【レイプ】部室に漂う後輩マネージャーの甘い匂いに欲情してしまい・・・・・

カテゴリ: 未分類

高校時代、僕は野球部に在籍していた。
中学から万年補欠で、選手を諦めていたので2年からマネージャーをすることにした仲間と汗を流して感謝もされ、やりがいがあった。

2年の半ばまで僕は下働きやスコアラーに励んだ。
そろそろ退いて受験勉強に専念しようと考えていた頃秋の市総体にむけて新しく2人のマネージャーが加わった。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

元々2人の女子マネージャーと僕の3人いたが3人とも近いうちに引退を決めていたのだ。
新人マネージャーの一人は、明るくて可愛い誰にでも好かれそうなタイプだ。
僕もすぐに好意を持ち始めた。

ある日の放課後、僕は先に来ていた可愛い新人に、少し緊張しながら「し、仕事覚えてね」と声をかけた。
部員が集まり、練習が始まるとクラブハウス(部室)の管理や掃除の仕事を教えるために校舎の裏側にあるクラブハウス棟へ案内した。

部室は練習道具や汚れたユニフォームが散乱し汗と土の臭いが充満している。
「まずここを綺麗に整理して、掃き掃除な」
「はい」
黙ったまま2人で黙々と働く。
緊張して喋れない。
新人もちょっと緊張してるみたい.

「●●さん、終わりました」
「あ、うん、じゃあ、いいよ休憩」
僕はイスにかけた。
新人は僕から離れてイスに座った。
みんなと居るときは明るくていつもきゃあきゃあ笑うのに僕といると何か怒ったみたいに無口だ。

僕はかなり気まずくなって、あー疲れたなどと独り言みたいに喋ってみる。
新人も話題がないらしく、今度からジャージで来よう制服汚れちゃった、などとぶつぶつ言った。

部室に一つしかない窓から風が吹いて新人の甘くていい香りが流れてくる。
体臭と香水の混じった、性欲をそそるような香りだ。
新人の顔を盗み見ると、改めていい女だな、と思う。
色白で細い身体に程よくしなやかな筋肉がついている。

新人はしばらく窓の外を見て、ふいに振り向いた。
「あの、もうグランド行っていいですか」
明らかに何かにイライラしている。
「もう掃除終わっちゃったし」
あ、そうか、などと口の中で言うと新人はもう歩きだした。

とてもいい匂い。
僕もなぜかイライラしてきた。
「おい、待てよ」
僕は自分でも驚く程の剣幕で新人を呼び止めた。
ビクッと体をふるわせて新人が振り向いた。

「あのさ、筋トレのためにここにマット敷くから手伝って」
僕はもうおかしくなっていたのだと思う。
筋トレ用のかたいマットを棚から降ろして床に敷いた。
新人は素直に従い、1畳半程のベッドが出来上がった。

僕はさりげなく部室の窓を覆うように段ボールを積み上げドアには普段、外から閉める南京錠を内側から掛けた。
「あの、●●さん?」
この時初めて彼女は全てを悟り、おびえた顔をした。

「おい、そこに座れって」
低い大きな声で言った。
彼女は驚きのあまり声を失っている。
脚の感覚を失ったみたいに膝をマットに着いた。
僕は今までに全く経験がなくて、思うままにするしかない。

ゆっくり座り、制服を着たままの彼女の上半身に抱きついた。
うっ、と声を上げ彼女は身をよじった。
僕は怒りで頭に血がのぼるときみたいな衝撃を覚えた。
夢中になって全身に力を入れ、左手で艶のいい栗色の髪を抱き折れてしまいそうな華奢な腰骨を右手で抱いた。

あっ、あっと苦しそうな息を吐きながらやはり細くて綺麗な肌の両腕を折り曲げ、僕の胸を力いっぱい押し返すようにあらがう。
青白いまでに純白のうなじが視界に入ると唾液が溢れる口で肉をむさぼるように舐めた。

丹念に舐め回す感じでまんべんなく顔を押しつける。
彼女は注射を打たれる子供みたいに顔をしかめ、歯を食いしばって稜辱に耐えていた。
香水なのかシャンプーなのか体臭なのか世界一旨い果実のような甘く酸味の効いた香りを全て舐め取るように唾液を彼女の表面に塗りたくる。

僕は無我夢中のまま力任せに、青いリボンのついた夏物の白い制服を両手で上に押し上げた。
白いレースの付いたブラジャーは、下にずらした。
小さいが形の良い胸が二つ、白い生き物のように見えた。

ピンク色で乳輪は今まで雑誌で見たものとは違い発達しきっていない未完成の無垢なもの。
白い肌の中の鮮やかなピンクを吸った。
僕は母乳に飢えた赤ちゃんみたいに、窒息するほど吸った。

「●●さんっ、あっ、やっ」
苦しそうな声を聞きながら、マシュマロのような柔らかく小さな胸を揉みしだく。
「ふぁっ、ふっ、あぁっ」
彼女の胸から顔を離し、一呼吸置いてからよく見るとあどけなさの残る美しい顔を口で求める。

続きを読む(【レイプ】部室に漂う後輩マネージャーの甘い匂いに欲情してしまい・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。
コメントを書く