【性春】教室のワックスがけを見て「精子みたいだね~」といった女子と・・・・・

閲覧数: 2,576 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

【性春】教室のワックスがけを見て「精子みたいだね~」といった女子と・・・・・

中学2年の時の話。
教室の掃除当番だった僕の班は男3人女4人で、僕と女子2人がワックスがけを担当になった。
僕がワックスをバケツから床にまいていると、早苗が言った。
『これってアレみたいだよねえ~』

隣にいた由美は、『やめなよ、しっ!』と早苗を黙らせるように言った。
その会話を聞いた僕は、えっ?どういうことだ?とモップをかけながら考えていると、女子2人の会話から、〝この前DVD見たのと一緒~〟や〝男の~〟や〝ぴゅ〟といった会話が洩れ聞こえ、僕の頭は妄想でいっぱいになった。

よくよく考えても、話の内容を連想すると射精の事を言っているとしか思えない。
僕は気になって掃除終わりの帰り道、家が近所の由美に聞いた。

『ワックスの時の早苗が言ってたの何?』
すると、『あたしからは言えない』と恥ずかしそうに即答され、『早苗に聞きなよ』と言われ、『今いないじゃん』と返すと、『後で家に遊びにくるよ』というので、直接聞くことにした。

早苗が由美の家につくと、電話で呼び出された。
幼稚園の時から由美の部屋に遊びに行ってるため、家に上がることは抵抗なかったが、エロい話を気のある早苗とすると思うとドキドキした。

しばらくの沈黙の後、早苗が言った。
『何を聞きたいんの?』
僕は、ワックスの事。というと、早苗は爆笑し、由美は下を向いた。

早苗は『精子みたいって言ったの。この前、博美と由美と3人で親の隠してるDVD見たんだけど、そん時と同じって・・』恥ずかしげもなく早苗は言い放ち、僕は恥ずかしくなった。

すると、早苗は『広もやってる?』と聞いてきた。
すかさず由美が『やめなよ、早苗』と止めに入ったが、僕が『何を?』と聞くと、
『・・・オナ。広もワックスでる?』と言われた。

照れ隠しにやや切れ気味に『何言ってんだよ』というと、『ねえ、男の事教えてよ』と頼まれた。『何を知りたいの?』と聞くと『いろいろ~』と由美も知りたいでしょ?という感じで早苗が言った。

結局、その場はそれ以上の進展はなく、僕は習い事の時間だったので由美の家をでた。

それから数日たって、早苗に呼ばれた。
初めて早苗の家にいった。
なぜ呼ばれたかと言うと、僕が早苗に気があることが友達を通じて知れたらしい。
早苗のほうから、僕に遊びに来ない?とさそわれた。

そして聞かれた。
『最近うわさで聞いたんだけど・・・ ほんと?』
僕はそこで告白した。

続きを読む(【性春】教室のワックスがけを見て「精子みたいだね~」といった女子と・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    学歴あったら仕事を選べると思ってるケンモメンってww

コメントを書く