【フェラ】厳しい美人先輩に巨根を咥えさせた時の興奮が凄かった・・・・・

閲覧数: 5,723 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

18歳の夏にしたバイト先に、三歳年上のモデル体型の美人お姉さんがいた。
モデルっていってもギャル系とかじゃなくファッションモデル系で、当時人気のリョウに似ていて、ユニセックスな雰囲気のオシャレで美人なお姉さん。

でも少し臍曲がりな性格で、初めは仕事上の事でよく口論してた。
最初は、何でこんな美人なのに糞女なんだってマジでイライラさせられたけど、でも口論しまくってるうちに、ふとしたきっかけで仲良くなった。

俺自身もやっぱキレイな年上のお姉さんとは当然ながら仲良くしたいしw
実は仲悪かった時期も、スレンダーな割にムッチリしたお尻を目に焼き付けてオカズにしたりしていた。

店の皆で飲みによく行ってたから知っていたけど、お姉さんはお酒大好きでよく飲むし、酔うとハイテンションになる人だった。
ある日、偶然帰るタイミングが一緒になって、「飲みに行きます?」って言ったらノリ良くついて来た。

居酒屋行って飲んでる内に、俺も若かったのか仕事や将来のことを熱く語ってしまった。
でもお姉さんはうんうんと聞いてくれて、「なんか最初苦手だったけど、よく考えてて偉いね」みたいなこと言われて、調子に乗ってエロ話に持っていった。

「何人と付き合ったんですか?」とか、「初めて彼氏出来たのいつ?」から始まって、初体験や、やった人数なんかを聞いていった。
嫌な顔せず教えてくれて、トイレに行くお姉さんの後ろ姿やお尻を眺めて、俺もちょっとずつ勃起していた。

ちなみにお姉さんは、初体験16歳(初めての彼氏)、経験人数5人(その内彼氏は一人)でした。
だから、「彼氏以外となんでしたのか?」「どうやって誘われたのか?」「どこでやったのか?」とかなど、根掘り葉掘り聞いた。

その結果、お姉さんの口から、「私、押しに弱い所あるんだなぁ」という言葉を聞き出せた。
なんでも、ドライブ行って強引にラブホに連れてかれたとか、車の中でしたとか。
それで、ちょっとだけ、俺もいけるかも?と思い始めた。

結構飲んだので、「そろそろ出ますか」と言うと、俺がトイレに行ってる間にお姉さんが会計を済ませていて、「年上だから」と奢って貰った。
なんか子供扱いされてるなと思ったけど、素直にご馳走になって店を出た。

もうお姉さんも酔っていい感じになっていたので、柄にもなくエレベーターの中で腕を組みにいくと、ノリ良く応じてくれて、そのまま繁華街をぶらついた。
上手いこと言いながらラブホ方面に歩き、ついにその前まで到達した。

「なんかやらしとこ来たね」って油断してるお姉さんの腕を無言でグイっと掴んで入口に引っ張ると、「え!何?ダメだって!」とお姉さんは抵抗するが、その体を今度はお姫様抱っこして強制連行し、部屋に入った!

お姉さんはとりあえず椅子に座って、「もう・・・」とか言いながらタバコを吸い始めた。
俺はすでに興奮状態で、後ろからお姉さんに抱きつく。
お姉さんは、「ダーメ」とか言って反応してくれない。
この状態を打破するために、俺は再びお姉さんを抱きかかえベッドに連れていった。

「ズルいー」と言うお姉さんに俺は上から覆いかぶさって、いつもオナニーのオカズにしていたお姉さんの身体を弄った。

「イヤン」といつもの感じはなく、エロマンガのように反応し制しようとするお姉さんを抑えつけ、服の上から尻や小振りな胸を触りまくった。

続きを読む(【フェラ】厳しい美人先輩に巨根を咥えさせた時の興奮が凄かった・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く