【トラウマ】「叔父に体を狙われてる」と言っていた彼女が実は・・・・・・・・・・

閲覧数: 4,681 PV

※このエロ話は約 13 分で読めます。

【体験談】超絶トラウマなシーンを目撃してしまう・・・

友達の彼女として出会った彼女と後に付き合った投稿者男性。彼女は友達とはセックスはしていなかったが、以前の彼氏と経験済みだと聞いていた。しかし・・・。(7792文字)

俺の寝取られ体験談を書く。
おれが高校2年の時の経験談だ。
付き合っていた彼女、あやこが寝取られた話だ。
あれからずっとトラウマになっている。
今、付き合っている彼女もなかなか信用できない程。
俺があやこと出会ったのは俺が高1の夏だ。

俺は当時、世田谷に住んでいたが、日野市に引っ越した友達Oの家に遊びに行った時Oが「俺の彼女」と言って紹介された。
近くに住む中学3年生だった。
地区の集まりかなんかで知り合ったらしい。

決して美人ではなかったが男好きする顔というかHな顔立ちというかともかく俺の好みでズキン!と来た。
だが、友達の彼女という事もありそんな事はおくびにも出さず何事もなく終った。

俺とあやこが急接近したのはその秋、彼女の通う中学校の文化祭に行った時だ。
友達のOは家の用事があり先に帰ってしまったが俺はせっかく遠くから来たし、何かいい事がないかな・・・って感じで最後の方まで残っていた。

すると、あやこが今日は隣の町に電車に買い物に行くので「途中まで一緒に行こう」と誘われた。
俺が帰る電車、2駅だけ一緒になる。
学校から駅まで・駅から駅まで・時間にすると30分位の間、俺はあやこと色々話した。
不思議な位、気が合った。

そして驚いた事にあやこの方から連絡先を教えて来た。
嬉しかったが、Oに対し申し訳ない気持ちが凄くあったのでその後、直接会うことはしなかったが俺はあやこの良き相談相手になった。

あやこが中学を卒業して菊華女子に通うことになった。
彼女は新宿を経由して通うのだが、俺もその頃新宿を経由して高校に通っていた。
Oはあやこと反対の方向の電車に乗る高校に通っていた。

別に俺との事は関係なかったと思うが卒業と同時にOとあやこは自然消滅した。
そしてあやこの入学と共に俺があやこの彼氏に納まり毎日の様に新宿であやこと逢瀬を重ねた。
別にここ迄は寝取った話でも何でもない。

その頃、Oも俺も童貞であやことは清い交際だった。
あやこと付き合って初めて知った事が沢山あった。
当時の俺がショックを受けたことが2つあった。

1つは彼女が処女でなかった事。
中学2年のときに好きだった先輩としたらしい。
だが余り2~3回しただけで終ったらしい。
2つは彼女が、下ネタ・Hな事に凄く興味を持っていた事。
大人になった今は別にどうって事ないじゃんと思うが当時、童貞の俺には結構ショックだった。

反面良い事も色々あった。
そんなあやこのお陰で脱童貞出来たことだ。
当時はガキだったから友達に自慢しまくった覚えがある。

どこでそんなにやったんだよ~って言われると・・・あやこの部屋は特殊だった。
今でも日野市は農家が多いのだがあやこの家も農家だった。
家は平屋で兄弟が下に3人いたので勉強部屋として敷地内にプレハブの家を建て貰いそこで寝泊りをしていた。
そのお陰で彼女とやりまくれる状況下にいたのだ。

夏休みなどは1週間殆ど彼女の部屋に入り浸たった事もあった。
俺はその時、幸せの絶頂にいた。
だが、その状況こそが俺を天国から地獄に突き落とす結果となった。
結果は賢明な人でなくとも、容易に想像できよう。

夏休み中、俺はある事を偶然見てしまった。
あやことのsexを終え、俺は寝入ってしまった。
ふと、目を覚ますとベッドの横であやこの切ないうめき声がしている。
俺はただ事じゃないことを瞬時に察知して寝たふりを続けた。

どうやら、あやこは俺の隣でオナニーをしていた。
あやこは前から俺にクリトリスが感じると教えていてくれてはいたが童貞を脱出したばかりの俺に上手く扱える訳がなっかたし、sexもあやこをいかせる所か、あっと言う間に果ててしまうお粗末なものだった。

俺はまた、ショックを受けた。
が、その時は何もなかった様にやり過ごし、自分の不甲斐無さに悲しい思いをした。

ある日の昼のこと。
あやこの親には昼から遊びに来たように振る舞い遊んでいたら昼ご飯をご馳走してくれる事になった。
あやこは母親と料理を作るために母屋に行ったきりだ。
俺はあやこの部屋で一人、ご馳走を待っていた。

あの日の夜の事を思い出しボーっとしていた。
ふと、あやこの机を見ると宝物がしまってあるという引き出しが少し開いていた。
いつもは鍵をかけていて俺にも見せてくれない場所だ。

あやこの話だと俺からのラブレターや一緒に遊びにいった遊園地の半券やらが入っているらしい。
恥ずかしいので見せたくないらしい。
俺はそんなあやこが可愛かったので、そこは聖域として取っておくことにした。
その筈だった。

だが、俺は今、目の前にある誘惑に負けてしまった。
別に見るくらいなら・・・と思い引き出しの中を見た。
見た瞬間、血の気が引いた。
彼女が言っていた物の他にコンドームとローション、ローターが入っていたのだ。

俺はかなり動揺した。
彼女がご飯を持って来るまで胸を掻き毟る思いだった。
やがてあやこがご飯を運んで来た。
俺はいても経っても居られず、持ってきたご飯をテーブルに下ろす前に彼女を問い詰めた。

彼女は直ぐに状況を把握するとご飯をテーブルの上に置き、泣きながら俺に話を始めた。
俺は話の内容を聞いて愕然とした。
机の中に入っていた物は彼女の叔父の物だというのである。
その叔父はあやこの事を狙っているらしいのだ。

叔父は以前から彼女の事を良く可愛がっていて、彼女もその叔父が大好きでとても仲が良かったらしい。
良く遊びに連れていって貰ったそうだ。
だが中1の冬にそれが一変した。

寒い夜に叔父が訪ねて来た。
「寒空を歩いて来たから寒いよ。あやこちゃんの布団に入れて暖めて」と言いベッドの中に入って来ると、彼女の服を脱がし悪戯をしたらしいのだ。

彼女も未だ子供だったので訳が判らなかったらしいが凄く嫌な思いをしたらしい。
処女は奪われなかったが、精子をかけられ気持ちが悪かったと言う。

それから、彼女は叔父を警戒しているらしい。
彼氏を間なく作っているのだが、叔父に対する牽制も兼ねているそうだ。
それでも、たまに入って来てしまう事があるらしい。

大騒ぎをすると言うと何もして来ないらしいのだが、叔父はあやこの処女を頂くと息巻いているらしい。
その時のために叔父があやこに預けた物らしいのだが、彼女も処理に困り、つい鍵のかかる引き出しの中に入れていたらしい。

その叔父は俺の人生の中で一番最初の下劣な大人だった。
俺はあやこを凄く愛していたので殺してやりたいとも思った。
彼女は大泣きをして「私を守って!」と俺に哀願をして来た。

俺はあやこがいとおしくなりギュッと抱きしめ、
「俺がずっと守ってやる。俺が高校を卒業したら進学せずに働くから 一緒に住もう!家を出るんだ!それでお前が卒業したら結婚しよう」と言った。

まだ、俺は高校2年・あやこは高校1年だったが大マジだった。
本当に真剣だった。
彼女は「嬉しい」と言って同意をしてくれた。
二人の結びつきはこの時、「永遠に揺ぎ無く続く」と言えるほどだった。

俺はその日から前にも増して彼女の家に入り浸たった。
だが俺も高校生なので2学期に入ると思う様に彼女の部屋には行けなかった。
その上、夏休みに殆ど家に帰らなかった俺はお小遣いをかなり減額され彼女に会い行くお金を作る為にバイトを始めた。
その為、俺は不安で不安でしょうがない毎日を送った。

毎日通学と下校時に彼女と会えるのでその時、しつこい位に「やつ(叔父)は大丈夫か?」「鍵を閉め忘れない様に」等の注意を与えると同時に自分の心を落ち着かせていたものだ。
だが9月の終わり近くに俺は地獄に突き落とされる。

その日はバイトだった。
お店に行くと店長のシフトミスで人が余っているので誰か帰ってくれと言われた。
あやこに逢いに行きたくて俺が志願した。
その日は土曜で次の日は休み。
久々にあやこの部屋に泊まれる。
俺は楽しみだった。
驚かしてやろうと思い、あやこには内緒で部屋に向かった。

駅前で彼女の好きなケーキを買った。
足取りは軽かった。
彼女の部屋に行くのは玄関からではない。
畑から入って行くのだ。
そうすると丁度、彼女の部屋の窓の所へ着く。
そこが俺専用の部屋の入り口だ。

畑を通っていると彼女の部屋から明かりが漏れている。
部屋に近づくに連れ、レースのカーテンしか閉めてないので彼女の姿が見えて来る。
俺は早くあやこに逢いたかった。
だが、窓に到達する前にあやこの異変に俺は気づいた。
あやこが部屋の中で飛び跳ねている。

???????。
不振に思った俺はそっと部屋の中を覗いた。
今、読んでいる人達には想像通りだろうが、俺には想像出来ない光景が目に飛び込んで来た。
あやこがsexをしているのだ。
男の上に跨って腰を振っている。
これが飛び跳ねている様に見えたのだ。

男はあの叔父だった。
俺はあせった。
あやこが犯されてしまったと・・・。
だが事実は違った。
窓越しなので中で何を話しているのかは判らなかったがあやこは腰を振りながら何かを口走っている。

俺が、何を言っているのだ?と思った瞬間、窓越しに「いくぅぅぅぅ・・・!」という絶叫が小さく聞こえた。
彼女は腰をガクガクさせながら叔父にしがみ付き、自らキスを求めた。
決して初めてではないキスだ。
あやこの舌と叔父の舌が無駄なくねっとりと絡み合っている。
俺は茫然自失の状態だ。

だが、ある事に気づく。
俺のちんこが勃起しているのだ。
胸が物凄く締め付けられ苦しかったが別の俺が続きを見たがっているのだ。
あやこがまた、叔父の上で腰を振り始めた。
足を丁度、M字に開き腰を高速で振っているのだ。

あやこはまた何かを口走っている。
時折あやこの口元に笑みが浮かぶ。
俺は確信した。
あやこは犯されているのでは無いと・・・。

俺は食い入る様に二人のsexに見入った。
胸の苦しみが興奮に変わって行く。
ちんこがムズムズする。
心の中で自分は最低のやつだと思うが、行動は裏腹だ。
おれは自分で自分のちんこを慰め始めた。

あやこは叔父の上で入れたまま四つん這いの様な体制になった。
あやこはまた腰を振り始めると叔父の首筋や乳首に舌を這わす。
叔父の顔が快感に歪む。
俺は物凄く嫉妬をした。
が、ちんこは疼きを増すばかりだ。

今度は叔父があやこの腰を掴むとおっぱいを舐めながら、下から突き上げ始めた。
あやこはあっという間にいかされてしまった。
また窓越に絶叫が小さく聞こえてきた。
今度は叔父があやこの上に乗った。
正常位の体制だ。

叔父はあやこにちんこを挿入すると腰を振り始めた。
なにかを口走りながら顔を歪めている。
「ううっ」と声を出すと叔父はあやこの顔に精子を放出した。
あやこは顔をベトベトにしながらもウトッリした表情をしていた。

俺は、二人のsexが終った事を理解すると今度は感情が高ぶり涙が溢れ出して来た。
嗚咽を漏らしながら俺は走ってその場を逃げた。
悔しかった。
裏切られただけではなく、叔父とのsexで見せたあの満足そうなウットリとした表情。
決して俺とのsexでは見られない卑猥な痴態の数々。
そして自分の幼さ、自分のsexの稚拙さ。

ともかく、悔しかった。
駅の近くに来た時、このまま帰っては駄目だと思い引き返した。
どうなるとも、何かのケジメだけはつけて帰ろうと思ったのだ。
少し時間潰しをした。
あの叔父と居合わせたくなかった。

1時間位してまたあの道を歩いて行った。
部屋には明かりがついている。
「あやこにどう切り出そうか?ええい!とにかく行ってしまえ!」そんな気持ちだった。
叔父がいないか確かめる為に、また窓から覗き見をした。

「まだ、叔父がいる!くそっ!」と思った。
そして、またあやこの異変に気づいた。
もう21時頃だ。
さっき叔父と裸でsexしていたのにまた学校の制服を着ている。
さっきは髪を下ろしていたが、又三つ編みをしている。

最初は叔父が何かを喋っているので普通に会話をしているのかと思っていたのだが学習机のイスに座った彼女が足をM字に開脚をする。
スカートがたくし上げられ、パンツが露わになる。
俺も見たことが無いピンクにフリルの付いた可愛いパンツだ。
そのパンツの脇からコードが出ている。
ローターを使っている・・・・。

こいつ等はまたsexを始めたのだ。
俺はまさかの展開にまた茫然自失となった。
だがそれと同時に性欲の溜まった俺のチンポも一瞬のうちに勃起した。
あやこの顔は快感にゆがみ叔父の顔を挑発する様に見つめている。
俺には見せた事の無い顔だ。
完全に女の表情をしている。

やがて彼女は自分でブラウスの胸ボタンを外すと手を差込み決して大きくはないがお椀型の形の良いおっぱいを揉み始めた。
叔父はローターの強弱を使い分け、彼女を絶頂に導いて行く。
あやこが大きく1回腰を仰け反らせた。
どうやらいったらしい。

あやこは子供のように叔父に抱き付きキスをした。
また、いやらしく舌が絡み合う。
また叔父がローターのスイッチをいれる。
あやこは叔父の頭を掴むと自分の胸に招き入れた。
叔父はあやこのブラウスのボタンを外すとパンツとお揃いブラジャーをずらし乳首を舌で刺激し始めた。

あやこはメロメロだ。
叔父はズボンのファスナーを下ろすとちんこを取り出した。
そして、あやこの手を持って行くと、しごかせ始めた。
あやこも慌てることも無く、快感に身を沈めながら叔父のちんこを慣れた手つきでしごいて行く。
俺はまた、確信した。
こいつら始めてでは無い上に、かなりやっていると・・・・。

あやこの手のしごき方が乱雑になって来た。
手の動きが止まったと思うとあやこは腰をガクガクさせた。
また、いったのだ。
俺はじっと見ていたが、オナニーはしなかった。
ちんこはムズムズしていたがオナニーをすると人間失格だと思ったからだ。
だが本心はしたくて堪らなかった。

叔父があやこのぱんつを脱がした。
上半身は学校の制服のブレザーを着ている。
中のブラウスは全開でおっぱいが露わになっている。
下半身は制服のスカートがたくし上げられ性器が露わになっている状態である。
とても卑猥な格好である。

叔父はあやこの下半身に顔を埋めた。
あやこが感じ始めた。
余程気持ち良いらしく、叔父の頭を抱えて光蜜の表情を浮かべている。
腰を顔にグリグリ押し付けてもいる。
どうやら叔父はクリトリスを舌で責めているらしい。
叔父があやこの両足首を掴むと思い切り足を広げ、股をいやらしく舐め上げた。
あやこは又、いってしまった。

俺はあやこがこんなに何度もいく女だと知らなかった。
重ね重ね自分をsexの稚拙さを恨んだ。
もっとショックだったのは次のあやこの行動だった。
叔父に抱っこをせがんでいる。
叔父もそれに応じ、抱っこして頭を撫でている。
あやこは凄く甘えている。
いつもの可愛いあやこの顔だ。
恋人の俺にだけ見せていた筈のあの表情だ。

もう俺は完全敗北だ。
俺に見せていた全て、いやそれ以上のものを叔父にぶつけている。
俺は惨めだった。
あやこは叔父の胸からすべり落ちる様にして下半身に顔を持って行った。
叔父の顔を見ながら嬉しそうに舌をちんこに這わせて行く。
俺にするのと同じ様に・・・・。

最初は玉から舐めて行く。
玉から裏筋を伝ってカリの付け根を細かい動きで刺激する。
タップリ責めて焦らした所でディープにスロートする。
俺も最初それをやられた時、「高校生でこのテク?」と思ったが俺の為に友達にやり方を教わったと言われ、それで納得していた。

今考えれば間抜けな俺!このテクは叔父に仕込まれたのだ。
俺との稚拙なsexの後のオナニーもこれで納得が行く。
この叔父にすでにクリトリスやおまんこを開発されていたのだ。
俺は人が信じられなくなった。

あやこは舐めながら三つ編みの髪でちんこの裏側や玉を同時に刺激している。
彼女は叔父が感じているのを見て本当に嬉しそうだ。
更にあやこはほっぺを凹ませてバキュームフェラを始めた。
叔父はもう我慢できないという表情をするとあやこの口からちんこを引き抜き、制服を着させたまま後ろから挿入した。

あやこは突かれる度に口をだらしなく半開きにさせ喘いでいる。
叔父はあやこのおまんこを突き上げながら、アナルに指を差込んだ。
すると壁越し(窓越し)にもはっきりと聞こえて来る位大きな声で喘ぎ始めた。

「あっ!あっ・・気持ちいい・・。やっぱり叔父さんが一番よ・・。」
「********」叔父の声は聞こえない。
「ああ・・もっとぉ~・・お尻を弄ってぇ~」
「*********」
「ああ・・もう駄目・・。いくいく!ああ・・いく×12 ああ~いくああ~! 叔父さん大好き!あやこの事,好き?好き? 好きっていってぇ・・」
「あやこちゃん!**** *** 好きだよ~」
「ああ~いくうぅぅぅ・・・!」
あやこはまたいった。

その後二人は体位を変えたっぷりとsexを堪能していた。
最後は口の中に精子をぶちまけていた。
俺はその後の二人のいちゃつく姿を見るのは勘弁して欲しく、その場を離れた。

だがやはり、ケジメがつけたくて俺はまた1時間位、暇を潰しあやこの部屋を訪れた。
さっきとは違いかなり冷静になれた。
もう叔父も帰ったらしく、あやこ一人だった。
俺がいつもの合図で窓を叩くと一瞬、ビックリはしたものの直ぐに笑顔で窓を開けてくれた。

「いつ来たの?」
「んん?あっ今・・」
「嬉しい!」
彼女はキスをして来た。
舌も入れて来たが叔父のちんこを咥えたり精子を飲んだ口だと思うと吐き気がした。

早く問い質したかったのだけど俺の下半身が言う事を聞かなかった。
俺のちんこはいきり立って限界だった。
俺はズボンとパンツを下ろすとあやこのぱんつも脱がせた。
俺は困惑するあやこを他所に、直ぐにちんこを突き立てた。

あやこは「痛いよ~・・。いきなり入れても濡れてないし・・・」と言ったが俺はお構いなし。
案の定入り口は乾いていたがおまんこの中はヌルヌル状態だ。
俺はかなり興奮していたらしく、すぐにいってしまった。
もの凄く気持ち良かったのを覚えている。
一番ではないが5本指に入る位の気持ち良さだった。

当然その後、あやこを問い質した。
さっきまで見ていた叔父とのsexの話もした。
彼女は一度、大泣きをしたが、観念したらしく全てを白状した。

彼女曰くまず初体験の相手は先輩では無く、叔父らしい。
その後ずっとsexをしていたが、彼女が行く先に不安を感じて叔父と別れる事を決意、まずOという彼氏を作り、次に俺。
俺のことは大好きだったらしいがsexが下手過ぎて肉体的に欲求不満になり、叔父とよりを戻したらしい。

俺に隠れするsexは、とても刺激的で前にも増して叔父とのsexにのめり込んだそうだ。
嘘も混じってんだろうと思ったが、もうはっきり言ってどうでも良かった。
あやこには、叔父ときっぱり切れるので別れないで欲しいと言われた。
一番好きなのは俺だとも言われた。

正直いって未練はあったのでその場の決着は避けた。
その後もだらだらと少しの間、付き合ったがsexは避けた。
嫌悪感でいっぱいだったし、あやこの淫乱な体が何時まで持つか試していたのだ。

やがて自然消滅をした。
その後、あやこが叔父とどうなったかも知らない。
だが、彼女が残して行った爪あとはトラウマとして残っている。
ひとつは人がなかなか信じられなくなったこと。
ひとつはオナニーのネタのひとつが、彼女が他の男と甘いsexをしているのを想像してしまう事。
そのくせ異常に嫉妬深い。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
女って怖いよね・・・。
隠してたおもちゃの言い訳のところが怪しすぎたもんね。


コメントを書く