【初体験】鬼畜叔父のおかげで従姉(中3)に筆おろししてもらった・・・・・

カテゴリ: 記事紹介

僕の体験を書こうと思います。
あれは僕が中一の時、母方の実家に行った時の事です。
その時、他の親戚一同は墓参りか何かで出かけてて、家には僕と姉と叔父さんしかいませんでした。
初めはリビングで三人一緒にテレビを見ていましたが、僕は知らないうちに寝てしまっていました。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

ふと目覚めるとソファーに座っている姉の股間に叔父が顔を埋めていました。
最初何をしているのか分からなくてぼーっと眺めていたのですが、少しして叔父が姉のオマンコを舐めている事に気付きました。

叔父は執拗に舐めたあと、今度は指をオマンコに入れ、ゆっくりと、時には速く出し入れしました。
姉は「はぁ、はぁ」と呼吸が荒くなっていました。

叔父が「圭子ちゃん気持ち良くなってきた?」と尋ねると、姉はコクッと小さく頷きました。
叔父は「じゃ叔父さんも気持ちよくしてくれる?」と言って、ズボンとパンツを脱いで姉の横に座りなおしました。

姉は叔父の股間に手をやり優しくペニスをさすっていました。
ペニスが勃起してくると、姉はパクッとペニスを咥え、ゆっくりと顔を上下に動かし出しました。
叔父は「上手だよ」とか「気持ちいいよ」とか言いながら、姉の髪を手で梳いていました。

ふとその時、寝たふりしながら見ていた僕と叔父の目が合ったように思いました。
すると叔父はニヤッと笑うと、姉をソファーの上に仰向けに寝かし正上位で挿入しました。

ペニスが入った瞬間姉は「あぁ!」と声を漏らし、リビングにはテレビの音と、叔父の腰の動きに合わせて軋むソファーのギシギシという音と、姉の「はっはっはっ」と息を吐く声が響いていました。

次に叔父は姉を引き起こし対面座位になりました。
こうなると向かいのソファーに座っている僕からは結合部だけでなく、姉の肛門まで丸見えでした。
この後、叔父と姉は正上位で果てました。

事が終わり、姉がリビングから出て行くと、叔父が寝たふりしている僕の隣に座って
「いつまで寝たふりしてるんだ?健司も大人になったな、今度はお前の筆下ろしだな」と言って僕の勃起した股間を触りながら言いました。

叔父と姉の行為を見た翌日、僕は叔父と姉が気になって仕方ありませんでした。
たぶん、ずっと二人のどちらかを目で追っていたと思います。
当然、昨晩は二人の行為を思い出しながら自慰にふけっていました。

昼過ぎになって叔父さんが「じゃぁ健司、そろそろ行こうか」と僕に話しかけてきました。
僕は何の事か分からず「え?」と戸惑っていると、「いいから来い」と言って僕を車に乗せました。

叔父さんはニヤニヤしながら「昨日は何発抜いたんだ?」とか、「オナニーはいつからだ?」とか聞いてきました。
15分位して車が止まりました。
叔父さんの家でした。

叔父さんに連れられて家の中に入ると、従姉の京子ちゃん(叔父さんの娘で当時は中三)がテレビを見ていました。
京子ちゃんが愛想なく「おかえり」と言いながらこちらお振り返りました。

「あ、健ちゃん、どうしたの?」と僕に気付き話しかけてきました。
京子ちゃんは受験前だったので、近所ということもあり、母方の実家には初日に顔を出しただけでした。
僕が何も言えずにいると、叔父さんが「京子、健司の筆下ろししてやってくれ」と言いました。

「え?!」僕も京子ちゃんもビックリして一瞬固まってしまいました。
叔父さんは京子ちゃんの肩を抱き寄せると、京子ちゃんの胸を揉みながら
「健司に昨日、圭子ちゃんとやってるとこ見られてな、口止めの代わりに筆下ろしをさせてやろうと思って」と言いながら胸を揉みながら京子ちゃんの股間に手を這わせていました。

京子ちゃんは「ちょっと」「いや」と小声で言いながら、叔父さんの手を征そうとしていました。
叔父さんに胸や股間を執拗に触られる京子ちゃんを見て、僕のペニスは勃起していました。

叔父さんはその事に気付くと京子ちゃんの手を取り、
「ほら健司のチンコ起ってるぞ。相手してやれ」と言って、僕の股間を触らせました。
「ホントだ。硬くなってる」
僕のペニスをズボンの上から擦りながら京子ちゃんは言いました。

京子ちゃんはズボンの上からペニスの形、大きさを確かめるようにゆっくり優しく触りながら僕の顔を覗きました。
京子ちゃんと目が合った瞬間、「ああっ!」僕は射精してしまいました。

これには京子ちゃんも叔父さんも驚いた様でした。
「えっ?もうイッタの?」京子ちゃんは言いながら僕の穿いていたズボンとパンツを一緒にずらしました。

続きを読む(【初体験】鬼畜叔父のおかげで従姉(中3)に筆おろししてもらった・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く