一人キャンプ中に遭難してた女性二人組を助けた結果・・・・・

閲覧数: 7,429 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

先週の年に5回ほど行くキャンプに行って来た。
知り合いのオヤジが山持ってて、低い山で地図にも山名なんて載ってない様な山。
俺とそのオヤジは「太郎山」と呼んでた。
曾おじいちゃんが太郎だったからと言う単純な理由だったからなんだが。
殆ど崩れかけでアスファルトなんて贅沢品みたいな林道の終点に行くと広い広場みたいな所に出る。

そのオヤジが昔バンガロー作ろうと切り開いたが水道、ガスとか引くのに金かかるから断念した土地。
車が何回も切り返ししてやっとUターン出来る位の場所。

オレはいつもそこを借りてテントとタープ張ってストレス解消!と言いつつ酒飲みに来る素人キャンパー。
実際夜空綺麗だし、必要以上の機材とか寝具とか持ち込んで二泊位してから帰る。
沢があって水関係は心配なし。

もう五年も続けてるけど、1回も人に会わなかった。
まぁそれが良くて来てたんだけど最近その太郎山の裏にハイキングコースが新設されていて萎え萎え。
でも離れてるし、コースは太郎山より離れてるし人は来ないと思ってた。

昼過ぎから降り始めた雨は止まずタープもテントもあまり水滴のかからない大きな木の下に張りなおし、汗と雨でビチャビチャ。
どーせ濡れてるしと思い、沢へ降りて行き水浴びしているとジャバジャバと沢の淵を上ってくる奴らが見える。

河川監視員とか漁協の人かな?
オヤジは来る訳ないしとおもって居るとだんだんとシルエットがはっきりして来る、女じゃん!
急いで濡れたパンツ履いていかにもしりませんでしたよぉ~風に。

「あの~」と声を掛けられパンツいっちょで振り向くと赤い顔しながらも「すいません、道に迷いました」と言う二人。
こんな低い山で迷うのかな?二人ともずぶ濡れでうっすらブラが透けてる。

ハイキングコースから大きく外れてる、地図を見せてもらうが防水加工なしの地図だからグチャグチャで見えない。
彼女達によると、一周して帰るつもりだったが途中で雨に降られて雨宿りしたら帰る方向わからなくなったとの事。
で二時間以上歩き続けて煙が見えたから人里かと思ったと言う。

バッグの中は雨具も何も無く、タオル、お菓子、お茶のみ。
軽装過ぎないか?一人は歩美さん。
篠原涼子みたいな感じで背が高いが貧乳で髪は後で縛ってる。
おねぇ系の顔立ちだけど、すれてる感じは無く清潔感もある。

もう一人は美樹さん。
歩美さんより二つ先輩で28、山が好きと言ってるんだけどハイキングの経験しかなく一人じゃ怖い!と言うので歩美さんを誘ったそうだ。
正直俺のタイプじゃない。
胸はそこそこあるし、会話も美樹さんがリードしてるみたいだが、俺としてはどうしても歩美さんに目が行ってしまう。

帰り道教えて欲しいというが、正直俺にもわからん。
そう言うと、寒いと言い出した。
仕方が無いのでタープ下まで連れて行って焚き火に当たらせる。
着替えも無いので適当なシャツを貸してあげる。

続きを読む(一人キャンプ中に遭難してた女性二人組を助けた結果・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く