【痴漢】ロリコン野郎たちの餌食になった美少女JC…(体験談)

閲覧数: 1,972 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

今夜は今朝の事で眠れそうも無い。
今朝も駅で獲物を物色しているとデビューした頃の、のりピーにそっくりな中学一,二年生位のかわいい子が満員電車に乗る列にならぼうとしている。

服装は白のブラウスでひざ上10cmのミニスカートという格好で胸も少しはありそうだ。
全く美少女を絵にかいたような子でこんな子が満員電車に一人で、しかもこんな服装で乗るなんて無謀なことをするもんだ。

多分夏休みで満員電車の経験がない中学生だろう。
電車が近づいて来てその子が列に列に並ぶとすかさず俺はその子の後ろに並んだ。
しかし同業者らしき奴らが一斉に集まって来やがった。
(ロリコン野郎だらけか!)
これは乗り込む時の位置の取り合いが難しくなる。
と同時にこの車両だけ特別に込む状態になりそうだ。

電車のドアが開き予想どうりポジション争いが始まった。
横から入られないようにのりピーに密着しつつ乗り込むと同時に前に回りこみ最高のポジションをキープする。
が最後におされて横に押し出されそうになったので、のりピーの腕をつかみこちらへ引き込み位置どりとしては正面向きの半分左といった所でまあまあだ。

ドアがしまるとのりピーが「ぃやぁー」と小さな悲鳴をあげたので、見てみると脇の間から手をつっこまれて左右の胸は別々の男に荒荒しく揉まれ、下はミニスカートの中に手を突っ込まれていた。
俺はしまった、出遅れたと思った。
他の奴らはここまで大胆で危険をかえりみない奴らなのかと思った。

しかしこんなかわいい極上の女子中学生一,二年の子がこんな痴漢しやすい服装で満員電車に乗ってきたのだから、ロリコンにはまたとない捕まってもいい位の気持ちの興奮で奴らは行動しているようだ。

少女は体をよじりながら、脇を閉めて右手は胸を揉んでいる手をはがそうとし左手はスカートに突っ込まれている手を押さえて抵抗している。
お尻も手の抵抗がない分、思う存分触られているようだ。

多分痴漢された事はもちろん初めてで、それどころか男に体を触らせた事などないだろう。
いやいやしながら抵抗しているがまわりは皆痴漢で囲まれて、その子は身長は150cmない位なので他の普通の一般人からは全く見えなくなっている。

俺は興奮した。
これなら好きなようにこの子の体を好きなように弄り回せる。
捕まる心配も殆ど無いと思い、まだパンツの中には少女が横のおっさんの手を押さえているので入れられていない毛がはえているかどうか俺が一番乗りで調べてやろうと思い、横のおっさんの手を押さえている隙にパンツの中に手を突っ込んでやった。

ツルツルですべすべでプニュプニュしたおOこの感触に感激と興奮で我を忘れてしまいそうだ。
俺にとって初めての感触だ。
のりピーは「ひゃー」と言うかわいい声の変な小さい悲鳴を上げ俺の手を押さえに来た。

俺はお構いなしにクリトリスに指がこすれるようにわれめにそわしながら穴をめざしていく。
俺に先をこされたおっさんはパンツを一気にひざまで下ろし横から内腿をさわりながらおOこに割り込んで来ようとするが俺はそうはさせない。

われめにそって指を下におろすと結構濡れていた。
俺は興奮してひとさし指がやっと一本入る程度の狭い穴をかきまぜて楽しんだ。

少女は頭をふったり、腰をくねらせている、こんな美少女が無茶苦茶いやがっていても、体は感じていると思うと新発見したような、またすごく卑猥な感じでしてはいけない事をしている思いが少女への痴漢は何倍にも膨れ上がり、俺は先走りの汁で精液はこの時点で1/3ほどでていた少女は涙を流しながら体をゆすったり手で少しでも自分の体を守ろうと抵抗するが、大きい声は出せない。

続きを読む(【痴漢】ロリコン野郎たちの餌食になった美少女JC…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く