妹とは実家を出て賃貸マンションに同居してるんだけど、妹のオナニー姿見た瞬間抑えが効かなくなってしまってやってしまった。
2週間前の土曜日の夜中だった。
蒸し暑くてなかなか寝付けなくてベッドでゴロゴロしてた。
妹の部屋からかすかに声が聞こえてきた。

最初、何か苦しんでるのか?悪い夢にうなされているんか?と思った。
まずいこととは思ったが、病気とかで苦しんでたら大変と思い心配だったから、こっそりドアを開けて覗き込んだ。

びっくりした。
だって妹がこっちに股を向けてベッドの上でオナニーしてた。
指がオ○ンコに2本入っていた・・・。俺は固まって見てた。
5才下の妹。
それが、俺の目の前で膝立てて大股開きでオ○ンコに指をズボズボ出し入れしてベッドでよがってる!

ベッドのそばに立って、妹のとんでもない姿を見下ろしてた。
麻紀が目を開けた「エッ?!」と言って、妹の麻紀は指をオ○ンコに入れたまま固まった。

「麻紀!おまえ・・・俺は、俺は・・・」

俺はそのまま麻紀のベッドに飛び上がって麻紀の上に被さった。
もう妹だってことより、オ○ンコ見た瞬間に「やりたい!」って気持ちが優先した。
妹のことが好きなんだって、この瞬間自分で気が付いた。

「兄さん!な!なにするの!やめ・・・!」

目を見開いてた。
現実なのか夢なのかわからない感じだった。

「麻紀、頼む!頼む!1回だけでいいから。兄ちゃんを助けてくれ!」
「えっ?!ちょっと・・・なに?なに?・・・ばかあ!何言ってるの!兄さん!いやあ!やめてぇーーー!」

俺は麻紀の口に自分の口を当ててキスした。

「ムグア!ムムム!ムー!」

必死に手を振り回して抵抗してきた。
俺は麻紀の上に重なりながら履いているスエットとパンツを片手で下してチ○コを出した。

すでに勃起状態!!
妹の裸見て勃起するか?って思うだろうが、状況次第では絶対に勃起する!
たぶん誰でも。そう思うけど。
麻紀の手を片手で抑えこんで、チ○コをオ○ンコの位置に当てた。

「兄!!兄さん!だめえ!・・・ムグウウ!」

もう一度キスで口をふさいだ。
右手でオ○ンコに触った。
もうビショビショだった。
さっきのオナニーですっかり準備万端になっていた。

クリをいじりまくった。

「ンンンーーーーー!ンン!」

がっくり麻紀の力が抜けた。
クリをいじられて、ディープキスされて麻紀は抵抗しても無駄と思ったのかもしれない。

ビラビラを左右に開いて、亀頭を膣口に押し付けた。
ググッと体重をかけた。
ヌルッと亀頭が潜り込んだ。

「ンーーーーー!」

麻紀が目を見開いて口を塞がれたままうめき声をあげた。
俺は構わずグイグイ押し込んでぴったりチ○コを押し込んだ。
全部はいって、真紀の口から俺は口を話した。

「麻紀!頼む!許してくれ・・・真紀が大好きなんだ」
「やめてーーー!兄さん・・・抜いて、早く抜いてよ!いやあーーーー!」

俺は無視して腰を振ってピストンした。

「イ・・ヤ・・ア・・ーー・・やめ・・てーーーーー!!」

強烈にピストンされながら、ガクガク揺さぶられても抵抗してきた。
麻紀の中は狭かった。
膣が短いのか亀頭が奥に当たるのがわかった。

「痛い!・・・いや!・・・痛い!・・兄さん・・・やめて・・・」

構わず子宮を突きあげた。
妹なのに、妹のオ○ンコの気持ち良さがたまらなかった。
麻紀の中は狭くて、奥にツブツブがあって、そこに亀頭が擦れると気持ち良すぎだった。

数分だったと思うが、一気に射精したくなった。
麻紀の両足を抱え込んで思い切り腰を振った。
全身に快感が走って、子宮めがけて大量に射精した。
射精しながら腰をパンパン振ってた。

続きを読む(【近親相姦】妹のオナニーを見て中出しレイプしてしまった…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く